• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/04/14(Tue)

【ジャージー島】写真でふりかえるジャージー4

【旅の醍醐味は、やっぱりグルメ!】
せっかくの旅なんですから、ダイエットなんてつまんないことは言いません。
食べまくり、飲みまくりでした。ひええ・・・

ロンドン貧乏留学「ジャージー島29」

ラベンダー園のカフェでクリームティーのセットです。
クリームティーはイギリスのアフタヌーンティースタイルです。
紅茶とスコーンに、バター、ジャム、クリームがセットされたもの。
スコーンはラベンダースコーン。ほんのりとした香りが幸せになります。

次は街中の小さなレストラン。地元の人しかいませんでした。
「日本人っていうか、アジア人が来たのは初めてだー」
とお店の方はおっしゃっていました。なんだか嬉しい。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島30」

ブルスケッタ。チーズはジャージー牛のミルクからできています。うまい。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島31」

ジャージーの名物が食べたいと言ったら、これが出てきました。ラザニアね。
いやー、ビックリするくらい美味しかった!!!!ピントがぶれるくらいにね。
ちなみにお肉はジャージー牛ね。牛は苦手だけど、これは大丈夫。
おかげで一人でワイン1本空けちゃったよ・・・。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島32」

もちろんデザートもいただきました。
ラズベリー、りんご、いちごのタルト。具がはみ出てる・・・。
見た目はあんまりだけど、味はとっても美味しいのです。
白ワインも飲んじゃったよ・・・。

翌日はジャージー唯一のワインエステートに行ってきました。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島33」

ロンドン貧乏留学「ジャージー島34」

ロンドン貧乏留学「ジャージー島35」

ここで5種類のワインをテイスティングしました。
どれもフルーティーでかーなーり美味しかった!赤よりも白が名物のようです。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島36」

テラスのあるレストランでアフタヌーンティーもしてみましたよ。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島37」

ラベンダー園よりもスコーンはサクサクで、クリームはあっさりとした甘さ。
ここのレストランは観光客向けにめちゃくちゃがんばってる感じ。
でも、ラベンダー園は地元のお姉さんが、
休日にのんびり作ったような素朴な味なんだよね。
どっちも美味しいから甲乙つけがたいけど。

で、最後のディナーは素敵なレストランを予約してみました。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島38」

トマトとモッツアレラチーズのサラダ。
オリーブオイルにパセリとナッツ、ペッパーだけの簡単な味付けなんだけど、
どうやらそれぞれが素敵な質だと思うんだよね。
本当においしいオリーブオイルは、それだけで十分。
イタリア人の友達にレシピをもらったけど、同じ味が再現できないの。
それはなぜかと言ったら、オリーブオイルが違う。
彼らは国からオリーブオイルを送ってもらってたんだよね。

ロンドン貧乏留学「ジャージー島39」

メインは白身魚とカニのベーコン包み
ローストしたポテトとボイルしたホタテ添え。
どれも美味しかったなあ・・・。バターはジャージー牛のバターだって。
B&Bの朝食にもジャージーバターが出て来たけど、
これがとってもクリーミーで美味しいのです。

美味しくて美味しくて一人で白ワイン1本あけちゃったよ・・。
ちなみにデザートも頂きました。
が、ワインで酔っぱらい手ぶれがひどくてやめました。

あ、1本程度では酔いませんよ。
一人でのんびり食事を楽しんでいたら、
隣に座っていた老夫婦が興味を持ったのか話しかけてくれました。
ワイン好きな私を気に入ってくださったのか、
赤ワインをごちそうしてくださいました。
これまた相当おいしいワインだった・・・・。
どこのものかなあと思っていたら、やっぱりスペイン産。私はスペインワインが好きだ。

ちなみに。
お散歩しているときはカフェにぶらっと寄ってビールを飲んだり、
ディナーの後はちょっと飲みたくて、B&Bそばのパブでビールを飲んでいました。
どれも地元の人たちだけがいるような場所だったので、
アジア人の私が登場すると、一瞬ぎょっとしたような表情になっていましたよ。
でも、基本的に皆さん人懐こいのか、にこにこ笑顔で話しかけてくれるんです。
これってどんなにおいしい食事よりも、満足できることですよね。

それにしても、食い過ぎ、飲みすぎました。反省。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 建物、風景、動物、お食事、全部ステキですなぁ。旅行に行きたくなったよー。
    いつも思うけど、帰ってきたら本が出せそうだね。

  • moguさん
    全部すてきだったけど、
    一番素敵だったのは人間だねー。
    優しいし、マナーがあるし、おだやかだし。
    老後に住みたいまちランキングの
    上位に格上げしてしまいました。
    本かー、いいね。印税で暮らしたいです。
    が、こんなしょぼい文章じゃダメダメですよ・・・

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。