• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/30(Tue)

ちょっとした旅行気分

バルセロナから帰国3日後に、ロンドンから電車で約2時間のところにある
友人宅に2泊3日で遊びに行ってきました~。

実は彼女は、本社勤務の同僚だったりします。
ロンドンは支社で、本社はイギリス人ですらも「どこそれ?」と
首をかしげるような、あまりメジャーではない土地にあります。
わたしはこれまで、2回しか本社に行ったことがありませんが、
羊や牛がのんびり過ごし、どちらかといえば年配の人が多い、
とってものどか~な土地だったと記憶しています。
まあ、言ってしまえば、イギリスの「いなか」なんですね。

日本同様、イギリスでも中心街からちょっと離れると、土地が安い!
というわけで、彼女が住んでいる家は、こ~んな感じ↓
イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか」


一軒まるまるではなく、2階が彼女の占有箇所。
使い勝手の良いキッチン、広いダイニング、お風呂&トイレ、そしてベッドルームが二つ!
でも、ロンドンの半額以下で住めてしまう。うらやましい・・・・

この日は2時か3時くらいまで、お酒を飲みながら会話。
女同士の話って、どーして尽きないんだろうね。

【ホスピタリティあふれるもてなし】
翌日は、彼女の家から車で20分ほどのところにある上司の家に行ってきました。
彼女の家も、とても素晴らしいものでした。
赤色の壁ってどうなんだろうと思っていましたが、
若干暗めの赤色なら白い壁以上に、落ち着きと癒しを与えてくれるもんなんですね。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか4」
↑置いている雑貨は、いちいちセンスが良いので、人の家にもかかわらず、バシバシ写真を撮ってしまいました。
ただ、相当浮き足だっていたのか、ほとんどの写真はブレまくり・・・(泣)


同僚とわたしが訪問するということで、お手製のチョコレートケーキをいただきました。
「うまくできているかわからない」と言っていたそうですが・・・・
そのケーキ、たぶんイギリスに来てから一番美味しいと思う。本当に。
少々ビターなチョコレートに、ほんのりとした上品な甘さのホイップクリームの相性たるや、
牛丼に紅しょうが以上でございますよ(貧乏人なたとえで台無しにしてごめんなさい)!
ダイエット中にもかかわらず、ぺろりと二切れいっちゃいました・・・(泣)
ちなみに、焼きたてのバナナケーキも絶品♪あまりのおいしさに写真を撮り忘れたよ・・・。

その後、周囲を散策した後、再び家に戻りました。
道で人とすれ違うたびに、にっこり微笑みながら「how are you?」。
ロンドンとは違って、この土地と人の心は、時間がゆっくり流れてるんだろうなあ。

ひたすらのんびりした後、地元の人たちで賑わうパブで、ギネスとラムをいただきました。
日本にいたときは、ラムは臭みがあるような気がして敬遠していたんだけど、
イギリスのラムは別格!肉の中で、一番美味しいと思う!

それにしても、日中にひつじの赤ちゃんを見て「カワイイ~」なーんて言ってたのに、
その何時間後かにはラムを食する。
ああ、弱肉強食バンザイ!

注)普段の私は、肉をほとんど食しません。多くて1カ月に2回です。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか12」
↑彼女の家で発見~。素敵な旦那さまは、バンドマンのようです。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。