• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/22(Wed)

【デンマーク】メリークリスマス!

コペンハーゲンカードの元を取らねば!という貧乏人根性で、
世界最古のテーマパークであり、コペンハーゲンのデートスポット
「チボリ公園」に行ってきました(一人で)。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン60」

入場料は、お一人様95DKK(日本円で1500円くらい)。
コペンハーゲンカードがあれば、無料ですからね~。スバラシイ!
予想していた通り、チボリ公園はクリスマスムード一色です。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン61」

サンタの服、おもちゃ、お菓子などクリスマスマーケットが園内にずらり。
テーマパークなだけあって、建物の飾りつけが、とてもメルヘンですね~

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン62」

チボリ公園は、昼間よりも、ライトアップされた夜がスバラシイです。
実は昼にも一回行ってみたのですが、閑散としていて寂しい・・・
いやはや、家族連れよりもカップルのほうが多かったかなあ~
だって「デートスポット」だもんね。
しょぼいデジカメ持ってウロウロしているのは、私くらいなもんだ。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン63」

悲しげに見える柳の木は、素敵にライトアップされたおかげで、
クリスマスムードを盛り上げ役になっています。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン67」

雪がツリーを彩っています。
ここのエリアで、何組ものカップルに写真撮影の依頼をされました。
「ワン・ツー・スリー」なんて言ってる場合じゃないよ~。
「撮ってくれたお礼に」と言われるがまま、一人で写りこんでる場合じゃないよ~。

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン64」

一人でウロウロするのは、ちょっと寂しくなりますが、
少しレトロな雰囲気が漂うチボリ公園にいると、
何十年か前に両親、妹、わたしの4人で行ったクリスマスパーティの日を思い出します。

横浜の小さな、小さな社宅に住んでいたわたしたち。
母親お手製の少しいびつな形をしたショートケーキ、
佐藤家のパーティでは常連の鳥のから揚げ、
そして、小さな部屋には不釣合いな大きめのクリスマスツリー。

夕食が終盤に差し掛かったところ、それまで笑顔だった父親が突然真顔になり、
「何かの音がする・・・。鈴の音?」と、声を潜めて言うのです。
やおら立ち上がり、「屋根に何かいる?」と言いながら、押入れの中に入る父親。
わたしは、いつもの夕食とは違う状況に不安を覚え、
ドキドキしながら父親の様子を見守っていました。

「あっ!」と興奮したように叫ぶ父親。
何が何だか分からず、妹とふたりでオロオロしていると、
押入れから出てきた父親の手には、二つのプレゼント。
「二人がいい子にしてたから、サンタさんが少し早く持ってきてくれたんだね」
乱れた髪を気にする様子もなく、満面の笑顔の父親。
かたわらで母親がおかしそうに微笑んでいた理由は、今でも分からないフリ。

プレゼントの中身が何だかは覚えていないけど、
あの日のことは昨日のことのように覚えている。
きっと、それこそがサンタさんからのプレゼントだったんだろうなと思うよ。

クリスマスまで、あと3日。
皆さんにとって良いクリスマスとなりますように!

イギリスロンドン貧乏生活「コペンハーゲン66」
関連記事
Home | Category : デンマーク |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。