• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/01/05(Mon)

歩いて歩いて20キロ!?

【歩くにも程があります】
貧乏生活の私ですが、旅先に行ってまでお金をけちる気持ちはありません。

なぜ、歩き続けているのかと言えば。
・北駅でメトロの乗り方が全く分からない。
・駅員に聞いても、英語を知ってそうなくせにフランス語で答える。
途方に暮れて、手元の地図を見れば、何となく歩けそうな予感。
指で距離を測ってみると、北駅からホテルまで10キロくらいだし。
ロンドンで常日頃歩き回ってるから、体力には自信ありってことだったんです。

オペラ座を後にした私は、カフェでサンドイッチをテイクアウトして、
座って食べれる場所を探し求めウロウロ。

ロンドン貧乏留学「マドレーヌ寺院」

で、見つけたのがここ、マドレーヌ寺院。名前がおいしそう。
何人かが、ここの前の階段で座って食べてたから、私も便乗してみました。

ロンドン貧乏留学「マドレーヌ寺院2」
↑中はこのような感じです。非常に厳かですが、周囲は写真を撮る人でいっぱい。
中央の彫刻は「聖女マドレーヌの昇天」。マドレーヌとは??


偶然立ち寄ったマドレーヌ寺院ですが、ここはギリシア文明にあこがれていた
ナポレオンの命令で、彼の栄光を記念して作られた神殿として当初作られていたようです。
でも、ご存じのとおり、ナポレオンは失脚してしまいますよね。
そこで、ギリシア建築なカトリック教会として使用されるようになったようです。

神殿を作ろうとしていただけに、非常に大きな教会で、
ここではモーツアルトのレクイエムが演奏されるようです。
日時が合えば見たかったのに!!!!! 
ちなみにここのオルガニストにはあの、サンサーンスが務めたこともあるらしいですよ!
更に、ショパンの葬儀はここで行われたとのこと。偶然とはいえ、良い場所に行ったものです。

ロンドン貧乏留学「パリ・コンコルド広場」

コンコルド広場。見ても分かるように、快晴です!!!!
夜はここから凱旋門→エッフェル塔に行きましたよん。
夜景などは先日の日記にアップしているので、ご覧くださいませー。

ロンドン貧乏留学「パリ・セーヌ川」

向こうにエッフェル塔が見えますねー。
寒々しい空ですが、本当に寒いんです。ロンドン以上!!!!

ロンドン貧乏留学「パリ・セーヌ川2」
↑ひたすら、ひたすら歩いてみました。コンコルド広場から、気付いたらバスティーユまで来ていました

ロンドン貧乏留学「セーヌ川1」

橋の上には、よくこのようなボックスがありますが、何だと思いますか?

ロンドン貧乏留学「セーヌ川2」

正解はこれ。中には絵画や古本などが納められています。マーケットみたいなものかな?
昔のポスターやレコードなどもあって、とっても心が奪われます。
じっくり探せば、宝ものが埋まってそう・・・。でも、高いんだろうなあ。

ロンドン貧乏留学「パリ・教会」

ポンピドゥーセンターのそばにあった教会。
ちょうどオルガンのリハ中だったので立ち寄ってみました。
人がだーれもいないので、ちょうど良い休憩場となりましたよ。でも、寒い。

ロンドン貧乏留学「パリ・市庁舎」

パリの市庁舎も、なんだか歴史的な建造物ですね。
ちなみに人でにぎわっているのは、スケートリンクがあるから。パリでも流行ってるみたい。

ロンドン貧乏留学「パリの市庁舎2」
↑2段式のメリーゴーラウンドです。ロンドンよりも作りがしっかりして見えるのは、なぜ?

ロンドン貧乏留学「パリ・ノートルダム大聖堂」

さて、ご存じ。有名なノートルダム大聖堂ですねー。
せっかくだから入りたかったんだけど、長蛇の列であきらめました。
警察もたっくさんいて、なんだかあんまり穏やかじゃないー。

ロンドン貧乏留学「ノートルダム大聖堂2」

横から見るとこんな感じ。
パリの建築物は本当に油断もスキもありません。
ロンドンも少しは見習ったらいいのになーと思いつつも、
油断もスキもあるロンドン建築が私は大好きです。

さて、ノートルダムを後にした私はホテルまで1時間強かけてたどり着きました。
モンパルナスタワーというパリには似合わない、でっかいビルのそば。
それは分かっているのに、なぜかたどり着けない。
というのは、出力した2枚の地図、それぞれが違う内容をガイドしていたからなんです。
「確かに同じ道なんだけど、名前が違う」っていうのは当たり前で、
「どうしてここに架空の道が・・・」というのもしょっちゅう。
よくもまあ、ちゃんとホテルに着いたと思いますよ。

そして、何も知らない私は北駅周辺の路地などに迷い込んだりもしていましたが、
どうやらそこらへん一帯は、あんまり治安的によろしくないようです。
「よくぞご無事で」なーんて、友人に言われちゃったから。

皆さん、旅の準備はしっかりとしましょうね!
関連記事
Home | Category : フランス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。