• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/10/21(Thu)

いっぱい笑って、踊って大フィナーレ(2)

実は、大トリのFM Belfast登場前から、
かなり踊り狂っていたため、すっかり疲れていました。
前日は6時まで遊んじゃったしね・・・・

大丈夫かな~。途中でぐったりするかな~と思っていましたが。

イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves34」

とにかく楽しい! 疲れはあっという間にぶっ飛びました。
わたしはFM Belfastのような曲は、普段あまり聴かないのですが、
ライブはやっぱり楽しいのが一番。
彼らの観客の取り込み方、盛り上げ方が上手でもあるのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves36」

途中、アイスランドのほかのバンドもステージに登場し、
盛り上がりは最高潮! ステージからのダイブもバンバンありました。

イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves37」

曲のクライマックスには、紙ふぶきが舞い、
観客たちのテンションも異様なほど高まります。

Iceland Airwavesでの各バンドの持ち時間は、
オフべニューなら約30分、ライブハウスなら約45~50分ほど。
セッティング抜きの時間とはいえ、とても短い。
しかも、スケジュールがしっかり組まれているので、アンコールはNG。

Apparat Organ Quartetのときはアンコールが起きましたが、
後がつかえているので、当然、再登場なし。
観客からはブーイングが起きていましたが、仕方ないよね・・・
(実は昔、少しだけイベントをしていたので、時間が押すことの恐怖は痛感しております)

ただ、今回は大トリ! もちろんアンコールOK!
さて、ここでアイスランドのアンコールの仕方を動画でご紹介します。



日本とそれほど変わりはないのですが、アイスランド語では「レイラ!」というようです。
聞こえますか? 「レイラ!」の掛け声が。

再登場したFM Belfastのライブは、それはもう凄まじかったです。
一部ですが、彼らのライブの様子もご紹介しますね。



会場の熱気が少しでも伝わればいいな・・・
なぜ途中で動画が切れてるかというと、わたし自身が、
黙って撮影することに耐え切れなくなったから!

イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves38」

JonsiやロンドンでライブをしたFor a Minor reflictionも同様なのですが、
アイスランドのバンドって、ライブが終わったあと、
かならずメンバー全員が集結して、肩を組んであいさつをします。
カーテンコールのような感じですね。感謝が伝わってきて良い感じ!
こちらも「ありがとー」って言っちゃうもんね。

イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves39」

ところで、なぜ下着になるんだろう・・・・
FM Belfastって登場時は、パリっとノリのきいたシャツに
蝶ネクタイ、サスペンダー(懐かしい!)とピシっとしたパンツを履いていたのに・・・

Iceland Airwaves2010に参加できて良かった!
10人以下のスタッフで運営しているみたいですよ!
そこかしこに見られる手作り感、そして何よりもReykjavicの街全体が
音楽を楽しもう!という雰囲気が最高に心地よかったです。

音楽フェスティバルは数多くあるけれど、Iceland Airwavesのように、
あったかい気持ちになれるようなイベントってそうそうないかもしれませんね!
2011年は10月12日~16日で開催されます。
日本からはツアーも出ているので、今からお金をためて参加しましょう!
そして、来年、Reykjavicで会いましょう!


イギリスロンドン貧乏生活「Iceland Airwaves42」
関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。