• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/08/07(Fri)

【湖水地方】湖水地方に行ってきました

【湖水地方って?】
7月31日~8月2日にかけて、イングランド北部の「湖水地方」に行ってきました。

「湖水地方」は、その名のとおり、多くの湖が点在している地域。
また、比較的なだらかな平地が広がるイギリスにおいては珍しく、
1000メートル級の山々が連なっている場所でもあります。
透明度の高い湖に、それらの山に生い茂った木々、
流れゆく雲の様子が映し出されるのです。

自然が作り出す「美」を求めて、イギリス人はもちろん、
海外からも非常に多くの観光客が集まります。
そうなると、リゾートホテルやエンタテインメント施設など、
利益を求めるあまり、自然を破壊する行為に至ってしまいそうですが・・・
イギリスにおいて、そのようなことはありません。

と言うのは、「湖水地方」全体を「ナショナル・トラスト」が管理しているからなんです。
民間非営利団体の「ナショナル・トラスト」は、イギリス国内の美しい自然、
歴史的な建造物を守るため、1890年代に発足。
現在では、300万人以上の会員数を誇る大きな団体に成長しています。
(日本でも、同名の団体があるようですね。知りませんでした。はずかしい…)

調べてみたら、当団体の創始者のひとりは、「湖水地方」の牧師だったようです。
美しい自然と共に育った彼が、それを守るために「ナショナル・トラスト」を発足したのは、
至極当然のことかもしれませんね。

ちなみに、世界的に有名な『ピーター・ラビット」の作者、
ベアトリクス・ポターは、絵本の収入で「湖水地方」の土地を買い取り、
当団体に管理を委託したとのことです。
彼女が愛したであろう湖、木々、山などは、
当時の姿のまま今でも生き続けています。

ロンドン貧乏生活「湖水地方」
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • やっぱり湖水地方は美しいですね~。
    うっとり、です。

    掲載してくれた写真達と記事を読み、
    ピーター・ラビットやハリー・ポッター(果たして湖水地方と関係有るのか?)を思い出しながら、
    いつかゆっくり訪れてみたいなあ~!
    と思いました。。。

  • くみひゃんさん
    本当に良い場所でしたよー。
    ハリー・ポッターは残念ながら関係ないかと・・
    たぶんオックスフォードですよね、違うかな?
    是非是非すぐに遊びにきてくださーい

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。