• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/10(Mon)

お役立ち情報?

旅行先で調べ物をする場合、役に立つのはwifiですね!

先日、ロンドンに遊びに来た友人をはじめ、
ツイッターを見ていると、多くの方が旅行先で
wifiを活用されていることが分かります。
レイキャビック市内であれば、ほとんどのカフェでwifi使用が可能です。

そのほか、Austurstræti沿いと、ハットルグリムス教会の前の道を下り、
右手にある大型書店「Eymundsson」内でも無料のwifiが完備されています。
ちなみに、この書店は1872年に設立された、
アイスランドで最も古く、最も多くのチェーン店を持っています。

レイキャビックにある2店舗とも、店内でコーヒーを飲み、
本を自由に閲覧できるようになっているのですが、
わたしのオススメはAusturstræti沿いの店舗!
コーヒーをオーダーしなくとも、2階、3階部分に設置された、
椅子に腰掛け、wifiを楽しむことができます。

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド16」

Radissonホテルの裏側の道を直進したところにある、
図書館でもフリーwifiを使用することができます。
館内は掃除が行き届いていて、本を読んだり、
PCで作業をするための机、椅子が沢山設置されてあります。
ここの良いところは、水が飲み放題で、さらにトイレも行き放題。
貧乏くさいかもしれませんが、お金節約にはもってこいの場所です。


水分摂取の激しいわたしは、トイレの場所を把握することが旅の必須事項でもあります。
レイキャビックには、他ヨーロッパの都市同様、ふらっと入れるトイレが少ないです。
ロンドンだったら、マックやバーガーキング、スタバなどのトイレを
こっそり借りてしまうところですが、マックは何年か前にすでに撤退。
カフェのほとんどは小さな敷地面積のため、こっそり借りることが難しい。
そこで、とっておきの場所は・・・

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド17」

Tjornin池に、ぽっかり浮いたようなCity Hallです。
ここのトイレは、とてもキレイ。穴場なのか、利用客を見たことがありません。

夜の冷え込みが厳しかったのか、わたしが行ったときは、池の一部が凍結していました。
人間がスケートを楽しめるほどの厚さではないものの、

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド15」

白鳥たちは、凍結した池のうえを「ぺたぺた」歩いていました。
時おり滑っている子もいたりで、なかなか微笑ましい。

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド14」

City Hall内にはカフェも併設されています。
wifiは使えませんが(2010年12月30日現在)、
池をのんびり眺めながら、美味しいコーヒーを飲むのはいかがでしょう?

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド12」

そういえば、Radissonホテルそばにある、クリントン大統領も愛したホットドック屋さんは、
連日連夜、大人気でした。もちろん、わたしも何度か並び、世界で一番美味しい
ホットドックに舌鼓を打ってきましたよ~。
美味しいだけじゃなく、格安っていうのもうれしいですよね。

※ホットドックは220クローナくらい。コンビニでサンドイッチなどを購入すると、
500クローナ以上はします。パブでビールを飲むと、800クローナくらいしたような気が・・・
関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 1クローナは日本円でいくらくらいになるのかな???

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。