• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/24(Fri)

【生活】Apparatjikのライブに行ってきました!

旅行、音楽のせいで貧乏まっしぐらです。

「生まれて初めての正社員だから、貯金しちゃうもんね」
と心に誓った再渡英前の2010年1月。
そのときの誓いはどこへやら、給料前になると金欠にあえいでおります。

さて、9月23日(木)は2010年の中でも、とびきりハッピーな日でありました。
抽選10名のApparatjikのチケット枠に、なーんと当たってしまったからなんです。
「どーせ当たるわけないよ」と思っていただけに、
当選の連絡がメールで届いたときは、息が止まりそうでした。

Apparatjikとは、ColdplayのGuy Berryman、a-haのMagne Furuholmen、
そして、なーんと大好きなMewのJonas Bjerreによるスゴすぎるバンドです。
彼らの サイト を見ても分かるように、アート的要素が強い。
だからなのか、今回のライブは、いわゆるライブハウスではなく、
あるギャラリーの会員を対象としたパーティの一貫として行われました。

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik12」

ギャラリー主催による「赤」をコンセプトとしたパビリオン。
日中は、カフェやバーとして使われているようです。
ここがパーティ兼ライブ会場となりました。

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik2」

Apparatjikは、このようなハコの中でライブを行います。
すでにハコの中に待機してるのかな・・・と思い、ハコの周りをぐるぐる巡ってみても、
中に人がいる気配がない。そうこうしているうちに、周囲が暗くなり・・・

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik5」

女性スタッフを先頭に、Apparatjikメンバーがムカデ競争のごとく出てきました!
足元がおぼつかない様子で、とろとろ歩いています。

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik6」

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik7」

・・・そっか、ハコをかぶってるから、うまく歩けないんだ!
前が見えるよう、目の位置に穴を開けてないっぽいし!!

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik8」

ライブをするために取り外されたハコたち。どことなく寂しそうな表情です。

ハコの中でのライブって、どんなものなんだろう。
ちゃんと盛り上がれるかな、興奮できるかなと思っていましたが・・・

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik10」

映像と音楽がうまく融合して、ライブとは違った興奮、高揚感を味わえるんです!

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik11」

姿が見えない分、イマジネーションが刺激され、彼らの音が直接アタマに、心に響いてくる。
…と、うだうだ下手なことを書いても仕方がないので、ライブの様子を動画でご覧ください。
すごくせつなくて、でも、ちょっとハッピーになれる「Josie」です。



※2つの動画を貼ると重くなるので、「Snow Crystals」は下記リンク先よりご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=hzCtQxBDtFA

イギリスロンドン貧乏生活「apparatjik9」

約45分間のライブでしたが、終了後はグッタリ。
でも、アタマの中は変な興奮状態に陥っていたため、
この日は夜3時にいなっても眠れませんでした。

奇跡的に当たったチケットは、代金がちょっとお高めだったけど、
それでも、「忘れられない夜」の値段と考えたら安いもんだ!!

※ライブと関係のない追記は、下記をご覧ください。
この日はパーティということで、主催者から当日になって
「ドレスコードはスマートカジュアルです」という旨のメールをいただきました。
ロンドンは高級なレストランやホテル以外、
ほとんどの場でドレスコードは設定されていないので、ちょっとドキドキ。
ジーパン&スニーカーじゃないから大丈夫でしょうと思っていたら……

イギリス人女性の気合ってば、ものすごいのね!
ワンピースっていうか、ドレスを着込んでいる人も多数。
超ミニはもちろん、胸の谷間がすごいことになっていたり……
アジア人の私がどんなにがんばっても、彼らに追いつくことはないでしょう。
ちなみに、チケットに当選したApparatjikファンは、ものすごい浮いていました。
そりゃそうですよね…… 普通にライブが観られると思ったら、パーティの一貫だったんだもん。

どことなくセレブっぽいパーティだなあと思ったのは、
バーカウンターが設置され、お酒が飲み放題。
お酒に合うタパス風のおつまみが用意されていて、
それを配るためのスタッフが大勢いる。
やたらと立派なDJブースでは、2人のDJが踊れる音楽をかけている。

あとは、パーティ参加者の顔ぶれかな?
「イギリス人って、こんなにカッコいいの? こんなに美しいの?」
と目を疑ってしまうようなきらびやかさ。彼らは、一体どこに住んでいるのでしょうか。
そういえば、Apparatjikに興味がない人たちのほうが多かったかな?
彼らの目的は、あくまでもパーティとオシャベリですもんね。贅沢だなー。



ちなみに。
ライブ終了後、メンバーの皆さんはアタマにハコをかぶることなく、
ニコニコしながらハコから出てきました。
警備する人もいないので、話しかけようと試みたら、
私同様、Apparatjikのファンだというメキシコ人の女の子に先を越されました。
ラテン系の人ってスゴイよね。
ヨーナスに噛み付かんばかりの勢いでしゃべり倒し、
挙句の果てには、ハグをしてたよ、ハグ!!! 

「わたしにはムリだ」と敗北感を味わいながら、トイレに行こうとしたとき、
あのヨーナスが微笑みを浮かべながら、ウロウロしているじゃないですか!
「こんな機会は、もう一生訪れない!」と思った瞬間、アタマよりも先に行動していました。
めちゃくちゃ英語なのに、ニコニコ聞いてくれたヨーナスに感謝です。
不気味な笑みを浮かべるアジア人の私と握手もしてくれたよ!

次は11月末のコペンハーゲンだ! Mewのライブは昨年以来。すっごく楽しみです。
(Apparatjikは、また機会があれば是非行きたい!!)
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • はじめまして。足跡からおじゃましています。
    写真も綺麗で、本当にステキなレポートですね!
    あと、ヨーナスはもしかするとサトウさんに気づいて(好意をもって)行動したのでは、とも思えてすごくうらやましいですi-237
    機会があったら私も海外ライブに行きたいなと思っています。いろいろ参考にさせてくださいね!

  • cluytensさん
    はじめまして!コメントありがとうございます。うれしいです!
    こっちで買った激安デジカメなのですが、高性能ではないため、
    音がクリアに録れたようです。人が少なかったので、写真も撮り放題です!
    ヨーナスを偶然発見したので、勇気を出してみました~。
    100%気づいてないでしょうし、すでに記憶から消去済みだと思います(泣)

    海外のライブは、日本よりも格安で観られるし、
    ロンドンで言えば、危ないことはないと思います~。
    ただ、冬は暗くて落ち込むばかりなので、夏がオススメです!

  • こんにちは!
    実はこちらの素敵なレポートを、ぜひ私のブログでリンクを張らせていただければと思い、またお邪魔していますi-229(今までリンクは出版記事以外張ったことがなくて、また自分からトラックバックした経験もなく、このようなお願いも初めてなんです。)でも、すごく貴重なレポートだと思います‥。ご検討いただければとても嬉しいです!!

  • こんにちは!

    もちろんOKです! でも…… 素敵かな……
    音楽的な感想は書けないので、それ以外の背景的な部分しか書いていませんが……
    それでも良ければ、ぜひよろしくお願いします。
    実は迷惑書き込み防止のため、あらゆる禁止設定をしています。
    普通のコメントでも書き込みができない場合があるため、
    何かあれば、左メニューの一番下のメールフォームからメールをお願いします!

    ありがとうございます!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。