• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/26(Sun)

【イギリス観光・ヨーク】イギリス最大のゴシック建築 ヨーク・ミンスター

「ヨーク・ミンスターを観るなら、時間をかけたほうがいい」
という友人のアドバイス通り、午後の早い時間帯から向かってみました。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク13」

午前中は曇り空だったのに、午後には雲は多くても、青空が望めるまで回復!
私はやっぱり晴れ女なんだなあ~、なんて。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク11」

13世紀初頭に施工がはじまり、1472年に完成。
約540年もの歴史を持つ大聖堂は、そばに立つだけでも威厳を感じずにはいられません。
入場料は大聖堂+ローマ時代の遺物が所蔵された宝物堂で8ポンド(大人)、
ヨークの街並みを一望できるタワーは別料金になります。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク14」

大聖堂内部の主祭壇そばには、ワシのような生き物の銅像があります。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク15」

鳥の意味は分からないけど・・・・。ちょっと似合わないような気がしなくもない。
ここで聖書を読むのかな・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク16」

ものすごく古いオルガンがあります。
礼拝の時間帯に来れば、このオルガンの音色を聴くことができるのでしょうか。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク17」

大聖堂内には、このような石碑が足元に多くあります。
1624年12月23日に亡くなった方が、この石碑の下に埋葬されてるんですね。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク18」

石碑以外に、人によってはこのような立派な祭壇を設けていることもあります。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク19」

故人を惜しみ泣いている天使の子ども。
これらが多く、無造作に置かれているのですが、
観光客によっては祭壇に腰掛け写真を撮ったり・・・・。
注意書きがないとは言え、そこまではさすがにできないですよね・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク20」

北側にあるチャプター・ハウスは、こじんまりとした小部屋ですが、
この中の装飾は、必見の価値ありですよ!

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク21」

花開いたかのような天井部分。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク22」

タイル作りの床。細かく作りこまれています。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク23」

部屋の周囲は腰掛けられるような作りになっています。
この部屋では会議が執り行われたといいます。
人々が腰掛け、中央部分では会議を仕切る人物が
円滑な進行をするべく、人々に意見を募る・・・ 妄想なんですけどね、わたしの。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク24」

部屋の上部分はステンドグラスが設置。
これまで見たステンドグラスは、どちらかというと図柄が大ぶり。
ヨーク・ミンスターの場合、一つ一つの図柄が小さく、細かいですね。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク26」

腰掛ける部分の上部には、奇妙な顔、形をした小さな彫刻が取り付けられています。
ぱっと見すぐには分かりませんが、じっくり見ると、それぞれ顔が微妙に違うんですよ。

イギリスロンドン貧乏生活「ヨーク25」

おかしそうに笑う人。
これは入口から入って正面部分にしか設置されていないようです。
彼は、一体だれだったんだろう・・・

この後、地下の宝物堂でローマ時代の遺物、装飾品などをたっぷり堪能。
残念ながら写真撮影は禁止。これら素晴らしい歴史的産物は、
現物を観てこそ、その価値に触れることができると思います。
ヨーク・ミンスターにお越しの際は、大聖堂+地下宝物堂のチケットを買いましょう!

中世の街並みが色濃く残った街・ヨークを堪能した後、
友人らと会うために違う街へ向かった私。
その初めて訪れる土地で、人生TOP3に残るような大失態をさらしてしまいました。
まあ、お酒なんですけどね~。
せっかく中世に浸って、良い気持ちになってたのに台無しだ!
(でも、友だちは許してくれました。心が広いね!)

※ヨークは、まだ見ていない場所があるため、
近いうちに再訪したいと思います
関連記事
Home | Category : イングランド観光 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • もすらんです。ちょっとお久しぶりです。
    イギリス観光編、一気に読みました!
    ネッシーも、アイルランドの自然も、ヨークの街並みもすべて魅力的!!
    そしていつも格安な手段であれこれ手配をする
    ユキさんのお手並みにも感心してしまいます。

    ちなみに私は短い夏休みでドイツに行ってきました。
    (本命のイギリスは航空券が取れずで…)
    やっぱり旅っていいですよね~。
    その地の文化や歴史を直接触れると自分の中の何かがはじけます。

    私はしばらくは旅行貯金にいそしまねばならないので
    ユキさんのブログであれこれ妄想します。
    次こそはイギリス行けたらなぁ。

  • もすらんさん、お久しぶりです! お元気でしたか?

    スコットランド、アイルランド、ヨーク、それぞれ素晴らしかったですよー。
    夏の時期は、他国ばかり行っていましたが、
    イギリスも素晴らしい場所がたくさんありますね。改めて実感しました。

    ドイツに行かれたんですね! 
    私はベルリンにしか行ったことがないのですが、
    今度はロマンチック街道、黒の森などを訪れてみたいです。

    イギリスにいらっしゃることがあれば、是非ご連絡ください。
    パブでギネスでも飲みましょうー!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。