• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/16(Thu)

【デンマーク】便利なコペンハーゲンカードと公共交通機関

どの土地に行っても、公共交通機関は使用せざるをえません。

観光客狙いのスリ(パリ、バルセロナは要注意!)が潜んでいたりと、
それなりの用心は必要かもしれませんが、
地元の人たちとの出会い、彼らの暮らしぶりを見るには、
ローカル線やバスこそ、旅の楽しみの一つですよね!

滞在3日間なので、1日はコペンハーゲン郊外に行きたい。
市内にある様々な博物館、美術館を見てみたい。
とは言え、物価の高いデンマーク。
すべて網羅するとなると、お金がかかるなあ~。
夏だったら歩きまわれるけど、吹雪いたらバスに乗りたいし・・
と思いながら、なんとなくデンマーク観光局のサイトを眺めていたとき、
コペンハーゲンカード」を発見しました!

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン8」

↑これがコペンハーゲンカード!!

24時間、72時間の2種類があります。
お値段は、24時間で3500円くらい、72時間で6500円くらいかな?

ちょっとお高い感じもしますが、これ1枚あれば、
コペンハーゲン市内およびコペンハーゲン首都区内の
すべての公共交通機関(バス、地下鉄、鉄道、水上バス)が乗り放題、
市内、市外ほとんどの博物館、美術館、観光スポット(チボリ公園も!)がタダ!

さらにカフェ、ショップ、そのほか観光スポットの割引付き!!
コペンハーゲンを欲張って楽しみたい方には、本当にオススメのカードです。

わたし自身、小銭の種類が見分けられず、
バスに乗るたびにお札を出し、結果、小銭の重さに泣きを見ているので、
このようなお得なカードがあると本当に助かります。

インターネットから購入もできますが、
その場合、コペンハーゲン市内にある観光局での受け取りになります。
そうなると、空港から市内までの交通費が無駄になってしまうので、
空港出口にあるインフォメーションセンターで購入しましょう!

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン7」

空港から地下鉄で市内に出ることもできますが、
わたしは外の風景が見たいので、迷わずバスに乗車!

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン9」
↑バス内には常にCMが流れていました。サブウェイ好きとしてはたまらない・・・

コペンハーゲンに到着して、ものすごく驚いたのは、バスの時刻表があること。
日本にいれば当たり前のことかもしれませんが、
ロンドンにおいてバスの時刻表ほど、あてにならないものはありません。
本数の少ないナイトバスの場合は、やや正確ですが、
それでも信用できないので、20分前くらいに待機しています。
コペンハーゲンのバスは違います。雲泥の差です。
時間通りに到着して、時間通りに発車する。素晴らしい~!

空港から市内までバスで行きたい方は、
バスターミナルから5Aのバスに乗りましょう。
30~40分もすればコペンハーゲン中央駅に到着します。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン17」

中央駅を目の前にして、右方向に直進すればインフォメーションセンターがあります。
観光プランを立ててない方、暖を取りたい方は、寄ってみてくださいね。
ちなみにインフォメーションセンターのビル内には、カフェもあります。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン18」

中央駅構内。
ドイツなど海外への長距離列車、デンマーク国鉄(DSB)、
近距離鉄道エストー(S-tog)などの拠点になっています。
トイレにはシャワー室もありましたよ!

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン19」

ホームが美しい・・・
市内ほとんどの時計が、ロンドンと違って正確な時刻を表示しているので、
安心して行動することができます。駅も然りです。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン20」

DSB車内の様子。
S-togも同様ですが、すべての椅子にはごみ袋が備え付けられています。
何だか可愛らしいから、一枚ずついただいてきました(貧乏人)。

コペンハーゲンの人たちは、公共交通機関内でのマナーが良いように思います。
とにかく静か。大声で電話をしたり、会話をしている姿をあまり見かけません。
ナイトバスに乗れば、また違うのかもしれませんが、
「お行儀のよい」国民性なのかな?と思いました。

世界一幸福な国は、訪れた者も幸せな気持ちにする国ですね~

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : デンマーク |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。