• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/23(Tue)

【スペイン旅行】さよならバルセロナ

バルセロナは、ガウディ建築のほか、ピカソやミロ関連の美術館もあります。

時間がなかったので、どちらも見ることができませんでした。
ガウディ建築で「ああ、私は芸術を理解できないんだ」と思ってしまったため、
自然と足が遠のいていたのかも? モンセラットが素晴らしかったので、後悔はないんだけどね。

でも、こんな標識を見ましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「ピカソ通り」

ピカソって書いてありますね~。やっぱり、見に行っても良かったかも?
そういえば、こんなものも見つけました。

イギリスロンドン貧乏生活「スペインの卓球台」

素敵な公園に、なぜか卓球台・・・
この卓球台は、ベルリンの街中にも置いてありました。
ドイツ、スペインでは、公園に卓球台が普通なのかな。ロンドンでは見かけないけど・・・
・・・・・ものすごい違和感を覚えるのは、
卓球台は公園ではなく、旅館にあるべきもの! ですよね!

【ちょいワル軍団に酔いしれて】
バルセロナ中心街から空港までは、バスで30分程度。

到着時はよく分らなかったから、5ユーロも払って空港バスに乗ってしまった!
でも、3日も滞在してれば、ある程度の地理と節約方法は、なんとなーく分るわけで。
貧乏人の私は、帰りはローカルバスで空港まで行きましたよ。

バスの始発駅は、モンセラットに行く際に利用したエスパーニャ駅のそば。
バス停の路線図に空港行きと書かれていたものの、なんとなく心配だったから、
運転手に尋ねてみるも、彼自身、英語がまったく分からない。
ここでも、奇妙なアジア人による奇妙なジェスチャーが炸裂。

飛行機のような振る舞い(奇妙な踊り)をした後、
「バルセロナ!ロンドン!」と地名を連発。
これで通じてしまうのだから、我ながら恐ろしい。

イギリスロンドン貧乏生活「スペインのバス」
↑ロンドンのバスよりも、若干広いですね。車内放送がないので、どこで降りるか分ってないと、
間違いなく乗り過ごしそうですな。え?私?もちろん、乗り過ごしましたよ。


猛吹雪に襲われたり、パエリアが食べたいあまりにマリオ(仮名)とジェスチャー合戦をしたりと、
なんだか慌ただしいバルセロナの旅だったけど、来て良かった・・・
なーんて一人、感傷に浸っていると・・・・

本家本元、イタリア人ちょいワル軍団登場!

4~5人ではない。10人以上のちょいワルが、ワルワル言いながら乗りこんでくるじゃないのさ!
ひとり二人のちょいワルなら、鑑賞用にピッタリかもしれませんが、
それが10人以上ともなれば、渋谷にいるギャルや、関西のおばちゃん並みに
私にとっては「あまり近づきたくない集団」になってしまう。
おそらくそれは、人種が違いすぎて、理解ができないからなのではないか。

ちょいワルを見ていて思ったこと。

やや寒いのに、なぜ、胸毛が見えるほどジャケットをはだけるのだ。
やや寒いのに、なぜ、裸足で靴を履くのだ。
なぜ、常に口角が上がっているのだ。
なぜ、いい香りがするのだ。
なぜ、いちいちオシャレなのだ。
なぜ、おじさんなのにお腹が出ていないのだ。 などなど。

それぞれが、それぞれに、自分が一番カッコよく見える方法を知っているようです。
もちろん、イタリア人すべてがそうではないだろうけどね・・・

お腹が出ていても、ちょっとむっつりしていても、オシャレじゃなくても、
私は日本人男性が一番好きです。大好きです!

さよなら、バルセロナ。
また近いうちに会いに行くけど、ちょいワルはもうたくさんだよ!
関連記事
Home | Category : スペイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。