• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/22(Wed)

【イギリス観光・北アイルランド】高さ30メートルの吊り橋

ジャイアンツ・コーズウェイでたっぷり自然を満喫した後、
私たちを乗せたバスは、世界最古のウィスキー蒸留所ブッシュミルズに到着しました。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド24」

1608年にイングランド王ジェームズ1世から蒸留免許を受け、
現在地で蒸留を行うようになったのは1784年。
なんと! 約226年も前の話なんですね!
バスから降りると、どこからともなく甘い香りが漂ってきます。
ウィスキー飲めないけど、飲みたくなっちゃう。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド25」

ブッシュミルズのロゴ。かわいいけど、ほかのものを想像させます。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド26」

蒸留器からは、すっごく良い香りがするんですよ~。
ウィスキーは、5~10年熟成させた後、市場に出回るらしいです。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド27」

見るからに高そうなウィスキーが並んでいます。
仲良くなったトルコ人軍団は、試飲しまくり。これから吊り橋に行くのに・・・。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド28」

吊り橋の前に廃墟と化した城を遠くから見ました。
廃墟って過去の栄光、苦労などがいっぱい詰まっているような気がして、
見ているだけで胸がいっぱいになる。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド29」

ジャイアンツ・コーズウェイ同様、目的地の吊り橋までは、
駐車場か20分ほど歩かねばなりません。
景色がすばらしいから飽きないんだけど、もう少し晴れてくれたらいいのにね。
でも、「いかにも」なアイリッシュ・ウェザーを体験すると思えばいいのかな(前向き)?

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド30

写真では分かりにくいかもしれませんが、海の水がとても透き通っています。
雨が降れば、海や川の水は濁るものだと思っていましたが、
スコットランド同様、アイルランドでも水は「濁る」という現象を知らないようです。
目指す吊り橋までは…… あと少し!

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド36」

目的地にとうちゃーく! ……あれ? 吊り橋、すごく長いよね? 高さもあるよね?

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド37」

横から見るとこんな感じ。 ……ヒエ~、高い!!
実は、以前まで極度の高所恐怖症でした。
いくらか回復したものの、それでも高さに対する恐怖はあります。

引き返そうかな…… どうしようかな…… 
ウジウジ迷っていたら、いつの間にか追いついていた酔っ払いトルコ人軍団に、
「さあさあ、行きましょー」とせかされ、渡るハメに(泣)。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド31」

遠くから見るのと、近くで見るのでは恐怖の度合いが違います。怖い!
しかも、風が吹くたび、かなりユラユラしてる!
でも、せっかくの記念なのでで、勇気を出して・・・

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド32」

冷静に写真を撮ってる感じですが、足元プルプルしてます。
動悸、激しいです。頭、クラクラしてます。
しかも、酔っ払い軍団はちょっと太っているため、彼らが歩くたびに足元グラグラ。
「ヒ、ヒ、ヒ、ヒイイイイイ~」と情けない悲鳴をあげる私を見て、
ゲラゲラ笑っていました。……君らとは友だちになれないな!

高さ30メートル、長さ20メートルの、この吊り橋。
今から約350年ほど前に、漁師たちがサーモン漁を行うため、
キャリク島へ橋をかけたことが始まりと言われています。
橋の名前も「キャリク・ア・リード(Carrick-a-Rede)」、そのまんまです。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド33」

水が素晴らしくキレイです。
これは、吊り橋を渡りきったところでしか見れません。
サーモン漁で疲れた漁師たちは、美しい水の流れや景色を見て、
体と心の疲労を癒したんでしょうね。
酔っ払い軍団たちも、さすがに感動したのか、静かに見つめていました。


で、問題は帰りだ。
また、あの吊り橋を渡らねばならない。

イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド35」

帰り道には、このような看板が設置されていました。
えーっと、8人と言っても、大人なのか、子どもなのか……
再び恐怖が蘇った私が、慎重に慎重に吊り橋を渡っていると、
先に渡り終えたはずの酔っ払い軍団6人が、また逆戻りしてくるではないですか!
橋の上で引きつった表情のアジア人(私)と写真が撮りたかったらしい。
私の後ろには、2人の老夫婦。

つまり、橋の上には9人。8人以上。看板には8人までと書いてあった。
橋が、橋が、落下するー! 
と思った途端、ヘナヘナとその場にへたりこんでしまいました。
バスに戻った後も、ゲラゲラ笑い続ける酔っ払い軍団。
うん。君らとは本当に友だちになれません!


イギリスロンドン貧乏生活「北アイルランド34」

キャリク島から見た風景。絶景です。
ちなみに吊り橋を渡るには、遊歩道の入り口にある受付で入場料を支払う必要があります。
吊り橋を渡る予定がなければ、入場料を支払う必要はありません。
でも、せっかくなんでコワーイ吊り橋を渡ってみてくださいね。
(UK製だから、違った意味でも怖いですよね!)
関連記事
Home | Category : 北アイルランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。