• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/14(Tue)

【生活】クリスマスシーズン真っ只中

12月中旬ですね~・・・・。2010年も、あと2週間ちょっとですよ!?

デンマークについて書こうと思っていましたが、
パーティとは言わないまでも、飲み会のようなものが連日連夜続いております。
海外でも12月は「師走」であることを、ひしひしと実感しています。

日本同様、ここロンドンでもクリスマス商戦が盛んです。
11月26日のブラックフライデー(「黒字に転じる」という意味で、ブラックだそうです)以降、
デパートなどでは一斉にセールの文字が躍りはじめます。
それだけでなく、いつもは18時や19時ころに閉店するはずなのに、
この期間に限って23時近くまでオープンしています。
中心街では、夜でも混雑。観光客はもちろん、在住者の姿もちらほら。

それもそのはず?かな?
イギリスでは2011年1月4日より消費税が17.5%から20%に値上がりします。
だから、なんとなく「今のうちに買わなくちゃ」という購買意欲が駆り立てられてしまう。
必要なものならまだしも、無駄な買い物もね・・・ しちゃいますよね・・・

ちなみにもっと値段が割り引かれるのは、クリスマス終了直後から1月上旬まで。
この時期は、ブランド品までもが叩き売り状態。
日本同様(それ以上?)に気合の入った人たちも多いですし、
セール品という名の粗悪品との出会いも数多くあります
わたしは日本にいたときから、セール特有の熱気が苦手なので、
今年も遠くから「何だかにぎわってる・・・」と眺めるのみでしょう(お金もないしね)。

イギリスロンドン貧乏生活「クリスマス2010年1」
↑クリスマス時期になると、キレイなイルミネーションが街中にいっぱい!
だけど、オックスフォードストリートは3年連続一緒?な気がします。不況だねえ・・・


【クリスマスと言えば?】
各家庭の部屋をのぞいてみると(のぞきたくなくても見えるの。カーテンをしてないから)、
大きなクリスマスツリーがリビングに我が物顔で居座っています。

庭や家をイルミネーションで派手にデコレートしてるような家庭は、
あまり見かけませんが(アメリカに多いのかな?)、
自宅内に飾るクリスマスツリーは、それはそれは見事なものです。

11月下旬くらいになると、街中にはツリーの材料となる木が売られています。
12月になると子どもを連れたお父さんたちが、
肩にツリーをかついで、のしのし歩く姿を見かけます。ほほえましい・・

ちなみにトラファルガー広場にあるツリーは、1947年から毎年、ノルウェーから送られてきています。
樹齢100年、20メートルの高さのツリーには、約500ものライトが飾られています。
1月5日までの期間限定なので、この機会にロンドンにいらっしゃる方は是非ご覧くださいね~

イギリスロンドン貧乏生活「クリスマス2010年2」
関連記事
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。