• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/08/05(Sun)

オリンピックにのめり込んできました

オリンピックに興味ないから、夏前には本帰国する!
なーんてことを年始に言っておりましたが・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック2」

BBCでは常にオリンピックの話題だし、街中を歩いていると、
イヤでもオリンピック関連の情報が目に入る。

・・・というわけで、オリンピックにハマっております。ミーハーだわ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ウィンザー城」

オリンピック始まる前までは、オリンピック専用レーンが設けられた道を見ては、
「何コレ!? 交通機関をマヒさせるつもり!?」なんて怒っておりましたが、
今となっては、「選手優先だよね!」な心境。
まあ、オリンピックが始まってから、街全体が空いているので、
渋滞はもちろん、交通機関がマヒすることもありません。

遅延当たり前な地下鉄や鉄道も、ほぼ時刻表とおりに運行しています。
意味不明な信号故障は、今のところ1件のみ。すごいじゃん! やればできるじゃん!
(いつもは手を抜いてるってことなのかも!)


平日は仕事があるので、リアルタイムでの競技観戦は難しいのですが、
それでも、時間があるときはテレビにかじりついております。
何故チケットを取らなかったんだろうと後悔の嵐、嵐・・・。あーあ。
そうそう、8月5日(日)現在では女子サッカー決勝のチケットは、
まだ購入することができそうです。95ポンド以上の高い席しか残ってないけど、
日本が決勝に進出していたら、確実に行きたい試合ですねー。
・・・私? わたしは飛行機の中ですよー、日本行きのね。
(チケット購入は、公式サイトをご覧ください)

観る競技、観る競技、とても面白く、白熱していますが、
最も燃えたのは、競泳団体(男女)ですねー!

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック」

スポーツパブの大きなスクリーンで観ていたから、いつも以上に興奮してしまった。
周囲がイギリス人という環境の中で、日本人二人はギャーギャー言いながら応援!
結果は女子3位、男子2位! 素晴らしい! 素晴らしすぎる!!!
大きなスクリーンに日本の国旗がうつったとき、胸が熱くなりました。
それにしても、アメリカの強さは異常ですね。

この日は、サッカーのイギリス・韓国戦も放映されていましたが、
ワールドカップやユーロカップで大盛り上がりのくせに、
オリンピックのサッカーは皆さん無関心。本当に興味ないんだね~・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック3」

もっとも、水泳、サッカーの時間は、陸上と重なっていたので、
関心がサッカーに向かないのは仕方が無かったのかも。
だってねえ・・・ TIMEの表紙にもなったジェシカちゃんの登場ですから。
スポーツパブにいたイギリス人たちの期待通り、見事金メダルですよ。
めちゃくちゃ大盛り上がりしていました。
小さなスクリーンに映し出されたサッカーなんて、だーれも見ちゃいない(泣)

サッカーといえば、日本男女ともにベスト4ですね! 素晴らしい!
ヨーロッパ人やサッカーに詳しい人たちは、「どうせオリンピックでしょ」
なんて冷めた口調で言うけど・・・、でも、ワールドカップもユーロカップも、
オリンピックも同じ国際試合。優劣を決めるなんてオカシイ、とミーハーな私は思います。

男子の試合をBBCで観ていたのですが、日本男子を「素晴らしい」と大絶賛。
さらに「今日観る限り、日本男子がエジプト相手に失点を許すなんてことは、
まずありえないでしょう。それだけ素晴らしいのです」というようなことを言ってましたよ。
がんばれ、日本!!!

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック5」

マスコットのマンデビル君を抱っこしてるのは、陸上10000メートルの選手Mo Farahです。
この時もスポーツバーは大盛り上がりだったなあ・・・
飲めや歌えやの大騒ぎ。ワールドカップを彷彿とさせました。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック6」

BBCのキャスターたちも、この盛り上がり。
私たちも競泳団体を応援したときは、ギャーギャー言いすぎて喉が痛くなったもの。

世界では今でも紛争が起きているけど、戦いはスポーツの場だけでいいね。
人間の限界を極めた選手たちの真剣勝負をみんなで応援しようよ!


追記)
今日、買い物先のデパートで、
「重要なお知らせがあります・・・・ アンディ・マリー、金メダルです!」
という館内放送の後、喜びの声を挙げるお客さんたち。
テレビで途中まで観ていたので、ずっと気になってたんですよ。
1か月前、フェデラーに負けてしまった、アンディは見事勝利! 素晴らしい~。

ついでに・・・ ボクシング・バンダム級の清水選手は、24年ぶりの8強進出でしたが、
アルジェリア選手に見事勝利! ボクシングは3位決定戦を行わないので、
銅以上決定なのです! 44年ぶりの表彰台ですよ! 
準決勝は8月10日(土)日本時間22時から始まります。うはー、楽しみ!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/02(Thu)

オリンピック期間中にパークに入場できるかな?

結論から言うと、チケット無き者は入場できません(泣)。
・・・・私が証人ですから!



実は、開会式の翌日にオリンピックパークに行ってきたのですよ。
なんかね~、すっかり興奮してしまったのです。開会式で。
「パークを観なくてはならない!」という気持ちだけで、
特に調べもせず、ストラトフォードに行ってみました。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック6」

中心街からバスに揺られること1時間・・・ ようやく到着しました、ストラトフォード!
大混雑しているかと思いきや、休日の渋谷や新宿よりも空いています。
でも、オリンピックムード一色なので、おのずとワクワクしてしまうー!

奥の階段を登ると巨大ショッピングモール、ウェストフィールドがあります。
オリンピックパークは、写真には映ってないけど、左手奥になります。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック7

ずんずん進んで行くと、店舗の上に人の姿が・・・?

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック8」

銃を所持した警官が監視していましたよ・・・(左の人は双眼鏡で監視中)
そっか、そういう場なのだよね、ここは。忘れてたわ。
とは言え、怪しい人は一人も見かけていません。ご安心を~!
それに、警察も兵士も山ほどいるので、怪しい人はなかなか近寄れないんじゃないかな。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック9」

おおー! オリンピックパークがすぐ目の前に!!!

嬉しくなって駆け寄ろうとすると、大きな警備員さんから、
「チケット無き者は、立ち去れい!」的な扱いを受けてしまいました(泣)。

ボックスオフィスで購入できるかも! という望みの少ない希望にかけ、
目の前に立ちはだかる警備員さんに聞いてみると・・・
「ネットで購入しないとダメだよ。当日券なんてあるわけないでしょ」
ややあきれ顔で、小さな子どもに話しかけるような口調で教えてくださいました。


・・・考えてみれば当たり前なわけで。
来る者拒まずで入場を許してしまっては、それこそ大混乱ですもんね・・・
当日券で販売しようもんなら、泊まり組が出ちゃうかもしれないし・・・
大変な愚かものでした、私・・・。世界的なイベントだもんね・・


では、入場券をネットで購入できるか?というと・・・
おそらく・・・ 完売しています。
チケットサイトで何度検索しても、結果に出てこないってことは完売ですよね。
もしかしたら、旅行代理店などで取り扱いしているかもしれませんが、
どこで取り扱いしているのか、いくらなのかは全く分かりません。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック10」

ただ、遠目で良ければパーク内を観ることができますよ!
おすすめの場所は、ウェストフィールドのフードコート(View pointが設置されています)、
そしてウェストフィールド内の一番奥に位置しているJohn Lewisのカフェ(4階だったかな?)。
この写真は、カフェのある階の下の家具売り場から撮影したものです。
カフェが満席の場合は、家具売り場から観るのもいいかもしれませんねー。

パーク内の見学は、オリンピック、パラリンピック終了後だな~。残念。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック11」

あんまりにガッカリしたので、夜ゴハンはJohn Lewis前のジャパン・センターという
食材屋さん兼レストランでサーモン丼&海藻サラダを食べちゃったよ。
ロンドンに来て日本食に飢えている方は、おすすめですよん。
(日本で提供されているモノと比べたら、味は落ちるんだろうけどさ)

Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/08/01(Wed)

オリンピック、どこで観る?

あらー、もう8月になっちゃいましたか!

暦の上では「真夏」なのでしょうけど、ロンドンは秋が再訪でありますよ。
何しろ月曜日の朝は11度でしたから。寒いっつーの。
それゆえ、7月なのにブーツで出社しちゃいました。7月なのにね!
季節はずれも甚だしいかなと思いましたが、ムートンブーツの女性もいれば、
ダウンコートの男性もいる。もう、何でもありだ。

さて、オリンピック。

「ロンドンに住んでると、試合をリアルタイムで観れるからいいなあ」
なんて言われますが、試合のある時間帯は仕事中ですし、
仕事後すぐに家に帰るわけではないので、結果のみ追うことがほとんど。

水泳、体操、柔道など日本人選手が活躍する競技くらいは、
ネットでじっくり観戦しようと思っても・・・
ツイッターを開けば、どうしても結果が分かってしまう。
見なきゃいいんですけどねー・・・ 見ちゃう。

オリンピックをもれなく楽しむには、開催国以外で、
時差がほどよくある国がいいんだろうなあ~。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック5」

ロンドンのアチコチには、パブリック・ビューイング的な会場が設けられています。
ここは、タワー・ブリッジそばの芝生です。そのほか、オリンピック・パークの目の前にも
パブリック・ビューイングがありましたよ。
金メダルをかけた白熱する試合であれば、大盛り上がりしそうですね!

私が住むエリアのスポーツパブでは、オリンピックの中継を行っていませんが(なぜ!)、
中心街のパブであれば、「イギリス的に」注目の競技の中継を放映しているはずです。
うまいこと日本人選手が絡めば、パブでお酒を飲みながら観戦もできそうですねー!
これは楽しいよ、きっと! 


オリンピックが始まる前までは、まったく興味がなかったのですが、
開会式を観た後は、「やっぱりチケット取れば良かった!」と後悔の嵐(ミーハーですから)。
そんな嵐の真っただ中にいる私に朗報が・・・!

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピックの空席」

チケットは完売したはずなのに、空席が目立つ、目立つ・・・。
スポンサーさまや選手の家族のための席のようなのですが・・・、これ、ひどい有様ですよね。
苦し紛れに、ウェストフィールド内やオリンピック・パーク内を警備している兵士さんや、
周辺住民の子どもたちを座らせているようですが・・・ かえって不自然だよ(泣)。

というわけで、オリンピック委員会(?)は、チケットの一般発売を検討しているようです。
・・・そんな時間もったいないから、早く売ってくれ! 一人でも行くよ、私は!

チケットは郵送のみかと思っていたのですが、オリンピックパークや競技会場の
ボックスオフィス(チケット窓口)で、ネットで購入したチケットを引き換えできるようです。
(ご購入の際は、必ずサイトをチェックしてくださいね)
http://www.london2012.com/spectators/tickets/box-office/

・・・もしも空席分のチケットが販売されたら、ネットで予約して、
ボックスオフィスに引き換える、という流れになるかもしれませんね。
日本一時帰国前に販売が決定すればいいんだけどなあ・・・

オリンピック開催中にロンドン入りされる方で、チケットを持っていない人は、
チケットページとオリンピック用の本サイトをチェックしてると良いかもですねー!
http://www.london2012.com/
http://www.tickets.london2012.com/

★個人的には、競技の解説者の白熱っぷりが面白い。
興奮して意味不明な叫び声を上げるのは、日本もイギリスも変わらないね。
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/07/30(Mon)

開会式、面白かったですねー!

生まれて初めて、オリンピックの開会式をリアルタイムできちんと観ました。

これまでは、朝のニュースなどで流れるダイジェストの映像か、
自宅のテレビに流れているから、ヒマつぶしに2~3分程度観る程度でした。
今回も観る予定はなかったのですが、金曜の夜の予定がなくなってしまったため、
仕方なしに家に戻り、仕方なしに観始めたのですが・・・

・・・面白かったですね! とっても。

オリンピック会場そばのショッピングセンターへ買い物に行ったり、
ニュースで開会式のリハーサルや聖火リレーを何となく観ていたり、
オリンピックが近づいても相変わらず、交通の乱れがあったり、
「果たしてスタジアムが完成するのだろうか」というハラハラがあったから、
余計に気持ちが入っていたのかもしれませんね。


産業革命の波を受け、豊かな緑広がる景色が一変する様子は見事でしたねー!
シェイクスピア俳優のケネス・ブラナー、かっこよかったなあ。
産業革命後、女性が参政権を求めるシーンだったり、
ポピーの花の背景に兵士たちの姿を映したりと、
前半は歴史をテーマとする内容で面白かったなあ。
(ポピーって戦没者追悼のシンボルの花なのです。赤い花ね)

そのほか、病院のシーンで登場するドクターや看護師さんたちは、
イギリスが運営するNHSという医療機関で実際に働く人たちの中で、
リズム感のある人をボランティアで募っていたり、
サー・サイモン・ラトル指揮の下、ミスター・ビーンが登場したり、
wwwの開発者を登場させたり(イギリス人だったんですね。知らなかった・・・)、
開会式の監修を務めるダニー・ボイルの作品をさりげなく流すなどなど、
そこかしこにネタが仕込まれていて楽しかったなあ!

でも、やーっぱり一番笑ったのが、コレ↓

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式」

クイーンってば、大股広げて飛んじゃうんだ!

バッキンガム内のステートルームでの撮影も、ボンドガール役になることも快諾したそうですよ。
このノリの良さは最高だなー。とは言え、クイーンはもう86歳のおばあちゃんだから、
開会式の終盤はかなり眠そうだったなあ。終了時間が1時ころだったから、そりゃ眠くもなるか。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式9」

個人的には、クイーンのコーギーたちのあまりの可愛さにメロメロになりました。
ボンドと一緒に歩いたり、コロンと回転したり、ヘリを見送ったりと、
彼女(彼?)らの演技も素晴らしかったですねー! 世界的にコーギーブームになったりして。

そして、やっぱり登場しましたね~。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式3」

デイビット・ベッカム氏。

ギリシアから届いた聖火に、一番最初に点火させたのも彼。
開会式では「ベッカムが最終ランナーか?」と噂されていましたが、
もしかしたら、それ以上に美味しいボート操縦でしたね~。

なぜ、こんなにもヒーロー的な立ち位置なんだろう???
ロンドンに住むまではサッカーを観たことがなかったので、
彼の活躍がいかに素晴らしく、いかに英国に貢献したのか分かりません。残念~。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式6」

ベッカムが運転するボートが通過した、タワー・ブリッジには、
2週間前くらいから、オリンピックのマークが掲げられています。
ぱっと見は立派なもののように見えますが・・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式10」

意外にしょぼい造りだったりします。なんかペラっとしてる・・・ 

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式2」

そうそう、聖火リレーと言えば、英国内を巡るときに、カヌー競技?のプール?も
ルートの一部だったのです。アタマからガッツリ水をかぶっている・・・
でも、これしきで火は消えないようですね。何しろ聖なる火だからね!

最初のころは面白く見ていましたが、徐々に眠くなり、日本選手の入場は見逃しました。
なんたること・・・ これを一番楽しみにしていたのに・・・。

イギリスロンドン貧乏生活「ロンドンオリンピック開会式8

目覚めたのは、聖火を灯した後の花火のシーン。
オリンピック会場から、我が家まではやや遠いのですが、
ビックリして目覚めるほど、大きな音が聴こえてきましたよ。怖かった・・・

始まる前までは、まったく興味がなかったのですが、
根っからのミーハーなので、今やこまめに競技のスケジュールをチェックしています。
パラリンピックだけでなく、オリンピックも買っておけばよかったよ!

※開会式のほか、競技でも空席が目立っていますが、
あれらはスポンサー席のようです。もったいない! 売ってくれよ!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/07/27(Fri)

オリンピックが始まりますよ!

実はこの記事を書いているのは、オリンピックが始まる2日前。水曜日です。

先週は「すっかり秋深まりまして・・」なロンドンでしたが、
週末から、いきなり夏に逆戻り。何の前触れもなく、10度以上の上昇だもの。
人生初の夏バテなるものを経験しております。しんどいねー!

火曜日は中心街のデパートに用があったので、
仕事後、バスに乗ってみたのですが・・・ 日中気温30度でエアコンなし。
バス内はサウナさながらでした。運動せずとも、いい汗かいちゃう!
中心街は人がグンと増えていました。オリンピック期間は、
デパートや路面店の営業時間が拡大するけど、人の多さに買い物に集中できないな~。
オリンピック効果でちょっとは景気が良くなるといいのだけど・・・
私が日本にいる間だけでも、ポンド高になればいいのだけど・・・

イギリスロンドン貧乏生活「オリンピックの聖火」

オリンピックの聖火は、この週末からロンドン入りしたようです。
朝にぼんやりテレビを見ていたら、ロンドンアイのカプセルの上に
聖火を持った女性が立っている映像が流れるんだもん。
やたら可笑しくて、一人で大笑いしてしまった(疲れてんのかな、私)。

知り合いのイギリス人男性は、聖火ランナーのたすき役として
テレビにちょーっとだけ出ていました。どうやって選出されたんだろう。
ちなみに、本社の男性社員の妹さんが聖火ランナーをしていました。
超田舎なので若ければ誰でもいいのかしら? なんて思っていたけど、
マラソンを本格的にやっている女性とのことで・・・ ちょっとでも疑ってゴメンね。

オリンピック中、どれほどの混乱があるか分かりませんが、
マラソンや自転車競技などは、ロンドン市内を走るようですね。
その影響でレースの当日は、朝3時から道路が閉鎖されるようです。
休日だから一般的な社会人に影響はないとしても・・・ 土日は引きこもり決定かなー。

イギリスロンドン貧乏生活「トライアスロンのプール」

そうそう、トライアスロンはハイドパークの池(写真上)を泳ぐらしいですよ!
その池というのは、普段は白鳥などの鳥たちが優雅に泳いでおります。
オリンピックのためにキレイにするんだろうけど・・・・
選手の何人かはお腹壊すんじゃないかなー。普段の池を見ているので、私は泳ぎたくないぞ。


本日、明日と市内の一部では抗議行動が行われます。
オリンピック関係者の車だけが走行できる(タクシーは走行できない)、
「オリンピックレーン」の廃止を訴えるものだったり、
清掃業者の賃上げ要求だったり・・・ もろもろあるようです。

最もけしからんなーと思ったのは、ヒースローのイミグレ職員のストライキ!
なんと、開会式前日に行うという告知があったんですよ。
もちろん、それは回避したようですけどね・・・ 賃上げしたのかなー・・

イギリスロンドン貧乏生活「オリンピックのマスコット」

そういえば、街中の至る所にキャラクターを設置し、それを探しまわるという、
ロンドンお得意のイベントがひそかに始まっていました。
イースターのときは卵探しでしたが、今回はオリンピックのマスコット!

気持ち悪くて、あんなに大嫌いだったマスコットなのに・・・
今では気になる存在になりました。なんだか可愛らしい・・・ 好きかも・・・

イギリスロンドン貧乏生活「オリンピックのマスコット2」

お尻がとってもキュート!!!! 
あまりにかわいくて、あやうくキーホルダーをお土産に買うところだったよ。

先月まではウンザリしていましたが、マスコットのおかげで気持ちが盛り上がってきました!
居住地でオリンピックが開催されるって、滅多にないことですもんね。
というわけで、8月3日か4日にオリンピックスタジアムを見学してこようと思います。
入場だけなら10ポンドだっていうしね♪

今週からの真夏日続きで、やや夏バテしてるけど、
オリンピックには快晴がよく似合う! いい大会になるねー!


・・・えーっと。27日の開会式。雨です。
来週から、再び秋の装いです。

さっすがイギリス! 期待を裏切らないよ(泣)!

※BBCの天気予報は当日でも晴れるので、開会式はきっと晴れるさー・・・
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/06/28(Thu)

イギリスの野外フェスティバルに行ってきますよ!

レディング、グラストンベリー、プロムスなど、夏のイギリスは、
さまざまな音楽イベントが目白押しなのです。お金のやりくりに困ってしまう。

実は、野外フェスティバルなるものは、エアジャム2000(野外かな?)しか行ったことがありません。
フジロックに行きたいなーと思いながらも、キャンプしたことないなーとか、
暑いだろうなーとか、シャワーやトイレが心配・・・などの理由(つまり億劫)で、
一度も行くことのないまま、イギリスに来てしまいました。

ロンドンに住むようになってからは、冷水シャワーを浴びたり、
宿泊先のシャワーが使えず、汗だくまま寝たり、空港で野宿をしたり、
賞味期限切れまくりの物を食べたり、汚いレストランで食事をしたりと、
良い意味で物事を気にしなくなった&潔癖ではなくなった(汚くてもへっちゃら♪)ので、
思いきって、野外フェスティバルに参加することにしましたー!!! 


・・・まあ、参加の意図はシガー・ロスの出演が決まったからなんですけどねー。
夢でしたから、彼らのライブを観ることが。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル」

参加する野外フェスティバルは、Bestival
イギリス南部のワイト島内で毎年9月に行われている、自然との共生を目的とした音楽イベントです。

4日間にわたる期間中は、多くのライブやDJイベントのほか、
サーカス、コメディ、映画なども行われているようです。
もちろん会場にはバー、飲食店なども勢ぞろい。
太陽が出ているうちから、お酒を飲み、良い音楽に身を委ねる・・・ 最高すぎる!

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル4」

当初は、ワイト島の海岸近くのB&Bに泊まる予定でしたが、フェスティバルといえばキャンプ!
夜のDJタイムに酔いしれ、眠くなったら寝る。これがきっと、フェスティバルの楽しみ方♪

とは言え、友人も私もキャンプをしたことがないので、
今回は「ブティック・キャンプサイト」を予約してみました。
テントを設営する手間が省けるだけでなく、物によればマットレスや電源完備!
キャンプ初心者(というか小心者むけ?)にはピッタリですよねー!

私たちは、写真のpodpadなるものを予約してみましたよ。
室内にはマットレス2個、棚、電気、鍵つき。ソーラーパネルで集めた電力も使うことができます。

「ブティック・キャンプサイト」にはpodpad以外にも、さまざまな施設があります。
ホテルさながらの設備を整えた施設、10人ほどが寝ることができる大きなテントなどなど。
そして、「ブティック・キャンプサイト」専用のシャワー、トイレが設置されているようです。
大混雑するだろうし、シャワーは多分水になっちゃうだろうけどね。
日本へ一時帰国したとき、水のいらないシャンプーを購入しとこうーっと(まだ売ってる?)。

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル3」

ちなみにべスティバル最終日の9月9日は、私の36回目の誕生日なのです!
なんとこの日に大好きなシガー・ロスがライブを行い、
そして、ヘッドライナーはスティーヴィー・ワンダー!!! 泣いてしまいそうだ。

初フェス。今から楽しみで仕方がない!
泥んこだらけになって、みんなで大笑いするんだ!

★Bestival
http://2012.bestival.net/

【追記】
ベスティバルグッズがセルフリッジで販売されてる~・・・
クーラーボックスかわいいなあ~・・・ ほしいなあ~・・・

イギリスロンドン貧乏生活「べスティバル2」
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/06/03(Sun)

6月2日はエリザベス女王の即位60周年でした!

6月2日、出掛ける前にネットを開いてみたら・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリーグーグル」


グーグルのトップページ(UKのみ)が、ダイヤモンド・ジュビリー仕様になっていました。

今から60年前の1952年6月2日。26歳の若さで女王に即位したエリザベス2世。
日本人の私にとっては「そうなんだ~」程度の出来事ですが、
この60周年を記念して、6月2日からまさかの4連休ですよ! うれしい!
さまざまなイベントが予定されていますが、せっかくの連休。国外逃亡します。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー8」
↑ピカデリーサーカス駅そばのエロス像周囲は、いつも通り、多くの人で賑わっていました

・・・国外逃亡するとは言え、お祭りムードのロンドンも気になる。
「旅行に必要な物を購入しなくてはならない」を口実に、中心街に出てみました。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー2」

リージェントストリート、オックスフォードストリートなど、中心街の道の至る所で、
ユニオンジャックが踊っていましたよ。華やかに見えるなあ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー」

6月2日の王位継承日に、女王は「エプソン・ダービー(競馬)」を観戦していました。
・・・・記念日だから式典のようなものをやるのかと思いきや!
まあ、好きなことをやるほうが記念日っぽいのかな?

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー3」

バッキンガム・パレスそばのセント・ジェームズ・パークでは、
ダイヤモンド・ジュビリーグッズが売りだされていました。
帽子、Tシャツ、旗は分かるけど、お面ってちょっと失礼じゃないかな・・・
だって、目の部分がくりぬかれてるんだよ・・・ こんなの誰が買うんだろう・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー4」

いやはや、大人気でした。ダイヤモンド・ジュビリー・ショップ。
そういえば、街中では女王のお面をかぶった人を何人か見かけたなあ・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー5」

バッキンガム・パレス周囲は、いつも以上に混雑しているため、警察はもちろん、
騎馬隊もパトロールに力が入っているようです。馬の目はいつも優しいので、緊張感ゼロ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー6」

尻尾の毛って、パトロール前にカット&ブローしてるのかな? やけにサラサラしてますよね。
髪が伸びるとウネウネする、クセっ毛持ちの私は、馬の尻尾ですらも嫉妬の対象です。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー7」

バッキンガム・パレス前にいる衛兵さんが、道端にもいらっしゃいました。
何を守っているのか分からないけど、観光客(+私)の写真攻撃で疲労しているご様子。
この帽子って頭皮と毛髪に悪いだろうなあ。暑い日は、ムレムレですよね。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー10」

6月3日(日)は、1000隻以上の船がテムズ川を下るイベントが予定されています。
この日のように晴れれば、その様子は豪華絢爛、圧巻なものでしょう。
でもねー・・・ 6月2日現在の天気予報は雨。しかも11度。・・・テレビで観よーっと。
そういえば、友人は徹夜して場所を確保するって言ってたっけ。風邪引きそうだ。

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー9」

そして6月4日(月)には、バッキンガム・パレス周囲でコンサートが行われます。
ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダーのような大御所から、
エド・シーラン、ジェシー・Jなどの若手も登場し、女王の即位60周年をお祝いします。

連休最終日の6月5日(火)は、セントポールをパレードするみたいですよ。
場所取りが大変そうだけど、王家が絡んだパレードは華やかで面白そうだな~。

そうそう。
女王は愛犬家として知られていますが、犬の中でも特にコーギーが大好き。
今も3匹のコーギーを飼っているんですよ。だから、グーグルのロゴにコーギーが書かれてるんですね!

イギリスロンドン貧乏生活「ダイヤモンドジュビリー11」

↑5匹の子どもたちを育てる肝っ玉母さんは、「フーフー」言いながら観光客を脅していました。
ダイヤモンド・ジュビリーの1カ月後は、ロンドンオリンピック。
あなたの苦悩は、まだまだ続きそうだよ?
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/05/30(Wed)

マラソンでチャリティに参加

街中のチャリティショップやチャリティ番組で集まる募金総額など、
ロンドンで暮らしていると、「チャリティ」という言葉がとても身近なものに感じます。

チャリティと聞いて、ぱっと思い浮かぶものは募金ですが、
イギリスではマラソン、ウオーキング、サイクリングなどのスポーツイベントも
チャリティの一環だったりします。つまり、参加費用がチャリティとなるのです。
もっとも有名なところでは、毎年4月に行われるロンドンマラソンでしょうか?
(日本でも同じことが行われているのかな??)

先週末は、テムズ川の近くでチャリティマラソンが行われていましたよ。

イギリスロンドン貧乏生活「マラソン大会」

この日は、朝から大変暑かったので、参加者の表情からは疲れの色も・・・。

前方グループは、日ごろからトレーニングしてそうな人たちですが、
後方になるにつれて、「歩いたほうが早そう」な人たちの姿も・・・。
参加することに意義があるとは言え、先週末のような暑さでは、
かえって体調を崩す人もいるのでは・・・と心配になります。

イギリスロンドン貧乏生活「マラソン大会2」

水のシャワーで体力回復!!!! この水を飲んでいる人もいました。

参加者たちも大変ですが、炎天下の中、ずっと立ちっぱなしで
声援を送り続ける実行委員の人たちも大変だろうなあ・・・
ちなみに私は過去、こっそり5キロのチャリティマラソンに参加したことがあります。
トレーニングなしに走ったにしては、しっかり完走できましたよ! 

イギリスロンドン貧乏生活「マラソン大会3」

そうそう、沿道には音楽で応援する人たちの姿もありました。
彼らは半そでだけど、民族衣装のような長袖&長ズボンの楽器隊もいましたよ。
再び、このエリアに戻ってきたとき、楽器隊の皆さんはグッタリしながら、
近くのパブでビールを飲んでいました。お疲れさま・・・・


チャリティマラソンやウオーキングに参加するため、日ごろトレーニングをする。
トレーニングの継続により、太りすぎを防止したり、健康な体作りにもなる。
そして、イベントに参加すれば、チャリティにも参加することになる。・・・いいね!
今はトレーニングをサボっているけど、仕事やプライベートが落ち着いたら、
ジム通いを再開して、チャリティマラソンに参加しよう。次は10キロだ!


★チャリティイベントを探す
Marie Curie
http://www.mariecurie.org.uk/en-gb/events/
Cancer reserch
http://raceforlife.cancerresearchuk.org/choose-your-event/index.html

上記2つのチャリティ団体主催のイベントをよく見かけます
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/05/14(Mon)

夏の足音が聴こえる

ロンドンの5月は1年の中でも、晴天に恵まれる日が多い!

・・・と思っていましたが、今年に限っては違うようです。
スペインに行く前も、戻ってからも、春とは思えないほど肌寒く、どんより曇り空。
「夏が来る前に、秋っていうか冬になるのでは・・・」と怯えておりましたが、
先週金曜日から、かすかに夏の足音が聴こえてきました! やった!


ロンドンは日本同様、夏をピークに楽しいイベントが目白押しです。

たとえば、約2カ月にわたるプロムス
これはロイヤルアルバートホールで行われる、クラシックコンサートのこと。
世界的に有名なオケ、ソリストを一番安い席なら1000円以下で聴けてしまうのです!

音楽つながりで言えば、忘れちゃならないレディング&リーズ・フェスティバル
2010年には、再結成したリバティーンズが登場しましたよね。
今年は、アット・ザ・ドライブ・インが登場ですもんね。ほかのメンツも素晴らしいなあ。

イギリスのフェスで一番有名なのは、グラストンベリーになるのかな?
今年こそ行ってやる! 泥んこになってやる! と思っていましたが、
なんとなんと今年は休催ですよ! そもそも、グラストンの会場は農場なので、
おおよそ6年に一度の間隔で、農地を休ませなくてはならないようです。ガーン。

そのほか、野外での演劇(シェイクスピアが多いのかな?)、オペラなども行われます。
イベントとはちょっと違うけど、6月になると公園内のガーデンでは、
目にも鮮やかなバラが咲き乱れます。リージェンツパークのバラ園は無料なので、
この時期にUKに来る方は、是非遊びに行ってください。

無料と言えば・・・・ 12日土曜日にトラファルガー・スクエアで、
クラシックコンサートが行われていました。教えてくれた同僚に感謝!

イギリスロンドン貧乏生活「トラファルガースクエアのコンサート

ちょっと早めに行って場所取りをしようと思ったら、コンサートの1時間前なのに、
早くもこの人だかり! みんな、どこで情報を仕入れているんだろう・・・?

イギリスロンドン貧乏生活「トラファルガースクエアのコンサート3」

地べたに座っている人を対象に、2ポンドでクッションを売る(貸す?)業者の姿も。
長い時間、地面に座っているとお尻が痛くなっちゃうもんね。良い商売です。

イギリスロンドン貧乏生活「トラファルガースクエアのコンサート5」

この無料コンサートに登場したオケは、ロンドン交響楽団! 指揮者はゲルギエフ!
プログラムは、ストラヴィンスキーの「火の鳥」と「春の祭典」。なんと贅沢・・・!

道を走る車や頭上を飛ぶ飛行機の音、ひそひそ話す人の声や息遣い、
それらすべての音が、演奏を構成している・・・ つまりは、わたし自身もオケの一員。
屋内とは違う、野外ならではのそんな幸せな錯覚を覚えました。

今年はオリンピックイヤー、そして女王様の即位60周年記念の年。
例年以上に無料イベントが多く開催されそうですね! チェックしなきゃ!
Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/04/06(Fri)

ロンドン市内でエッグハント!

グッド・フライデーです。
わたしはミーハー精神に負けて、ホットクロス・バンを食べているのだろうか。
(ブログは予約配信しているので、今の気持ちでは食べない予定)

甘いパンは、さておき。
3月ころでしょうか? ロンドン市内のあちこちに、巨大タマゴが登場しました。

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ8」

これは、ちょっと(かなり)気持ち悪い。毛むくじゃらタマゴ。
いつだか忘れたけど、街中に「ゾウさん」が大量に出没したことがありました。
今度は巨大なタマゴです。イースターだから、エッグハントってことですね。

何の企みだろうかと思い、エッグハントのサイトをチェックしてみたら、
巨大なタマゴをオークション販売し、そこで得た収益金はチャリティとして使用するようです。
チャリティ団体は、絶滅の危機にさらされている動物たちの保護を行うElephant Family
そしてイギリス国内で、育児放棄を受けた子どもたちを支援するAction for Children
チャリティの国、イギリスならではの企みですね~。

タマゴのオークションは、サイトのオークションページで行われています。
1000ポンド台が平均ですが、中には4000ポンド以上のものも。私の給料の倍以上だよ・・・

オークションには参加できませんが、街中でエッグハント(見るだけ)はできます!

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ11」

サイトには、ドラクエのような地図がPDFでダウンロードできるようになっています。
ドラクエ好きとしては、かなり興奮しますが、発見の楽しみが半減するのでダウンロードしてません。

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ」

タマゴは街中の至る所に、無作為に置かれています。
若手アーティストから、有名どころまでが、このプロジェクトに携わっています。
こちらは日本人のDaisuke Sakaguchiさんという方の作品です。
ロンドンでも若者に人気のエリア、カーナビストリートのすぐそばです。
こんな良い場所に、日本人の作品がある・・・ 何だか感慨深いな~!

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ2」

これは、バッキンガム宮殿そばの公園セントジェームズパーク。
川の中にタマゴが設置されています。大変だっただろうに、川での作業は・・・

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ4」

建物の屋上部分にも、タマゴが設置されていました。
上を見て歩いてないと分かんないなあー。

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ6」

こんな面白い仕掛けのタマゴもありました。自由度が高いなあ

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ5」

正面を見る限りじゃ、手抜きタマゴですが、後ろにはちゃんと仕掛けがありました。かわいい・・・

そのほか、わたしが見つけたタマゴを抜粋してお届けします!

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ7」

道ばたやホールのそばに、いきなり出現します。

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ3」

公園内にも無造作に設置されています。

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ10」

タマゴは公園のような、緑あふれる場所が似合うなあ~

イギリスロンドン貧乏生活「イースターエッグ9」

アーティストたちが関わっているので、どれも個性があって面白いですよね!
わたしは遊んでいる最中に、タマゴを見つけたら写真におさめていましたが、
エッグハントだけを目的に、街を歩き回っている人もいました。
何回か同じ人とタマゴの前で会いましたからねえ~。
そのたびに、「あ、ども」というような合図を目で送りあったものです(不思議なつながり)。

4月3日~9日まで、このタマゴたちはコヴェントガーデンに集結するようです。
全部で200以上の巨大タマゴ展。
イースターはどうせ暇だし(ジムしか予定がない)、遊びに行ってみよう~。

Home | Category : イギリス・ロンドンのイベント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。