• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/10(Mon)

【ブルガリア旅行】念願のブルガリアに向けて!

アイスランドの火山噴火の影響で、旅行が中止になってから約1カ月。
5月6日(木)、7日(金)で念願のブルガリアに行ってきました~。
朝6時のフライトだったので、寝過ごすことのないよう空港野宿を決行。


今回はロンドンから南の方向にある「ガトウィック空港」を利用。
ロンドン西部に住んでいたころは、最寄駅からバスが出ていたのですが、
北部に住む今は、ロンドンブリッジからファーストキャピタルコネクトで向かうことに。
今年かな?最近になって24時間営業するようになったようです。がんばってるなあ!

ちなみに、Gatwick Expressという電車もあります。
これはビクトリアから15分おきに出ている電車なのですが、
ファーストキャピタルよりも若干高い。ということで却下。

ロンドン貧乏生活「ロンドンブリッジからガトウィック」

終電が終わった夜のロンドンブリッジ駅は、しーんと静まりかえっております。
利用者は、わたしを含めてわずか10人。
平日の夜ということもあるんだろうけど、利用者がこんなに少ないようだったら、
そのうち24時間営業じゃなくなっちゃうよ~~


空港には1時すぎに到着。
ロンドンブリッジのように閑散としてるんだろうなあと思ってたら、
私同様、野宿している人が予想外に多い!若い人はもちろん、お年寄りまで!
それ以上にビックリしたことは・・・・
両替所、M&Sというスーパー、カフェ、サブウェイが24時間営業!
なんだよ~、がんばってるじゃん、ロンドン!ほれなおしたよ。
まあ、それらに用はないので、寝るのに便利そうなベンチを見つけて就寝。
パリの空港でも野宿経験ありなので、コツはつかんだもの。
どこでも寝れるって、生きるためには重要なスキルですよね。



で。


寝すぎた。
気づいたら、ゲートが閉まる約15分前。
寝ぼけた脳に直接、ハバネロを投入されたかのごとく、
アドレナリンが瞬時に体内を流れ、アレコレ考える前に体が動き出していた。
セキュリティチェックに人が大勢並んでいたので、係員に事情を説明してショートカット。
よほど切羽詰まっていた表情だったのか、周囲の客も応援してくださる。


格安飛行機に対する、空港側の対応はひどいもので、
ゲートはセキュリティチェックから遠く離れた場所に設置されている。
今回も例外なし。

ロンドン貧乏生活「ガトウィック」

先が・・・ 先が、見えない・・・
一瞬気が遠くなりながらも、とにかく走る、走る。
のどの奥から、「ヒュー」と情けない音がしても、気にしない。走る。
ゲートが閉じる3分前に到着。安堵のあまり、へたりこんでしまった。

到着前から疲労困憊の私を乗せたイージージェットは、
2時間50分のフライトの後、ブルガリアの首都ソフィアに到着。
到着時に周囲からは拍手と歓声が上がったのだが、
それは酔っ払ってうかれたイギリス人の集団だった。
ブルガリア人と思われる人たちは、冷ややか~な視線を送っていたのが印象的だ。

「冷ややか」

これが、わたしのブルガリアに対する第一印象であり、
それは空港職員により、一層強いものとなったのである。
関連記事
Home | Category : ブルガリア |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • ブログ頑張ってますね。いい感じです。私のブログでは、セクシー下着とコスプレの専門店。お店で買うのが恥ずかしいセクシーな下着や、プチメリーでしか売っていないエッチで可愛い下着がナント1500種類。メンズも多数有ります。品数豊富&激安価格、毎日見たくなる楽しいコンテンツが満載です。できたら買ってくださいね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。