• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/01/29(Fri)

カードって怖い

【ニコニコ現金払いが一番】
日本では、常に現金払いの私ですが、
イギリスでは、まれにカードを使用します。

その理由としては、スリにあったら悔しいから。
見るからに貧乏人の私から、
金を取ってやろうなんて考える輩はいないと思うのですが、
まあ、何があるか分かりませんからね。アジア人だし。

第二に、超激安航空券やおトク商品は、
インターネット上のみでの購入がほとんどということ。
貧乏人としては、これを見逃さないはずがありません。

私が使っているカードは、銀行が発行するデビットカード。
クレジットカードとは違い、銀行に預けているお金の分だけ、使用が可能なカードなんです。
だから、銀行にお金がなければ、使うことができません。

……と、思っていたのに!!!

実は、残高が足りなくても、カードが使えちゃうんです。
1年も暮らしておいて、はじめて知った驚愕の事実!
もちろん上限額は、その人の収入なりで決められていますが。

なぜそれを知ったかと言うと。
日本滞在中に、カードで買い物をしました。
いくら残っているか不安はあったものの、すんなりと引き落とし完了。
「なんだ、ちゃんとお金を預けていたのね」と安心していたら!

ロンドンに戻ってきたら、銀行から一通の封書が部屋に。
あけてみて、ビックリ。
「あなたの銀行残高はマイナスです。早く入金せよ。
さもなくば1日6ポンドの追徴金を課します」

なんて内容が、さらりと書かれてるじゃないの~!!!!
送り日を確認すると、確認日から12日前!!!

ぎょえ~!
72ポンドも取られるってことじゃないの~!
2カ月分、いや、それ以上の食費が~!!!


ショックのあまり、しばらくお昼のつまらない番組を見ていました。
残高も把握せず、買い物をした私が悪い。
悪いんだけど、引落しのときに「残高不足です」っていう、
アラームくらい出てもいいんじゃないの~……
しれっと引き落としを完了させたフリして、後から高額利率をかけないでくれよ~!


……私が悪いんです。
今後は、ちゃんと残高を確認します(泣)
関連記事
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。