• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/05(Sun)

【文化の違い】ラマダンが終わったら会いましょう

先日、トルコ人の友人から連絡がありました。

人のこと言えないけど、なまりのある英語なので、イマイチ聞き取れない。
でも、一方的に話してくれるから、気持的にはラク。聞いてるだけ(ふり?)だから。
話の流れ的に、「久々に会おうかー」ということになったものの、
「ラマダンが終わる9月11日以降にね」
えー、そんな・・・。気持ちが乗ったときが、そのときでしょーが。
「でも、酒が飲めないもん。そんなのつまらない」

そうだった。彼の宗教のことを忘れていた。
見た目はチャラっとしてるけど、ちゃんとしたイスラム教徒なのだ。
ラマダンの1カ月間は、太陽が出ている時間は食べ物はもちろん、
水も飲んではいけないとされています。
その代わり、太陽が沈んだら食べ放題。でも、酒はダメ。

友達の友達は、チョコレートを待ってましたとばかりに食べまくり、
ラマダンに入る前よりも太ってしまったんだとか。一快食って、かえって太るもんね。
とは言え、ロンドンに住んでいる明らかにイスラムの人の中には、
昼間からパクパク食べまくってる人もいます。信仰心って人それぞれなんですね。


ラマダンで思い出したのだけど、
友だち(日本人)の彼は、とても熱心なイスラム教徒。
太陽が出ている時間帯は、モノはもちろん、水すら飲まない。
そんな彼に敬意を払って、彼女もラマダンを毎年実行している。
愛だな、と思う。3食きっちり、お酒もきっちりの私には、無理。

正直、日本にいたときは、イスラム教のことは全く知らなかった。
ユダヤ教の人たちが、どのような格好をしているのかも知らなかった。
宗教だけでなく、他国の人たちの考え方、習慣なども、
日本のテレビ、本などを通じて得た知識だけ。

実際に外に出てみると、几帳面じゃないイギリス人もいれば、
小心者のイタリア人も、恋愛下手なフランス人もいる。
わたしは「~らしい」こと、グーグルで検索できることが真実だと思ってたよ。
そういう意味で、他民族が集結するロンドンに来てよかった。
今は本当にそのように思います。

イギリスロンドン貧乏生活「誕生日プレゼント2010」

友達からもらった誕生日プレゼントー!すごくうれしい!
誕生日は、いくつになっても喜ばしいものですね~!
関連記事
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。