• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/29(Tue)

お魚好きならアイスランド!

アイスランドの食べ物は、クリントン元大統領が愛した
ホットドックだけではありません(当たり前か)。


海で囲まれた土地ならでは、お魚の美味しさはさることながら、
アイスランドのラムは絶品といいます。
そういえば、アチコチで羊の姿を見ることができました。
こうやって書くと、弱肉強食な感じがして、若干心が痛むのですが、
広大な土地でストレスなく育った羊ちゃん・・・ さぞかし美味しいことでしょう・・・

それら美味しい食材を、ちゃんと美味しく見せる技術もあるようです。
味は絶品なのに見た目が残念だと、何となく美味しさも半減しちゃう気がしますもんね。
(その良い例が、イギリスのレストランだったりするのですが)
パリ好きで食通の同僚がアイスランドに行ったとき、
「日本のようにキレイな盛り付けがされてたよ」と興奮していたくらいです。

私は全日程、帰着時間の遅いツアーを予約してしまったため、
レストラン関連でお食事をすることができませんでしたが、
もしかしたら、それ以上に美味しい料理にありつくことができました。
それが、ここ。シーバロンです!

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド・シーバロン」

このお店は、レイキャビーク港の目の前。
緑のプレハブ小屋が並ぶ一角にあります。
(ホットドック屋さんを背にして左方向に進むと港があります)

お腹が減りすぎた。でも、レストランに行くお金がない。
そんなとき、明らかな地元民らしき人が歩いていたので、
「ここら辺で安くて美味しい店はありませんか。魚が食べたいです」
と、聞いてみたところ、「それなら、あそこがいいわね」と教えてくれたのがきっかけ。

店内は「素敵なレストラン」とは程遠く、食堂のような感じ。
漁船内をイメージしているのか、網などが掛けられています。
メニューは、その日採れた魚をブツ切りにした串焼き各種か、
この店名物の「ロブスタースープ」のどちらかになります。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド・シーバロン3」

「ロブスタースープ」は、その名の通り、ロブスターがゴロゴロ入った
なんとも贅沢な一品です。雨に降られて冷えてしまった身体が、一気にあったまります。
ざくざく切られたフランスパンもサービスなので、スープにひたして食べると更に美味しい!

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド・シーバロン2]
↑その日に採れた魚によってラインナップが異なります。大きな海老もありましたよ。

そのほか、私がオーダーしたのは魚の串焼き。
この日は「くじら」があったので、それを迷うことなくオーダー。
大きくブツ切りにされたくじら、パプリカ、タマネギを塩コショウで味つけして、
網で焼くだけ。贅沢だけど、もしかしたら一番美味しい食べ方かも。
日によってはサメが並ぶこともあるみたいですよ!
ちなみに、アイスランドは捕鯨を行っている国になります。
そのため、EU諸国などからは批判を浴びているようです。

食べている途中で漁師っぽい人がロブスタースープを頼みに来たり、
会社帰りっぽい人が、スープとパンを食べに来ていました。
やっぱり地元の人たちにも人気なんですね~。
後から調べてみたら、各国のメディアも取材に来ている有名店のようです。
オシャレなレストランもいいけれど、プレハブで食べるスープ、串焼きもオススメですよ!
アイスランドに行ったら、是非訪れてみてくださいね。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランドのコイン」
↑アイスランドの硬貨。お魚、カニさんですね~
関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。