• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/21(Tue)

【相違点】lovely!

【口ぐせですか】
日本で「ラブリー」って言うと、「かわいらしい」って意味かなと思います。
例えば、お店で「あー、これ超ラブリーじゃない?」って感じでしょうか?(言わない?)
が、ロンドンではそうではないようです。


そう、あれはマーケットで初めてのお買い物のとき。

バナナ15本で1ポンド…。買おうかな、どうしようかなと迷ってると、
腕にも首にもスミが入った、いかついおじちゃん(推定48歳)が二コリともせず
「ハイ、ダーリン! ほにゃほにゃほにゃほにゃ」と呼びかける。
誰に話しかけたのかなあ~と思って周囲を見ても、私しかいない。
「もしかして、私のこと?」と聞くと、おじちゃんは頬をゆがめながら(彼の笑顔らしい)、
「イエス、ダーリン!」大きな声で答える。

ロンドン貧乏留学「くり」
↑Oxford stの露店。渋谷や新宿のようなデパートが並ぶ通り沿いにあります。
周囲の雰囲気と溶け込んでるから不思議。ちなみに煙のもとは焼き栗。
甘栗むいちゃいました的な。ここでもダーリンなんて言われちゃうのかなあ


「ダーリン」って日本だと女の子が自分の彼を言うときに使うけど、
こちらでは女性に対して使うようです。
最初言われたときは、なんだか照れくさくなってしまったよ。ダーリンって、ねえ?
(でも、これを言われたのはマーケットで買い物をするときくらいかな?)

んで、「このバナナちょうだい」って伝えると
「オー、ラブリー! 1パウンド(ポンドのこと)プリーズ」。
1ポンドちょうどを手渡すと「ラブリー、センキュー」。
「ラブリー」多発しすぎですよ、おじちゃん! 恥ずかしいじゃん。
なーんて思ってたら、隣にいた老夫人に対しても「ダーリン」だの「ラブリー」だの。
……口癖なんですね。私がラブリーってわけじゃないのね。

※ほかには授業中に気の利いた答えを言うと「ラブリー」、
日本のことを聞かれて答えると「ラブリー、ラブリー、プレイス」、
安い商品や素敵な商品を見ながら「ラブリー」。
男女問わず結構言いまくっています。何だかカワイイですよね。

ロンドン貧乏留学「お金
↑とっても紛らわしいイギリスの硬貨。このほかに2ポンド硬貨もあります。
最初のうちは小銭がたまりまくりました。今は慣れたけどね。
ラブリーって言われたいなら、お金をちょうどに出そう!


関連記事
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 日記楽しい!
    読んでると海外暮らししたくなるわ。
    ちなみにF&Cのビネガーはモルトビネガーなのかな?
    私もモルトビネガー好きでうちにあるよ~。酸味がきつくないよね。
    あと、lovelyの話し。ブレンダンのお母さんもよく私にラブリー使うよ。ちょっと年上の人が若い子を可愛がるときに使うのかね?
    イギリスいきた~い。

  • モルトだよーん。
    私もスーパーで1ポンドで売ってたから
    つい購入しちゃった。
    ついに150円台になってしまったので
    なんだかイギリスも親しみやすい国になったのでは?
    日本にとってね。おこしくださいませー。

    あ、ラブリーは誰でもかれでも使ってるよ。
    発音が上手にできると「ラブリー」とも言うし、
    チケットが半額になっても言ってるし。
    「マジで?」「わーい」「やったねー」という
    意味もあるような気がしてならないんだよね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。