• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/07/08(Wed)

【生活】引っ越ししました

【4日土曜日はお引越しでした】

日本では、引越し業者に依頼するところですが、貧乏人のわたくしにはそんな金はありません。
それに、友達の多くはもちろん、会社の同僚も、バスを乗り継ぐなどして自力引越しをしています。
ロンドンに来てから、これで2回目の引越し。
1回目は仮の宿としていたドミトリーから、Fulhamへ。
渡英直後だったため、荷物はスーツケース1個とバックパック1個あれば十分。
そして、10ヶ月目(!!)の現在。
こっちに来てから、家具はもちろん、服も購入したことがない。
だから、すぐに終わるだろうとタカをくくっていたのですが・・・

大誤算

スーツケース、バックパック共に詰め込んでも、1回じゃ終わらない。
今回の引越しでは、ロンドン西部から北部への大移動。
たとえ渋滞していなくとも、片道2時間は余裕でかかる距離。
運が悪いことに、この土曜は何かのイベント(ゲイ・レズビアンのパレード?)で、
私が乗るバスのルートは軒並み通行止め。
大きく回り道をしなくてはならないうえに、うんざりするほどの大渋滞。
片道3時間半。・・・ありえんね。

で、荷物は超重いときたもんだ。困ったね、こりゃ。
でも、こちらでは、バスに乗るときなど、荷物を持ち上げる際に、
必ず誰かが助けてくれます(日本もそうかな?)。
バス停に誰もいなかったとしても、乗客の誰かが助けてくれます。助かるね~。

・・・ただ、今回はいかんせん重過ぎた。
どこからか現れた紳士が「僕が持つよ」って言ってくれるものの、
いざ持ち上げた時に「うげ」って顔をなさる。
想像以上の重さに、早くも後悔している様子。
でも、後に引けないから、必死になって運んでくださる。
申しわけないなーって思いつつも、素直にご好意に甘えちゃいました。
(真っ赤な顔になっていました。スマンね、本当に)

【ちょっとした田舎です】
今住んでいるところは、ロンドンの街が一望できる場所になります。
中心部とは違って、非常におだやかで、緑の深いステキな街。
いつからか「あそこに住んでみたいなあ」とあこがれていたので、嬉しくて仕方ないのよね。
こじんまりとした商店街には、センスの良い雑貨屋さんや
美味しそうなカフェやレストランが並んでいます。

どちらかと言えば、年配の方が多いのかな?
若者にはちょっと退屈な街かもしれないな。
私は若いとは言え(イギリスでは)、田舎者なので、きらびやかなロンドン中心街よりも、
ゆるーい時間が流れている今の場所のほうが合っているように思います。

ちなみに、ロンドンで一番美味しいと言われている(大家さん情報)
フィッシュアンドチップスを提供しているレストランがあります。
単なる住宅街なので、観光には不向きですが、興味のある方は是非ご一報ください。
一緒に食べにいきましょー♪
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。