• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/11/06(Thu)

今日はGuy Fawkes dayです

【ちょっと怖いお祭り?です】
先日、花火大会のことを書きましたが、実は本日がその本番だったようです。

11月5日。
北アイルランドを除くイギリス各地では「Guy Fawkes day」や「Bonfire Night」と呼ばれ、
篝火がたかれ、花火が打ち上げられるようです。
今は篝火よりもむしろ花火の打ち上げがメインになっているようですね。

で、何で「Guy Fawkes day」と言うのか。
それは今から400年ほど前にさかのぼります。
当時、イングランドを弾圧に近い形で統治していたジェームズ一世に不満を持った
ガイ・フォークスをはじめとするメンバーが国王の暗殺を計画。
その内容はウェストミンスター宮殿(当時の国会議事堂)を開会式の日に
爆破しようというもの。しかし、その計画は国王側の人間にばれてしまい、
11月5日未明には爆薬と一緒に潜んでいたガイ・フォークスは発見、逮捕。
ほかメンバーも逮捕され、恐ろしい拷問で死亡したり、処刑されてしまいました。

それからは11月5日に爆破されなかったことを記念して、
「Guy Fawkes day」なるイベントが各地で行われるようになったようです。
この日に向けて子供たちはガイ・フォースにみたてた藁人形を作り、
街中を引き回し、最後には篝火で燃やすようです。ひえ~……
子どもたちは花火を買うお金を大人たちにねだってくるので
先生からは「1ペンス(1ポンドの1/100)用意しておいたほうがいいよ」と言われました。
人形を燃やすよりも、花火を楽しみましょうよ、ねえ?

それにしても良く考えると妙な話だと思いません?
だって、ガイ・フォースは国王の弾圧に立ち向かった、いわば英雄だと思うんです。
それなのに今でも彼に見立てた藁人形を作り、火で燃やされてしまう。うーむ。
(今では花火のみを楽しむイベントのほうが増えてきたみたいですが)

【ただ騒ぎたいだけなんでしょー?】
イギリス人は冷たそうな印象がありますが、そんなことありません。
ちょっとシャイで人見知りで、そしてイベント大好きな人たちです。
だって、「Guy Fawkes day」だからってウキウキしながら会場に向かう
人たちをいっぱい見ましたし、帰り道も超渋滞していました。
そして、22時30分まで花火の音がしていました。もう、うるせーのなんのって。
友達のイギリス人によるとオールナイトでやる会場もあるんだとか!

そんなわけで今週土曜日。
「Guy Fawkes day」は今日だけど、イベントは週末が本番です。
イギリス人同様イベント好きな私はもちろん参加しますよ。フフ

ロンドン貧乏留学「マカロン」
↑全然関係ないですが、ピカデリーで見たマカロンカフェ。
とってもカワイイお店なので入りたいけど、嫌いなんです、マカロン。
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。