• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/30(Tue)

【生活】クラフトセンターに行ってみた!

上司の暖かなもてなしを受けた翌日。
同僚の家から車で20分ほどのところにあるクラフトセンターに行ってきました。

クラフトセンターって、たぶん、その土地の人が作ったものや
生産物を売っているような場所なんだと思う。日本で言うと、「道の駅」ってことかな?

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか9」

かわいらしいクッキーや、美味しそうなパンが売ってました。
そのほか、子供たちが遊べるアスレチックや、

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか10」

牛や馬などの動物たちとのふれあいができる場所もありました。
快晴だったこの日は、多くの家族連れでにぎわっていましたよ。
かわいい子供たちを見ていると、私も子どもがほしいなあ~なんて思ったり。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか8」

クラフトセンターのレストランで昼ごはん。
いかにもーなイギリス料理ですね~。美味しくなさそう。

私がオーダーしたのは、サーモンのマッシュルームソースがけと茹でた野菜の付け合わせ。
あんまり美味しそうに見えないかもしれないけど、実は美味しいのだ。マジで。
イギリス料理が美味しそうに見えないのは、盛り付けが下手だからだと思う。
男は見た目じゃなくて中身で勝負だけど、料理はある意味、見た目も重要だよね~。


金曜からの3日間、本当にお世話になりました!
次はワインを2本持っていきます。朝まで飲みましょう!

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのいなか7」

【追記】
イギリスでは多くの人が、古くからある家をリフォームしながら、大切に暮らしています。
資産価値が高い不動産は、ピカピカの新しいマンションよりも、
築年数の長い、イギリスならではの伝統的な家のようです。

そのため、上司の家も、もともとあった家をリフォームしています。
修繕前の写真を見せてくれたけど大違い!!
出来上がった家に住むのもいいけど、壁を赤くしたり、
リビングルームの窓を大きくするなど、自分好みにするのって楽しそうですよね!
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。