• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/01/26(Tue)

【相違点】寒い冬を暖かくするには

【あっという間の2カ月でした】
とってもご無沙汰しております。

11月末から約2カ月、日本での生活を楽しんでいました。
食べたい物をたらふく食べ、飲みたい物を飲みたいだけ飲み、
肌という肌すべてがふやけてしまうくらいに、湯船につかりまくり、
大好きなバラエティ番組を堪能しまくる。
ああ・・・、なんと素晴らしい休暇なんでしょう!
楽しすぎて、人の家でゲロっちゃうわ、体重が5キロ程度も増加するわで、
本当に怠惰きわまりない生活でございます。

日本にいたら、この激太り状態に、ひどく悲観するんだろうけど、
「ロンドンに戻ったら、貧乏生活に逆戻りで、すぐに痩せるさ」
なーんて開き直ってたから、別にショックでもなんともない。
23日土曜日にこっちに戻ってきたばかりなのに、
すでに2.5キロも減ってるしね~
(ストレスか?)。ふふふ。

ロンドン貧乏生活「ある日の夕食」
↑毎食、こんなスープだけだもんなあ。そりゃ、痩せるはずよね。
あんまり美味しそうじゃないけど、味はバツグンにウマいです。


【大寒波、再び!】
昨年の冬は、「10年に一度の寒さ」とのことでした。

会社の同僚も「いつものロンドンは、こんなに寒くないよ~」と言っていたのに!
今年も2009年同様、いや、それ以上の大寒波が襲来しているようです。
日本のニュースでも、たびたび放映していましたが、
毎日のように降る雪、骨の髄まで染みるような寒さは、
通常のロンドンではありえないようです。

ちなみに、私が戻ってからは、言うほど寒くありません。
しかも、今日は青空が広がっていました。
同僚によると、もう、ものすごく久々の晴天なんだとか。
私はねー、日本でも、こっちでも晴れ女なんだよ、きっとね。


【生活の知恵?】
寒くないとは言え、日中でも10度を下回ります。
夜は、たぶん、0度に近いんじゃないかな?
外はいかにも寒そうですが、室内はセントラルヒーティングのおかげで、1日中ぽかぽか。
いや、ぽかぽかという生易しいものではなく、ギラギラと暑苦しいです。うちは。

えらい寒がりの大家さんの知恵っていうんでしょうか、
うちは、冬になると、窓という窓すべてを、分厚いカーペットで覆います。
イギリスの家は、歴史のあるものばかり(要するに古い)なので、
どこからともなく吹き込む、すきま風が本当に寒いんです。
それを防ぐためのカーペット。理由は分かる。分かるけど!
朝でも、昼でも、真っ暗っていうのは、気持ち的にへこむ。
そして、キッチン、お風呂の窓もふさいでいるので、換気状態はサイアク。
・・・戻ってきて早々に、私の部屋のカーペットは外しました。

でも、室内は常に28度以上・・・。
暖かな空気は上昇するので、ベッドのある2階建て部分は30度以上。
冬なのに、めちゃくちゃ暑くて、めちゃくちゃ寝苦しい。
冬なのに、部屋ではキャミソール&短パン、寝るときは真っ裸。
夏の夜のほうが涼しいって、どういうことなんでしょうねえ。

以前の家は、室内にいるのに息が真っ白でした。
それに比べたら良いのだけど・・・・
外気温との差が、へたしたら20度以上になるっていうのは考えものです。



室温が28度以上だったり、部屋でも息が白かったりと、
私は、両極端な環境に住んでいることになるのですが、
一般的なイギリスの家は、ぽかぽかと快適なんですよ。本当に。
関連記事
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • ・・・また風邪ひくなよお。l

  • 日本でカゼをひいたので、
    もう大丈夫だと思います!
    大丈夫と思いたいー

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。