• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/04/11(Mon)

東日本大震災から1カ月が経過しました

本日4月11日14時46分(イギリス時間6時46分)。
東日本大震災から1カ月が経過しました。

震災および津波の犠牲になった多くの方のご冥福をお祈りするとともに、
被災地をはじめ、日本各地で不自由な生活を余儀なくされている方々、
余震や原発などで不安な毎日を過ごされている方々が、
一日も早く落ち着かれますことを願ってやみません。

海外にいるとどの位の頻度で余震が起きているのか、
震度はどのくらいかなどの数字は分かっても、
実感値は当然ながら持つことができません。
そのため、NHKやYoutubeなどが提供している映像を見ては、
日本の状況を自分なりにつかもうとしていました。

震災直後の土日は、何も食べず、パソコンの前に何時間も座っていました。
夜は枕元にパソコンを置き、緊急地震速報の音で飛び起きていました。
道を歩いているとき、会社で仕事をしているとき、
ベッドに横になっているとき。どんなときでも涙が流れていました。
パソコン越しに家族を、友人を、日本を見守ることしかできない。
募金しかできない。わたしには何もできない。
そんな無力感に苛まされ、知らず知らずうちに自分を追い込んでいたようにも思います。


地震とは無縁の国にいることが、とてもつらかったんです。
とても申し訳ないことのように思っていたんです。


そんなある日。
連絡が取れなかった友人から1通のメールが届きました。
とても短いけど、とても力強いメールでした。
大切なものを流されてしまった彼が、こんなにも強く、
これからに向けてがんばっているのに、
日本とは遠く離れた国にいる私が、なぜ落ち込んでいるのだろう。
自分の愚かさ、弱さにようやく気付くことができました。
とても恥ずかしいことです。本当に申し訳ないです。


震災から1カ月。
この1カ月間は、日本から離れた私にできることは何かを
ずっとずっと考えていました。いまだに答えは出ません。
ただ、ハッキリしていることは、出来得る限りの募金を続けていくこと、
この震災、そして津波を風化させないこと、
間違った情報に踊らされないこと、もしも間違った認識をしている友人がいたら正すこと。
なるべく早めに日本に帰国して、再就職して日本経済に貢献すること。でしょうか?
いまだ連絡が取れない友人のことを考えると、やっぱり落ち込んだりはしますが、
彼らの無事を信じて、毎日を後悔することなく生きていかないといけませんね。

イギリスロンドン貧乏生活「セントジョンズパーク3」
↑日本では「春を告げる花」として知られている「木蓮」。ロンドンでは3月下旬に春を告げてくれました。
桜も好きだけど、木蓮も好き。空に向かって咲く様子を見てると、何だか前向きな気持ちになります
関連記事
Home | Category : ロンドン生活 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。