• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/11(Tue)

まさかのパスポート紛失(1)

29日のJonsiライブで、まさにシアワセの絶頂にいたわたしですが、
翌30日夕方には、地球の裏側までへこむことになります。


30日。
特に予定がなかったので、街中をブラブラ。

大好きなアイスランドのCDを物色するため
お気に入りのお店「12tonar」へ入り浸り。
ここでは、すべてのCDをオーナーさんが淹れてくれる
エスプレッソを飲みながら視聴することができます。
「そういえば、君、前もウチに来てくれたよね?」
なーんて嬉しいことを言ってくださるもんだから、今回もCD大人買い。

そして、アイスランドのあったかセーターを購入するため、
在庫の種類が豊富なお店で、店員さんに相談しながら、
長ーくお付き合いすることになる一着を購入!

イギリスロンドン貧乏生活「年越しアイスランド25」

モデルはちょっと違うけど、このようなセーターを購入しました~。
毛足が長いので防水効果に優れているんだとか。

その後、アイスランドのバンド「Retro Stefson」がNASAでライブをすると言うので、
急いでHavariというCDショップでチケットを購入!
興奮を抑えるためと、のどの渇きをいやすため、お気に入りのカフェに直行。
バックから財布を取り出した瞬間、異常事態に気づきました。

一瞬、目の前が「ぐらり」と揺れたような感覚に襲われるも、
その「異常」をすぐに認める気持ちになれず、
とりあえず、平静を装い、席についていました。
しばし呆然とした後、恐る恐るバッグの中身を探ってみましたが、やはり・・・

・・・パスポートが、ない

浮き足立っていた足元が、ずぶずぶと地中深くに潜り込んでいくような、そんな錯覚を覚えました。
パスポートにはUKに滞在するための、ある意味、命同様に大切なビザが添付されています。
もしかしたら、カードや現金以上に大切なものかもしれない。
それを今、わたしは紛失しているのだ。

人間、本当にビックリしたときは、華麗に現実逃避をするものですね。
ことの重要さを理解しながらも、そばにあったフリーペーパーを熱心に読み、
「これはネタになるかもしれないぞ」とメモを取ったり、
カフェラテを運んでくれた店員さんには、いつも以上の笑顔で「タック」と言ってみたり。
(普段は「サンキュー」しか言わないので、この時点で動揺が見られる)

異常事態に気づいてから、およそ30分後。
「美味しいカフェラテを飲んでる場合じゃないよ!大変だよ!」
いきなり現実に戻り、慌てて、ゲストハウスに戻りました。

ベッドの周囲、シャワールーム、ダイニング、キッチンなど、
29日夜から30日朝に至るまでのすべての行動範囲、
そして、カバンの中身を何度も入れ替えするも、見つからない。

「もしかしたら、昨日のライブ会場に落ちているのかも」と思い、
会場にすぐさま連絡。なまりの強いおじちゃんの英語に四苦八苦。
そのほか、30日に行ったお店すべてに電話するも、
パスポートは届いていないとの返事。
対応してくださる方全員が「大丈夫。絶対見つかるよ。落ち込まないで」と
励ましてくださる。すごくあったかい。
それと同時に、自分の愚かさに、ずどーんとへこんだりもしました。

当たれるところは当たった。でも、見つからなかった。
となれば、警察に届出がないかを確認するしかない。
ネットで調べて電話をしたものの、対応時間は8:15~16時とのこと。
電話は24時間対応じゃないんかい!と、驚きながら、
次に電話したところは、日本大使館。

業務時間外でも、パスポート紛失や事故等の緊急の場合、
24時間対応してくださるのです。本当に申し訳ない・・・
この日まで、英語にしか触れていなかったわたしは、
電話の向こうから聞こえてくる日本語に、心底ホッとしていました。
パスポート紛失の旨を告げた後、担当者より折り返しの電話が。

「今は年末ですからね~。なんとか頑張ってみますが、
1日の出発までに間に合わないかもしれませんよ」

この電話を受け取った時点で、フライトまで34時間。
はたして!?
関連記事
Home | Category : アイスランド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。