• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/17(Wed)

【スペイン旅行】カタルーニャの信仰の聖地・モンセラット1

バルセロナ2日目の朝。
朝食後、ストレッチをしながらガイドブックをパラパラめくる
私の目に飛び込んできたのは、周囲を岩で囲まれた聖地・モンセラット。

調べてみると、バルセロナから約1時間ほど。
建築物よりも、自然が作りだす美に興奮を覚える私は、
本来の予定「美味しいモノを限界まで食いつくす」を、
「聖地モンセラットで、けがれた心を清めたい」に変更。
そうと決まった途端、化粧もそこそこにホテルを飛び出す。

・・・・で。外は雪ってーわけだ。

モンセラットは高地にある。
モンセラットに行くには、ケーブルカーに乗らねばならない。
よくよく考えれば、この後の結末が明らかなのに、そんな余裕はない。


国鉄の発着駅「エスパーニャ」で、駅員に対してバカの一つ覚えのごとく
「モンセラット!モンセラット!」と連発し、切符を買ってもらう。

イギリスロンドン貧乏生活「モンセラット」

ホームに降りると、すぐに電車が到着。
観光地行きの電車のはずなのに、ホームはもちろん、車内もガランとしている。
いるのは、日本人、韓国人のアジア勢とイギリス人老夫婦のみ。
なんとなーくイヤな予感はしたんだけどね、このときに。

イギリスロンドン貧乏生活「モンセラット2」

電車に揺られること約1時間。
ようやくモンセラットのふところに到着~。
ここからケーブルカーで頂上を目指すのだけど・・・・
ホームで待機していた国鉄の職員さんが、駆け足で寄ってきて、
ひどくなまりのある英語でサラリと一言。
「雪がすごすぎてケーブルカーの運転を中止しました」

・・・な、なんですと?

「モンセラットに行くことができないので、バルセロナに戻ってください」

マジかよ~(泣) 1時間かけて、ここまで来たのに~(泣)

あきらめがつかない私は、「バスは?車とかで行けないの?」と、
相手にかみつくかのように訴える。
穏やかなイギリス人老夫婦が「まあまあ」と制してくれたほどだから、
よっぽどの勢いだったのではないでしょうか。恥ずかしい。

職員さんによると、頂上付近はふくらはぎあたりまで雪があるとのこと。
それを聞いても、なおも納得いかなかったんだけど、
老夫妻が「まあまあ、これでもお食べ」と差し出してくれたチョコレートで、あっさり鎮火。
帰りの車内でも、彼らは「次があるよ」と慰めてくれました。
ああ、私は今年34歳になるのに~! 大人げない~。

ってことで、自己嫌悪に陥りながら、バルセロナに戻りました。
で、バルセロナでは人生初の猛吹雪ってわけだ。あーあ(泣)
関連記事
Home | Category : スペイン |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • あらら、晴れ女なのに珍しいねえ。
    次のお楽しみってことなのよ、きっと!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。