• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/19(Mon)

大興奮のホエールウォッチング

火山ツアーからホテルに帰ったのは、3時を回ったころ。

翌日というか、同日8時には次のツアーのバスがお迎えにきます。
アイスランド3日目のツアーは、日本にいたときからの夢、ホエールウォッチング!
そして、アイスランドに行ったら必見の場所、ゴールデンサークルツアー。
そう。またしても、2つのツアーを同日にブッキングしていました。

火山を見て、興奮しまくっていたのか、2時間寝て起床。
朝食にホテルのビュッフェを食べることに。
ヨーロッパのホテルの場合、ビュッフェの内容と言えば、
パン、チーズ、ハム、くだもの、ヨーグルト、シリアル、
スクランブルエッグ、ソーセージが定番ですが、
ここのホテルは何故か、さばのマリネや甘煮がありました。
はじめて見たよ、魚系のおかず。

ささっと用意して、迎えに来たバスに乗り込み、目指すはレイキャビーク港!

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光68

「港」ということで、大きな漁船が停泊しています。
アイスランドは捕鯨を行っている国でもあります。
これによりヨーロッパ諸国から批難を受けているんだとか。

ちなみに、この港のそばにある食堂のようなプレハブレストラン
シーバロンでは、この港で取れたれのお魚を
贅沢にも串焼きにして食べることができます。日によってはサメも食べられるんですよ~~


イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光67

天気が悪いので、船が揺れるのでは・・・ ドキドキ。
実は、船恐怖症だったりします。
オランダ旅行のとき、小さな港町マルケン行きのフェリーでも怖かったからなあ・・・
船は怖いけど、それ以上にクジラやイルカが泳ぐところを見たい。
だから、怖くないフリをしよう、そうしよう。

船が出発して、およそ15分後。
ある小さな島の前で停まりました。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光」81

写真で分かるかな? この島には「パフィン」という小さな鳥が住んでいるのです。
レイキャビークからほど近い、この小さな、小さな島を、
なぜすみかとして選んだかは分からないけど、とにかくたくさんのパフィンちゃんがいました。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光」

こんな鳥です。
「鳥」とは言え、飛ぶのがちょっと下手なのかな?
水面を「あわわわわ」と慌てながら、小さな羽をバタバタさせて飛んでいました。
「飛ぶ」というよりかは、水面を「走る」ような感じ。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光73

操縦室の窓には、パフィン人形が! かわいい・・・

ところで、私が5月に行ったときは、日中こそ15度程度にはなるものの、
朝晩は10度を余裕で下回っていました。つまり、寒い。
そして、船の上はより寒い。ダウン&フリース&ババシャツ2枚でも寒い

青い唇をしながら震えていると、隣に座っていた半そで姿(!)のおじさんが、
「下で防寒着を貸し出しているよ」と教えてくれました。
改めて、スタッフさんに聞いてみると、
「出発のとき、アナウンスしたのよ。寒かったでしょ~!」
・・・すみません、興奮していたのでアナウンス聞いてませんでした。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光69

ぼやけた画像でスミマセン。
どうやら、どんなツアーでも防寒着は無料で貸し出ししているようです。
服の上から着るため、普段よりもワンサイズ大きいものを選びましょう。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光70

防寒着を着込んだ皆さま。
ヨーロピアンでも寒いらしい。でも、おじちゃんは最後まで半そででした。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光71

くじらを見るポイントは、アイスランド本土から船で30分程度のところ。
写真を撮るぞー!と思っていたら、アチコチでクジラが出現するもんだから、
撮る余裕がありませんでした・・・・ 

感動したのは、イルカの群れが魚を獲るため、ジャンプをしていたこと。
水族館で見るようなジャンプではなく、大きな音を立てたり、
衝撃波を伝えたり、それは「狩り」そのものでした。

私たちの船が静かに近づいていくと、逃げることなく、
船のスピードに合わせて、並列に泳いでいましたよ。
ときおり見せてくれるキュートな表情に、私たちはもうメロメロ。

そのほか、魚の群れを襲うため、鳥たちが体を矢のような形にして、
海に飛び込んで行く様子も見ることができました。
成功率はあまり高くなさそうだったけど、それでも魚を獲得できた鳥は、
ちょっと誇らしげな表情を浮かべていましたよ。

そして、もちろん、念願のクジラも見ることができました。
ゆっくり、のんびり、時には私たちの船が作りだす波とたわむれる。
その様子を見ているだけで、すごく癒されるんです。不思議。

クジラ、イルカ、パフィンなどを見ることができて大満足。
・・・・でも、イルカちゃんがジャンプするたびに、船が揺れるの。
しかも、睡眠不足だったので、いささか船酔い。
同じ酔うんだったら、二日酔いのほうがいい!
関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。