• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/15(Sat)

大切な大切なビザ

こんにちは!
オーストリアのザルツブルグにいます!

・・・本来なら、こんなコメントから始まる予定だったのですが、
残念ながら、ロンドンの自宅にいます(泣)。

ビザがなくても、緊急パスポートに押された
「3か月以内にパスポート、ビザを再申請せよ」印があれば、
問題なく再入国ができると思っていましたが、
英国の入出国を管理する機関に問い合わせをしてみたところ、

たぶん大丈夫だと思うけど、100%とは言えない

イギリスではよくある、曖昧な回答をいただいたため、
気の小さい私は、あっさりオーストリア行きを延期してしまいました。
オーストリアへの往復航空券35ポンドのために、
強制帰国のリスクを負うっていうのもね・・・
(家族や友人に不幸が起きた場合は、リスクを顧みず英国を出ますけどね)




移民の私には、もしかしたら命と同じくらい大切なビザ。
一度発行されたビザは、有効期間内であれば、新規申請の必要はありません。
英国内にデータが残っているため、再申請手続きをすれば発行されるのです。

が。
これが問題。

書類に必要事項を書き込み、パスポート、手数料と共に、
ホームオフィスと呼ばれる機関に郵送すれば、
「約4~8週間後には発行」されるとのことですが、
過去3回も郵便物を紛失されたことがある私としては、イマイチ信用できない。

もちろん、ホームオフィスで申請することもできます。
その場合は、即日ビザが発行されるのですが、手数料は、驚異の600ポンド! 
日本に帰国できるし、3回くらい貧乏旅行ができちゃうよ。
ちなみに郵送の場合は、200ポンドです。ぼったくりだ・・・(泣)

そして、一番の問題は、
わたし自身、3月上旬に海外旅行に行くということ。
サイトに記載されている通り、「4~8週間後」に発行されれば良いのですが、
もしも、何らかの事情で遅れてしまった場合、国外に出ることができません。



アイスランドで発見された旧パスポートには、ビザが添付されています。
紛失後、発見に至ったパスポートは、本来なら大使館側で処理されます。
わたしの場合、大切なビザが(1)パスポート内に貼り付けられていて、
(2)有効期間内 だったため、特別に返却許可をいただきました。
(ちなみに英国内でビザを申請した場合、カードとして発行されます)

ただ、パスポートもビザも最重要書類。
アイスランドからイギリスに送る際、紛失したり、
第三者の手にわたり、悪用された場合、取り返しのつかないことになってしまいます。
前述したとおり、わたしは過去、3回も郵便物を紛失されているので・・・・



大切なビザをお迎えにあがるため、
来週22日から2泊3日でアイスランドに行ってきます!



まさか、3週間もたたぬうちにアイスランドに戻ることになるとは・・・
今後の旅行の予定を考え、24日(月)は朝7時のフライト。
実質、1日半の滞在でしかないのですが・・・・

アイスランドに行けるのは嬉しい♪

デス。たとえ、どんな理由であってもね。
そうそう、ビザ再申請の手数料とアイスランドへの渡航費&滞在費は、ほぼ同額。
だったら行くでしょ、アイスランド!
関連記事
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • ここに書くと長くなるので、まずはEメールをください。
    よろしくお願いします

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。