• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/23(Sun)

【ブルガリア旅行】ジェスチャーの違いにあたふた

目的地のソフィア大学を余裕で通り過ぎたわたし。
隣に座っていた女性の助言で、大きなバスターミナルの前で降りる。

・・・・熱い。視線が。

旅を通じて、アジア人の姿をあまり見ることがなかった。
見たとしても、それは団体御一行様。
アジア人で、しかも女の一人旅は珍しいのだろうか。

熱い視線を送ってくる人は無視して、
英語が分かりそうな学生風の女性に声をかける。
「英語が話せますか?」
学生風の女性は、わたしを見るなりニッコリほほ笑みながら、
「スコシハナスコトガデキマス」と日本語で答えるではないか!

聞くところによると、琴欧州の活躍によって日本に興味を持ったんだとか。
日本語教室に通ったのではなく、独学で勉強しているとのこと。
カタコトでもしゃべれてしまうんだから、本当にすごいと思う。
今思えば、琴欧州の話題が出たのは、これが最初で最後。
琴欧州の写真なり、功績を褒めたたえるものがあるかと思いきや、
ソフィア市内に限って言えば(わたしの行動範囲)、何も無かったなあ。


イギリスロンドン貧乏生活「国交回復の石碑」
↑文字がまったく読めないけど、ブルガリアと日本の国交回復40年を記念して、
桜を50本贈ったという石碑。国交が回復したのは、1959年だそうですよ!



カタコトな日本語、中級レベルのドイツ語、流暢な英語の4カ国語を操る彼女から、
「いろいろ巡るなら4Lvの1日券がお得だよ」とアドバイスをいただいたので、
早速近くのキオスクでチケットを購入することに。
けだるそうなオジチャンに、「ワンデイチケットください」と伝えると、
英語が分からないのか、首をひねるばかり。
そこで「バス」と伝えると、理解したのか、2種類のチケットを取りだし、
「これがシングル」、「これがフォーエバー」と教えてくれる。

・・・・フォーエバー?

続いて、シングルチケットを見せながら、指1本を差し出し、
フォーエバーチケットを見せながら、指4本。
・・・ああ、フォーエバーは「1日自由に巡れる」という意味なんだね。

ってことで、「フォーエバーチケット」を指差し、
「ほしい」という気持ちを表すために、うなずいてみた。
すると、オジチャンは「フォーエバーチケット」をしまい、「シングル」を差し出すではないか。
いやいやいやいや。わたしが欲しいのは、「フォーエバー」だから!
という気持ちで、「シングル」を指差し首をふる。
それでも、オジチャンは「シングル」チケットを差し出してくる。
何なの!?とイラだったところで思い出した。


ブルガリアは、ジェスチャーが日本とは逆なのだ。

つまり。
「はい」は、首をふる。「いいえ」は、うなずく。
オジチャンと私のやりとりは・・・

わたし:「フォーエバー」を指差し、「これいらない」
オジチャン:了解!シングルね。
わたし:「シングル」を指差し、「そう、それがほしいの」
オジチャン:はいよ。ありがとさん。
わたし:「シングルがほしいいいい」(さかんに首ふり)

これを書きながらも、なんだか頭が混乱します。
ただ、最近は国際基準に合わせようとか、旅行客が増えたので
ジャスチャーが違うということを認識しているようですが・・・
たまに、それを分かっていない人もいるので、要注意!
そのため、受け答えのときくらいは、
「Yes」=「ダ」、「No」=「ネ」で答えるほうがいいと思います。



・・・・そういえば、空港職員とのやり取りのときに。
職員:「観光で来たの?」
わたし:「ちがう!」(うなずき)
職員:「え?じゃ、何?」
わたし:「観光」
職員:「あなたさっき違うって言ってたじゃない!」

・・・ってことになるのかな。
でも、旅行客と多く会っているんだから、ジェスチャーの違いくらい認識してるはず。
うーむ・・・・ なぞだ。
関連記事
Home | Category : ブルガリア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。