• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/10(Sat)

【生活】アバターで号泣

基本、SF映画は興味がないのですが・・・ 昨夜「アバター」を見てきました。

理由としては、私以上にSF映画に興味がなさそうな会社同僚が、
鼻息あらく、「あれは、歴史に残る映画だ」と大絶賛していたから。
そして、いつも冷静沈着なイギリス人の友だちも、「すごい迫力だった!」と称賛し、
私が見ていないと知るや否や、「ありえない・・・」と、ため息をつく始末。

だーったら、行ってやりましょう。
しかも、あなたたちとは違って、わたしはIMAXシアターで観てやろうじゃないの!

イギリスロンドン貧乏生活「IMAX」

そんなわけで、ロンドン一大きなスクリーンを持つ(たぶん)
IMAXシアターを予約したわけですが・・・・
12月の公開から、早4カ月が経過の当作品。
もはや話題性に欠けた映画は、昼でもなく、夜でもなく、
開始時間は23:45のみ!遅すぎ!!


でも、結構多くのお客さんが観に来ていましたよ。
若者が観に来るっていうのは分かるんだけど、かなりお年を召した方から、
小学校入学前の子どもを含む家族連れもいたりで、昼間と変わらない客層。

【3Dだからこその「アバター」】
さて、肝心の「アバター」ですが、開始1分で完全に飲み込まれてしまいました。

イギリスロンドン貧乏生活「アバター」

何がすごいって、やっぱり3Dの効果。
登場人物、動物たちがスクリーンという平面の世界ではなく、
現実世界同様、広い空間の中で生きているという感覚。
手を伸ばせば、彼、彼女たちの体温が伝わるような気すらします。

獰猛な動物たちが迫ってくるシーンなどでは、
驚いて「うわー」とか「ぎゃっ」と声が出てしまった。
恥ずかしいなあと思ったけど、周囲もみーんなそんな感じ。
大笑いしたり、「ぎゃー」と派手に驚いたり、
すぐ近くまで飛んでくる銃弾を避けようと、体を動かしたり。
「わざと?ねえ、わざとやってんでしょ?」って突っ込みたくなるくらい、
大きなリアクションなんですねー。外人さんだからかしら?

そういえば、「アバターのどこに泣くシーンがあるの」と
観た人のほとんどは、首をかしげるようですが、
会社の同僚同様、私も号泣しました。しかも、嗚咽つき。

言い訳をすれば、3Dじゃなかったら、たぶん泣かなかったと思います。
ストーリー的には先が読めるような浅いものですしね。
なので、結論を言うと。「3Dじゃないアバターは観なくて良し」
・・・・・私はね。

ちなみに、簡単な英語しか喋ってないので、おおよその内容は分かりますよ。
主人公の彼の声がステキなので、ぜひ英語で観てくださいね。
さて、次はアリスを観に行くのだ~!!!!!
今まで観た映画の中で、一番英語が難しそうだなあ~。分かるといいなあ~
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。