• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/29(Thu)

【オランダ旅行】アムステルダムといえば?

ゴッホ、レンブラント、コンセルトヘボウ、アンネのほか、
法律で認められた大麻と飾り窓地区でしょうか。

大麻の吸引は、街中にあるコーヒーショップでできます。
コーヒーショップと言っても、喫茶店ではありません。
もちろんお茶も飲めるんだろうけど、多くのお客さんの目的は大麻。
そりゃそうでしょ。合法化されてんだから。

まあ、何事も経験。
せっかくだから、ちょっぴり体験したみたい。
でも、いくら合法化されていても、裏通りにこっそりあるのかなあと思っていたら。

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム20」

大きな通りに普通にありました。しかも何軒も。
そっか、隠れる必要なんてないんだもんね。
さっそく入店・・・と思ったけど、中には客一人いない。
初心者には厳しい環境なので、有名コーヒーショップに行くことに。

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム21」

それがこの店「ブルドック」。
店内も明るいし、観光客らしき人もいっぱいいる。
ウキウキして入店したものの・・・ においでダメ。まわれ右で、即退散。
あーあ、がっかり。でも、におい程度でダウンしてたら、吸ったら最後。
その後の観光なんてできやしないよね~。

後日、調べたところによると、大麻を使って作られたお菓子もあるそうで。
それをお土産に購入すればよかったー!!!!
※大麻を吸いすぎると空港で止められたり、違法扱いの国では入国できないこともあります。


飾り窓地区とは、政府が認めた売春地区のこと。
これまた日本ではタブーな内容ですが、アムステルダムではこの地区を巡る
ツアーも用意されているんです。明るい。とても。

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム23」

コーヒーショップも飾り窓地区も縁のないわたしは、
コロッケの自動販売機で、アツアツのコロッケをおやつ代わりに食べ、

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム26」

アムステルダムいち古いパブで、ここでもやはり・・・

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム24」

ビールいっちゃいましたー!(飲みかけですみません)

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム25」

そして、やたら特大のミートボールバーガー。
パブのおじちゃんが、オランダの名物とオススメしてくれたんだけど・・・ 本当?

【オランダ交通事情】
アムステルダムだけでなく、オランダ全般に言えることのようですが、
チャリの数が本当に多い。ものすごい多い。
行ったことないけど、ここは中国?って思えるくらい。

出勤前のラッシュの時間帯になると、チャリが列をなして走っていました。
しかも、相当早い。老若男女、相当本気で走ってます。
衝突したら、たぶん大けが。しかも重症になるのではと思う。
だからなのかもしれないけど、男女ともにスリムな人が多い。
イギリスは年齢を重ねるごとに、おでぶちゃんになっていく人がほとんどだからね(泣)
わたしも気をつけなきゃ。

イギリスロンドン貧乏生活「アムステルダム19」
↑オランダの人たちがよく乗っているチャリ。昔の豆腐屋さんのような感じ?
後ろのタイヤ部分には、モノを入れられるような袋を下げているんだけど、
ここで個性を出しているように思います。色、素材などでね。


わたしはひたすら徒歩!歩けないような遠い場所はバス。
運転手は全員英語が通じるので、「●●まで行きたい」と言えば、
その分のチケットを発行してくれます。

でも、いちいちチケットを購入するのも面倒だし、
もしも大きなお金しかないときは、運転手に迷惑をかけちゃいますよね。
ってことで、書店やキオスクで売っている「ストリッペンカールト」がオススメ。
回数券形式になっていて、15コマ分で確か7ユーロちょっとです。
(ゾーン1→ゾーン1の移動で2コマ必要)

電車に乗る場合は、チケットを購入すればいいだけの話だけど、
自動販売機では現金を使うことができません。
できるのかもしれないけど、見当たらなかった!!
わたしの持っているVISAデビットも使えなかったので、
駅の窓口で購入していました・・・ クレジットカードなら大丈夫なはず。


オランダはとってものんびりとした国。
電車もバスも複雑ではないし、迷ったら助けてくれる人がいる。
すべての街には美しい運河が流れ、それを見ているだけで癒されます。
春のオランダ、オススメですよ!
関連記事
Home | Category : オランダ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • わぉ!オランダ旅行記がたくさんですね!
    大麻がコーヒーショップで売られているという話は
    ニュースで見たことがあります。
    驚きですよね~。なぜ合法なのか、不思議な国です。

    エダムのお話はまたまた笑わせてもらいました!
    私は初夏のフランスに行った時に
    森(公園?)で迷って同じような体験をしました(笑)
    なのでものすごく共感できます。

    これからヨーロッパは旅行するのに最高の季節ですね!
    いろんな国へ出かけられるようでうらやましいです。
    レポート楽しみにしてまーす☆

  • 偶然ブログに行き当たりまして拝見させて頂きました。
    とても面白いですね。文章も上手くてドンドン引き込まれてしまいました。これからもまた遊びに来させて頂きますねv-238

  • もすらんさん
    コメントありがとうございます!!

    ソフトドラッグが合法なだけに、
    街中には目がうつろな人があふれてるかなーと思ったのですが、
    そんなことは全くなかったですよ~。
    若いころに出入りして、大人になったら卒業なのかな?
    という感じがしましたよ。
    たばこのように、たしなむ程度の人はいるんでしょうけどね。

    いやー、エダムは大変でした・・・
    おとなしくバスで行くべきだったのですが、
    地元の人との触れ合いがあったので良しとします。
    フランスの森!それも興味深いです。ただ、フランスの田舎は、
    英語がほっとんど通じないと聞いたので、それはそれで大変なことになりそう・・・

    今週木曜からブルガリアに行ってきまーす!

  • コメントありがとうございます!
    嬉しいですー!
    ぜひまた遊びに来てくださいね

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。