• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/22(Wed)

【イギリス観光・北アイルランド】首都ベルファスト

いつもは easy jet などの格安航空会社を利用しているため、
空港はヒースローではなく、ガトウィック、ルートン、スタンステッドなどの
ロンドンから少し離れた空港から旅立ちます。

でも、今回は、アイルランド共和国の国営航空会社、
エアリンガス(Aer Lingus)をブッキングしてしまいましたー♪
日本で言えば、ANAやJALのような位置づけなのかな?
「贅沢して」というわけではなく、単にeasy jetよりも安かったから。
とは言え、久々のヒースローは、やっぱり便利!
自宅からローカルバスで行けちゃうんですから!!

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド」

ただ、イギリス国内線だからかなのか、出発ロビーは遠いですー・・・

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド2」

エアリンガスの尾翼には、アイルランドのシンボル「シャムロック」、
ボディはアイスランドのカラー、緑になっています。カワイイ・・・
約1時間ほどのフライトでベルファストに到着。
途中、めちゃくちゃ揺れたし、着陸はハラハラするほど急降下。
次に行くとしたら、やっぱりeasy jetにしようかな~・・

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド41」

ベルファストの街並みは、テロで破壊された経験があるからなのか、
最近作られたような、新しいビルや建物が並んでいます。
ちなみに上記の写真は裁判所のそばの通り。不思議なオブジェが並んでいます。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド42」

水辺が好きなので、この川のそばで1時間ほど読書をしていました。
気さくなおじちゃん、おばちゃんたちが話しかけてくれるのも嬉しいですね。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド43」

ふと見上げると、またもや変なオブジェが・・・ 

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド45」

そうかと思えば、こんな立派なショッピングセンターもあります。
ここに行ったのは祝日だっただけに、全店休業でした。稼ぎ時なのに!

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド46」

やたらと立派なショッピングセンター内。全天候型なんですね。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド40」

街の中心街には、それはそれは立派な役所(タウンホール)があります。
ここを拠点にして路面店が連なるメインストリート、インフォメーションセンター、
ツアーバスやブラックキャブツアーの発着所などがあります。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド6」

偶然にも、わたしが行った日はマーケットが開催されていましたよ。
小さな都市ですが、それでも多くの人が集まっていました。
たいていの人はビールをたっぷり飲んで、上機嫌のご様子。
一人じゃなかったら、私も果てまで飲むところなんだけどね。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド7」

お腹が空いていたので、興味本位でカンガルーバーガーをいただきました。
カンガルー・・・ なのかな? ブタじゃないのかな? という感じ。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド5」

よーく見ると平日は22時までマーケットが開催されてるんです。
そんな遅くになってまで行く人っていないんじゃないの?って思っていましたが、
21時30分すぎにそばを通りかかったときも、相変わらずのにぎわいでした。
バーガーにかぶりつく人が多かったところを見ると、
日本でいう「飲んだあとのラーメン」ってこと?太るはずだよ~~

お祭りのそばには、地元ヤンキーが集うもの。
やっぱり、タウンホールの近くには、若くて、ちょっとやんちゃな子たちや、
明らかに酒酔いの人たちがたむろしていました。
が、大きな銃を携えた警官が、常に目を光らせているので悪いこともできない感じ。
これはこれで安心だけど、ロンドンと違い、大きな銃を持っているということは、
やはり今でもテロを警戒してるのかな・・・なんて、ちょっと悲しい気持ちに。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド3」

タウンホールから徒歩15分ほどのところには、クイーンズ大学があります。
1810年設立だそうで・・・ 今年2010年だから実に200年の歴史!

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド4」

わたしが宿泊したホテルは、クイーンズ大学のそばにあります。
中心街と比べて、個人が経営するカフェやバーなどが並ぶストリートのそばにあるため、
夜でもにぎやかでしたよ。中心街は人気がなくなるから怖い感じもするけど、
このエリアだったら、夜遅くなっても平気かな?

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド8」

マーケットでバーガーを食べてしまったので、
この日の夜は、クリームティーよりも強い酒がお似合いの
顔中にピアスを施したお兄さんのカフェでしめくくり。とても美味しかった~。

北アイルランド2日目は、世界遺産ジャイアンツコーズウェイに行きます!
関連記事
Home | Category : 北アイルランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。