• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/08/07(Fri)

【湖水地方】湖水地方でのんびり

【イギリスでも晴れ女です】
さて、ウダウダとごたくを並べたところで・・・
あとは写真で振り返る、湖水地方をお届しまーす。

湖水地方は、「1日で四季のすべてを味わえる」と言われているほど、
コロコロ天候が変わる地域のようです。おまけに「超寒い」とのこと。
会社の人に聞いてみると、「基本、雨。濡れてもいい格好が良い」とのアドバイス。
・・・・確かに。
毎朝欠かさずチェックするBBCの天気予報では、
湖水地方は、夏だっていうのに最高気温は15度以下。おまけに雨。
だから、あんまり期待せずに行ってみたら・・・

傘いらず!しかも、暑い!

私ってば、やっぱり晴れ女。


【ハイキング!ハイキング!ハイキング!】
湖水地方1日目。

ロンドン貧乏生活「湖水地方2」

ロンドンから電車で揺られること、およそ3時間。
乗継がよくない時間だったのか、2回も乗り換え。
でも、おかげで↑のような1両のカワイイ電車を見ることができました。

ロンドン貧乏生活「湖水地方1」

今回の滞在場所は、湖水地方の中で最も大きな街、ウィンダミア。
大きな街とは思えないほど、小さな、小さな駅です。改札もないしね。

ロンドン貧乏生活「湖水地方3」

駅から徒歩3分くらいのB&B。
アジア人に人気のようで、私たち以外にも、韓国、中国、日本人がいました。

ロンドン貧乏生活「湖水地方4」

あら、かわいらしい・・・

前評判では「微妙」とのことでしたが、なんのなんの!
貧乏人の私らにとっては十分すぎるほど!部屋にシャワー&トイレがあるもん。
お湯もちゃんと出るし、ドライヤー、冷蔵庫も!
しかも、こっちのB&Bやホテルって、紅茶やコーヒーなどのセットが
置いてないところが多い(高級なところは違うと思うけど)んだけど、
このB&Bはそれらもしっかり揃っています。すげえ!!!!

ロンドン貧乏生活「湖水地方6 」

荷物を置いたあとで、そばのカフェで簡単なランチ。
スコーン、美味しかったなあ~。クリームも、バターも、実にうまい。

その後、友達おススメの丘へ向かってみました。

ロンドン貧乏生活「湖水地方40]

途中「ピーター・ラビット」生誕の地らしく、うさぎちゃんを見たり、
なぜかうっとり顔のポニーちゃんとの出会いも。
それほど高さはないものの、若干急な坂道を上り続けると・・・

ロンドン貧乏生活「湖水地方7」

湖水地方全体が見渡せる丘に到着ー。ちょっと曇ってるね。
手つかずの自然が眼前に広がる様子には、感動すら覚えますねー。

ロンドン貧乏生活「湖水地方9」

そのまま下るのももったいないので、ハイキングをすることに。
一応、標識はあるんだけど、「本当にここ?」という場所ばかり。
手つかずすぎて、逆に怖くなってしまう真っ暗な森だったり、

ロンドン貧乏生活「湖水地方5」

ひつじちゃんや、牛たちの放牧場だったり。・・・人の敷地、だよね?
ちなみに、草をむさぼるように食べていたヒツジちゃんたちは、
私たちが近寄ると、「ひい!何よ、あんたたち!邪魔しないで」
と言わんばかりの顔つきで、監視してきます。カメラ目線でしょ、このヒツジちゃん。

ウィンダミアに戻った後、次に大きな街「ボウネス」へ。徒歩20分くらいかな?

ロンドン貧乏生活「湖水地方10」

湖に面した、とても穏やかな街ですが・・・

ロンドン貧乏生活「湖水地方11」

白鳥、近っ! 大量!!

なんかねー、人に慣れ過ぎてて怖いの。
写真を撮っている私の後ろにも、大量の白鳥がいます。マジ、コワい。
怯えつつも、お腹が空いた私たちは、各レストランの価格を比較した後、
大きな通りから若干外れた場所にある、ココに決定~♪

ロンドン貧乏生活「湖水地方13」

イタリアン、インド、トルコなど、ロンドンでもお馴染みの
各国料理のレストランもありましたが、せっかくだから、イギリス料理が食べたいよねってことで。
(ちなみに、イギリスではパスタが驚異的にマズイときもあります。不思議)

ロンドン貧乏生活「湖水地方12」

私が頼んだのは、コレ。
サーモンとベジタブル。写真だとまずそうだけど、そんなことありません(断言)。
ただ、パンなど、お腹にたまるものを頼んでいなかったので、
夜中に気が狂うほどハラが減りました。

1日目は、歩きまくりで、足がむくみまくり。
友達と寝ながら会話してたら、いつの間にかに眠っていました。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • スコーンおいしいよねー!
    個人的にはクロテッドクリームがうまくてうまくてね…。。。
    私はコッツウォルズでスコーンについてきたクロテッドクリームが忘れられなくて、ちょうど昨日、紀伊国屋でクロテッドクリーム買っちゃったとこ。
    もちろんイギリスのそれにはかないませんが…。

    なんか羊の顔怖くない(笑)?
    目が三角!ププっ。

    あたいは あんたが すき…
    かわいくて、吹き出した(笑)

  • さおちゃん
    本当!スコーンもクリームも日本じゃ
    お目にかかれない味だよね。
    まだコッツウォルズに行ったことないので、
    今度行ってみようと思います~。
    どこの店に行ったか教えてね。

    羊ちゃん、結構殺気立ってるよね・・・

  • さとぴー
    コッツウォルズのねぇ、バーフォードってとこ!
    Victoriaから出てる、マイバスのツアーで、コッツウォルズ3ヶ所プラスOxfordを周遊する(弾丸)ツアーでさ。
    とにかく休憩時間が短いのなんのって、、、。(なのに車内は飲食禁止。)
    集合場所に近いし…くらいの理由で入ったカフェなのよね、実は…(苦笑)
    場所的には、BARFORDに、ちょいと栄えた坂道のストリートがありましてね。

    なんてったて、休憩タイム40分!
    「入ったら、すぐオーダー、料理が運ばれてきたら、それと同時にお会計してもらって下さいね!」なんて、ガイドさんの助言付き!

    なんつー慌ただしさ!?なんて思いながらで、店の名前を覚える余裕一切ナシだったからね…。

    一番いいのは、そのツアーに参加する事かな(笑)!!
    Oxfordでは、ハリポタの映画で使われた食堂とか、箒で空を飛ぶけど失敗したとことかに行ったり、ブレナム宮殿行ったり、そりゃあもう、ホントに弾丸だったよ!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。