• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/14(Tue)

【相違点】鍋の季節がやってきた~!

冬真っ只中のロンドンです。

朝は薄暗い中出社。日中は、基本くもり空。
日照時間も日に日に短くなり、現在は16時すぎともなれば真っ暗でございます。
ただ、12月1週目が驚異的な寒波に襲われただけに、
気温がマイナスにならないというだけで、何だかシアワセな気持ちになります。

寒さが身に染みる季節が、今後3カ月は続きます。
ロンドン滞在2年2カ月ですが、冬を経験するのは、これで3回目。
毎年、何かが足りないなあと思っていました。
暖を取り合う相手(彼氏)は、万年不足(泣)しているので慣れたものですが、
冬、そして日本人ならば、やっぱり鍋!! わたしには鍋が足りないのだー!

ということで、2年目にしてカセットコンロを購入しました~

イギリスロンドン貧乏生活「ガスコンロ」

日本でもおなじみのカセットコンロ、イギリスでは「portable gas stove」と言い、
キッチン関連用品ではなく、アウトドア関連用品として扱われています。
それも知らず、しかも、英語での呼び名を調べることもせず、
とりあえず街中のデパートやスーパーに行ってしまいました。

わたし「カセットコンロが欲しいです」
店員「??????」
わたし「(ジェスチャー)つまみをひねれば、火がボッと出て、そこに鍋を置くのさ」
店員「??????」

5店舗で意味不明なやり取りをした後、「カセットコンロじゃない?」と気付きました。
正式名が分かった今でも、なんとなく納得いかない。
「stove」って単語のイメージじゃないですよね、カセットコンロ。

いずれにせよ、念願のカセットコンロを手に入れました。アウトドア関連売り場で。
ワクワクして封を開けてみたら、写真左上部にある黒のケースに入っていました。
こちらではアウトドア用品(くどい?)なので、持ち運びができるケース付きなんですね。
さらには、「これはアウトドア専用なので、室内では使用しないでネ」
なんて、ご丁寧な注意書きが貼られていましたよ。

スミマセン。室内でガンガン使用させていただきます!


本当は土鍋も欲しかったのだけど、こっちで買うと案の定、少々お高い・・・・
大きめの鍋が家にあるので、それを代用すれば、
風情はなくとも、鍋を楽しむことはできるのだ! と無理やり納得。


そうそう、カセットコンロの教訓を生かして、
鍋の材料となりそうな食材の英語を調べてみました。

白菜→Chinese Cabbage   春菊→Garland Chrysanthemum
大根→mooli        たけのこ→Bamboo Shoot
水菜→potherb mustard   しいたけ→shiitake mushroom
もやし→bean sprouts    ねぎ→leek
あんこう→Monkfish      たら→Cod

白菜、もやし、ねぎはどこのスーパーでも売られています。
大根は、トルコ系のお店かテスコかな? たまに、身がふにゃりとしているので要注意。
しいたけは、先日、ウェイトローズで見かけました。
Shiitakeって、本当に書いてありましたよ。なんかカワイイ・・・

水菜、春菊は一般的なスーパーでは見かけないので、
少々なお値段にはなりますが、中華街か日本食材を扱う店で調達します。
お出汁をとるための昆布は、中華街に行けば安く手に入るかなあ~。
最近、玄米を安く購入することができる場所を見つけたので、
〆のお雑炊は、白米と玄米のミックスかな。

鍋パーティ第一弾は今週末! たのしみだー
関連記事
Home | Category : 文化、習慣の違い |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。