• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/19(Mon)

また訪れたいゴールデンサークル

船酔いになりつつも、ランチを軽く済ませた後、
ゴールデンサークルツアーに参加しました。

ゴールデンサークルとは、世界遺産に指定されている
シングヴェトリル国立公園(Þingvellir)やグトルファスの滝(Gullfoss)など、
観光ポイントが凝縮された地帯のことを言います。
アイスランドにきたら、ゴールデンサークルは必須ですよ!

今回のツアーのガイドさんは、きれいな女性。
「大学ではドイツ語を専攻してたので、英語がなまっててごめんなさい」
・・・いやいや、十分美しい英語です。
彼女からはアイスランドの歴史、経済など、たくさんのことを教えてもらいました。
ガイドをしている様子から、アイスランド大好き!ってことが、
ひしひしと伝わってくるんです。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光74

アイスランドの馬たち。
この子たちは観光客を乗せるため、敷地内にいますが、
ゴールデンサークルの至る所で、野生馬のような子たちもいました。
ゴルフ、フィッシング、馬、そしてダイビングがメジャーなスポーツのようです。
なんとダイビングは、冬の期間も行われるようです。自殺行為!

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光77

やってきました! シングヴェトリル国立公園!
単なる荒野に見えるかもしれませんが、なんと地球の割れ目「ギャウ」なんです!
アメリカ大陸とヨーロッパ大陸、それぞれのプレートの割れ目です!

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光75

地球の割れ目の間を歩くことができます。
溶岩の壁がそびえる様は、ただただ圧倒です。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光76

割れ目の向こうには、小さな教会が見えます。
この荒れ果てた大地に、唯一の、ささやかなオアシスのようにも思えます。

その後、アイスランドでも最も豪快な滝、グトルフォス(Gullfoss)に到着。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光78

アイスランド語で「Gull」は黄金を、「Foss」は滝を意味します。
なるほど、2段階で流れ落ちるこの滝の勢いは、とてもきらびやかで、
見るものを惹きつける力に満ちています。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光80

滝のすぐそばの崖に、人が立っていますね。
アイスランドにある多くの観光地では、
柵などの安全対策が取られていないので、用心しないと本当に危険です。
ツアーで一緒になったドイツ人男性は、なんと革靴をはいていたので、
ぬれた足場にヒヤヒヤした表情を浮かべながら、写真を撮っていました。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光79

すごい迫力で、滝つぼに吸い込まれそう!
やや高所恐怖症気味の私としては、滝つぼを見るだけでクラクラ。
この滝のより良い表情が撮れる場所を発見したのですが・・・

なんと・・・・ デジカメ、充電切れ(泣)

この次には、熱湯がふきあがるストロックル間欠泉(Stóri Strokkur)にも行ったんですよ。

イギリスロンドン貧乏生活「アイスランド観光」82

本当なら、こんな写真をいっぱい撮る予定だったのに(泣)
熱湯が吹き上がる現象は、5~10分起きに見ることができます。
わずか2m程度のときもあれば、思わず後ずさりしちゃうような20m級のものまで!
次、行くときには良い写真を撮ってこよう!

この日は、20時ころにホテルに戻ったものの、疲れのあまり寝ていました。
帰国日の4日目は、レイキャビークのカフェでのんびりしたり、
大好きなアイスランドのバンドのCDを探したり、
ひたすらレイキャビークを満喫していました。

ロンドンに向かう飛行機の中から、アイスランドを眼下に見下ろしたとき。
なんだか、すごく寂しくなりました。それは、日本を離れるとき同様の気持ち。
・・・・・アイスランド病のはじまりです。

この病気は一度かかると、何度もアイスランドに訪れたくなる厄介なもの。
おかげで、この旅行のわずか2カ月後、7月末に再渡氷をすることになりました。
いつになったら、この病気が治るんだろう?
7月末に行ったら、間違いなく重症になっちゃうな。


関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 自然(というか地球?)満載のアイスランド旅行記、
    わくわくしながら読んでます!
    教会の写真、なんか映画のワンシーンみたいです。
    でも周囲に民家が見えないような・・・?

  • アイスランドの大地に触れると言うことは、
    地球そのものに触れるということなんだなあ~と実感できますよ!
    民家は無いんですよ。住むことができないんじゃないかなと思います。
    教会は、結婚式とか然るべき行事のときに開くようですよ。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。