• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/09(Sun)

【B級グルメ】美味しいラムチョップが食べたい!

日本にいたときから、肉にそれほど興味がない。

「動物が可哀そう!」という理由ではない。
何しろ、赤ちゃん羊を見た後で、ラムを食べちゃうくらいなんだから。
よく考えると、母親が「牛嫌い(でも、なぜかタン塩好き)、ほかの肉もあんまり」ということもあり、
佐藤家では昔から、肉の登場回数が圧倒的に少ない。その家庭環境にあるのかもしれない。


そうは言っても、たまに肉をむしょうに食べたくなる時がある。
「はじめ人間ギャートルズ」に出てくるような、あの骨付き肉を丸かじりしたい!
そのような衝動にかられてしまうのだ。
ちょうどその周期が巡ってきた先月末、パキスタン料理を食べに行く機会があった。
良かった。これがなければ、自分の贅肉すらも食らう勢いである。

***

お目当てのレストランは、ロンドン東部「ホワイトチャペル」駅から徒歩3分。
ホワイトチャペルと言えば、あの切り裂きジャックの事件があった地域。
当時は貧困層が住む地域のようでしたが、現在は、インドやアラブ系の方々が多いようです。
裕福な人たちが住むロンドン西部とは違い、サリーを売る店、インド系のレストラン、
道を歩く人たちの人種、飛び交う英語以外の言語を聴いていると、
「ここってロンドン?」と疑わしくなってしまいます。
私と同じくらいの英語力、もしくはそれ以下の人たちが多いので、
彼らと出会うたびに「お互い頑張ろう」なんて、勝手に同族意識(?)を抱いてしまいます。

さて、そのレストランは、ロンドンでも珍しい「行列のできる店」でした。

ロンドン貧乏生活「tayyains」
↑周囲が古い建物ばかりなので、キレイな外装のレストランはとっても目立つ!

私たちが到着したのは18:30ころ。
外から見た限りでは、それほど混雑していないようでしたが・・・

ロンドン貧乏生活「tayyains2」

レストラン内部は、満員御礼! 大混雑。
予約をしていなかった私たちは、席が空くまで並んで待つことに。
店員の指し示す方向を見ると、およそ20人の行列が!!
「行列のできる店」って、ロンドンでは本当に珍しいんです。
観光客の多いセンターは別として、それ以外のエリアのレストランは空席が目立ちますからねえ。
これは期待大!!!

約30分待ったところで、ようやく席に移動。
ハラヘリも限界レベルに達していたので、あと10分遅かったら暴れるところでした。

ロンドン貧乏生活「tayyains3」

ロンドンのレストランでは、酒を出す場合、ライセンスを取得しなくてはなりません。
この店では取得していないため、酒は各自持ち寄り。
オーダーの時点で気付いたので、近くのコンビニまでひとっ走りしてきました。
ビール飲まずして、カレーが食えるかーってんだ!
大好きなタイのビール「シンハー(画面左)」も忘れずに購入♪

ロンドン貧乏生活「tayyains4」

画面が暗くて、まったく美味しそうに見えませんが・・・
ナスとトマトのカレーも、魚介のカレーも本当に美味しかったです。
お豆もたっぷりで栄養価も十分。
魚介や野菜のうまみが溶け出たスープに、
さまざまなスパイスが効いているので、ただ辛いだけじゃないんですね~。
もっちもちのナンも、非常に美味。たぶん、一番美味しいと思う。

イギリスロンドン貧乏生活「ホワイトチャペルのラムチョップ」

そして、すべての人がオーダーすると言っても過言ではない、
この店の看板メニュー「ラムチョップ(右)」!!!!

熱っつあつの鉄板に乗せられたラムの肉汁が、
じゅうじゅう音を立てるたびに、良いにおいが周囲を包みこみます。
それだけで、「ふにゃあ~」と胃が猫なで声をあげます。
「分かった、分かった。ちょいと待ちな」と胃をなだめ、
ドキドキしながら、最初の一口。

・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・(ため息)

ブリックレーンのカレーと言い、このお店と言い、
インド系の人たちのスパイス使いには完敗です。
肉のうまみをここまでかってほど引き出しながらも、
スパイス自体は、それほど自己主張しない。
食べるごとに、咀嚼するごとに、うまみが口の中いっぱいに広がります。

うまいものに言葉はいらないね。
周囲のお客さんが、それまでやかましく騒いでいたのに、
ラムチョップを食べるときだけは、無口になるのが分かりました。

ブリックレーン同様、この店はリピート確定!
ちょっと落ち込んだ時、疲れた時、ここのラムを食べれば、
翌日は元気回復間違いなし!!!

Tayyabs
http://www.tayyabs.co.uk/
83-89, Fieldgate St. London E1 1JU
関連記事
Home | Category : ロンドンのおいしいもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。