• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/10/19(Mon)

【生活】なんでもない休日

【のんびり呼吸をしよう】
何もないことが、いかに重要か、お分かりですか?

日本では、スケジュール帳に少しでも空白があると、
「早く予定を作らねば」と不思議な焦りを感じていました。
こっちでは、友達もそんなに多くないので、ほぼ空白の毎日です。
むしろ、先の予定が決まっていると、若干の息苦しさを覚えたりもします。


さて、今日はそんな「空白の日」でした。
昨日の時点では、朝ヨガに行って、3日分くらいのお弁当を作って、
甘く煮たお豆と白玉で、読みかけの小説を楽しもうかなと思っていました。
でも、近くの公園でファーマーズマーケットがやっているとのことなので
急遽予定変更。これも「空白の日」だから、できることだよね。


お弁当のおかずをじゃじゃっと作って、
マフラーをグルっとまいて、ニット帽をスッポリかぶって、お出かけ。

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク1」
↑日本のような紅葉は期待できませんが、散りゆく枯れ葉のはかなさは日本同様です。

場所は、うちから徒歩10分程度のところにある、「アレクサンドラパーク」です。

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク2」
↑1870年代に火災で崩壊、その後再建された「アレクサンドラパレス」。
パレスの中では、アンティーク市、ライブイベント、演劇などが行われます。
このパレスの裏側では、大きなアイススケートリンクがあります。滑りたいけど、骨折が怖い。


日本で「公園」と言えば、シーソー、すべり台、砂場などが設置され、
その周囲に、申し訳程度に緑がありますよね。
でも、イギリスの「公園」は、とにかく広い。広すぎるんです。
ファーマーズマーケットの場所を調べずに来ちゃったもんだから、
あちらこちらをウロウロ、ウロウロ。気づくと1時間30分もさまよっていましたよ。

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク3」
↑うちの地区は、ロンドン北部の小高い場所にあります。
そのため、公園はもちろん、家と家との間からロンドンの街並みを一望できます。


さまようのは嫌いじゃない。
犬たちが、ボールめがけて突進していく様子も、
老夫婦が手をつなぎ、のびり歩く様子も、
赤ちゃんを連れた若い夫婦がリンゴ片手に、将来の夢を語り合う様子も、
そのどれもが、なんだか暖かいのよね。

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク4」

そして見つけました、ファーマーズマーケット!
ストール(出店)自体20もない、こじんまりとしたマーケットでした。
遊びに来ている人たちは、みんな地元の人ばかり。
だって、「今起きたばかりです」と言わんばかりの寝ぐせ頭の人だったり、
家着っていうか、パジャマにコートを着てるだけの人もいるしね。

「ファーマーズ」と銘打ってるだけあって、売ってる品物は、どれも新鮮。
土がついたジャガイモ、にんじん、ちょっと虫食いのキャベツ、
ニワトリの羽がおまけになった卵などなど。
ちょっと高いんだけど、「生産者の顔が見える」食品は安心できるよね。

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク5」

今日のお昼、豚のお肉&玉ねぎのハンバーグ。
鉄板で焼いて、塩コショウしただけなのに、これがめちゃくちゃウマい。
お肉をかむと、じゅわっと肉汁があふれ出てきて、
それがねえ、本当にジューシーなのさ。塩コショウだけで十分!

ロンドン貧乏生活「アレクサンドラパーク6」

そして、アフタヌーンティー用に購入した「チーズケーキ」。
全体的に甘さ控え目。レーズンがよく合います。
はあ・・・・ 幸せだなあ。

今日はのんびり読書して、大好きな動物番組を見て、
ちょっと早めに寝るとしまーす。
でも、今、眠いから、ちょっとだけお昼寝。


そういえば、ホットヨガで習った呼吸法って、日常生活にも役に立ちます。
お散歩中に、その呼吸法を意識すれば、あまり疲れない。
寝る前に呼吸すれば、深い眠りに誘われる。
更に、緊張したとき、気分がイライラしてるときに呼吸すれば、落ち着く。

ヨガ、最高。
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 素敵な1日だね。
    ロンドンって、つかず離れずって感じの距離感か好きなんだよなぁ。
    1人でいても、1人でいれば誰かに話しかけられたりして・・・。
    それがまた、ごく自然で・・・。
    この年齢だからこそ、こういう時間の過ごし方をありがたく、心地よく思えるよね。

  • saoちゃん
    うん、こういう時間が過ごせるっていのは
    本当にいいことだなっておもうよ。
    日本にいるときは、お花の美しさなんて知らなかったからね・・・
    大切にしたいものだよね・・・

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。