• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/26(Sun)

【イギリス観光・ヨーク】中世の街並みを歩く

少し遅い朝食を「Betty's Cafe」で取った後は、
はりきって中世の街並みを散策しましょー!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク27」

一息つけるカフェ、お土産店が入った建物。
ヨーク・ミンスターのそばにあります。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク30」

2階、3階部分が抜け落ちてしまいそうな建物。
これ・・・ 大丈夫なのかな・・・ 地震がない国で良かったよね・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク28」

最も有名なストリート「シャンブルズ」。
石畳でできた細く、古い道になります。
中央部に行くにつれて、写真左のように両側の家が接近していますよね。
正面から見ると写真右のようになっています。

1階、2階、3階と階数を上がるごとに、前部分が突出していますよね。怖い。
今でこそ、これらの店では美術品や洋服、工芸品などを売っていますが、
昔は精肉店などが軒を連ね、突き出した部分から肉をぶら下げていたようです。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク29」

すべてのサンドイッチが1ポンド!! 激安です。
シャンブルズ中央部で発見しました~。
Betty'sでオムレツを食べなかったら、挑戦したのになー!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク31」

マーケットも開催していました。
ロンドンよりも少し安いかな?美味しそうな果物がいっぱい!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク32」

キレイな花束を売るストールもありました。
その前には、昔ながらの建物で営業しているパブ。
中世を感じながら飲むビール。きっと美味しいはず!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク33」

ヨークシャー博物館のあるミュージアム・ガーデン内には、
中世の建物の遺構が残されていました。
読書をする人、恋人と二人の時間を過ごす人、
家族でお弁当を広げる人など、思い思いに自分たちの時間を楽しむ人が多かったです。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク34」

街を取り囲む城壁にも行ってみましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク35」

大人二人程度のスペース。
私は、高校生くらいの団体に紛れ込んでしまいました。
いつも「ニーハオ」と言われるのですが、今回は「こんにちはー!」。
日本語、何気に普及してるのかしら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク36」

後ろを振り返ると、荘厳なヨーク・ミンスターが見えました。
13世紀初頭から約250年という歳月をかけて作られた大聖堂。
街歩きを楽しんだ後は、いよいよヨーク・ミンスターです。
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。