• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/14(Tue)

コリン君に会いたくて

我が家のぬるいシャワー問題は、1カ月経過しても改善されません。

先日の雪の日には、心底凍えました。なんだか惨めな気持ちにもなる。
大好きなシャワータイムが、もはや拷問でしかない。
・・・これは、健康的にも、精神衛生上にも良くない。とても良くない。
検討に検討を重ねた結果、ちょっとお金がかかるけど、ジムに契約してきました!

イギリスロンドン生活「virgin active」

ジムに行く途中の家のワンちゃん。番犬よろしく、堂々としています。
・・・でも、何となく、情けない顔に見えてしまう。
住宅街を抜け、20分ほど歩いたところに、契約先のジムがあります。

イギリスロンドン生活「virgin active2]

Virgin Activeでーす! 言わずと知れた、Virginグループでございます。
このジムに決めた理由は・・・・

◎1カ月ごとに契約が可能(たぶん途中で飽きるから、年間契約できない)
◎マンスリー契約は年契約より高いけど、全国のVirgin Activeをいつでも利用できる
◎Virginの赤色が好き

あとは、見学に行ったときに対応してくれた、コリン君(若い)が決め手です!
若い子にありがちな「Cool!」、「Perfect!」が口癖の、ちょっと薄っぺらい子ですが、
イヤな顔ひとつせず、ゆっくり喋ってくれたのが、本当にありがたい・・・
ほかのジムでは、「Sorry?」と尋ねると、途端にイヤな顔をしてたからなあ。
コリン君、接客業に向いてるよ! アイドルみたいな顔してるし!

イギリスロンドン生活「virgin active3」

コリン君の笑顔が後押しとなり、契約書にサインをしてしまいましたが、
このジムは、日本で通っていたジムよりも良い感じで大満足。

・ロッカールームが広々、清潔。勢いのあるドライヤーが10個もある!
・サウナルームが2つ。手前はミスト!
・シャワールームは14!!!
・マシンの台数も十分にある。しかも、女性専用ルームがある(まだ利用してないけど)!

利用客がそれほどいないので、思う存分、トレーニングができるし、
サウナにこもることだってできる。これで、毎月約6000円くらいかな? 
私の給与額を考えると、若干予算オーバーだけど、
Virginすべてのジムを利用することができるので、
中心街に買い物に行った後で、ジムで汗を流したり、
友だちと食事後に、シャワーを浴びたりできるわけです。

私の行ってるジムには、スパはありませんが、
中心街などには、とても大きなスパがある。
のんびりお湯につかりたいときは、中心街に行って、のんびりお湯を楽しみ、
その後、お気に入りのワインバーで飲むっていうのも楽しいなあ。

契約して良かった! 
健康になれそうだし、コリン君にも会えるし!


追記)
我が家の体重計は、場所により10キロくらい違いがあります。
そのため、英国滞在中は何キロあるか、さっぱり分からない。
ジムには体重計があるので、ダイエットの励みになりますな!!!
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2012/02/13(Mon)

偏った栄養を見直したい

ロンドンでは、基本的に自炊です。
毎日外食だと飽きちゃうし、お金ばかりがかかってしまいますから。


ロンドンに来るまでは、あまり料理をしたことがなかったため、
渡英当初は、えらく苦労した覚えがあります。
今はだいぶ慣れましたが、ここで新たな問題に直面。


わたし、栄養偏り過ぎ・・・

家では野菜しか買わないので、外食に行かない限り、
動物性由来の栄養が、圧倒的に不足する。特に魚。

ロンドンで魚と言えば、タラなどの白身、サーモン、サーディン、サバかな?
スーパーに行けば、もちろん、それらが売られていますが、
なんとなく、鮮度が悪いように思える。しかも、我が家のキッチンには、
換気がないので、魚を焼くと、においや煙が立ち込め、大変なことになる(経験済み)。

カンヅメのサーディン、サバ、サーモンなどはあるのですが、
昔から、カンヅメ物って、どうも苦手。だから、滅多に買わない。
鮮度の良いお魚は、フィッシュマーケットで入手可能ですが、
早朝に始まり、朝5時、6時には終了してしまうという、
日本でいう築地市場のような場なので、一般庶民の私にはハードルが高い。


ビタミンB、お魚に含まれるDHAやEPA。
血液をサラサラにし、中性脂肪や血中コレステロールを下げる。
酒飲みには、大変ありがたい栄養素が、今、私の体には圧倒的に不足している。
これからもお酒を飲み続けるために、栄養や健康管理に気を使っていたのですが、
一介の素人が栄養学を、ネットからつまみ食いしても、うまいこといかない。

イギリスロンドン生活「サプリメント

そんなわけで買っちゃいました、サプリメント!

パッケージが非常に毒々しいのですが、DHAやEPAなど、
不足しがちな栄養がふんだんに含まれております。
イギリス在住10年以上の方に教えていただきました。
長年日本に住んだ後、海外で暮らすと、栄養のバランスが崩れ、
体調不良になる人が多いですからね~。彼女も、私も、例外なく体調を崩しました。

サプリに頼ることは、なるべく避けたいところですが、
摂取できないのであれば、サプリを避ける理由はないですからね・・・

なぜ4つも購入したかと言えば・・・

普段は1個26.99ポンドだけど、2個買えば27ポンド!
しかも50ポンド以上なら、送料無料!


・・・この王道メッセージに、まんまとつられました。
イギリスは、2個で1個の値段、2個買えば安くなる!
というプロモーションが多いですからね・・・ 
毎回、まんまとハメられてしまう、良いお客さんです。

イギリスロンドン生活「サプリメント2」

こっちのサプリのサイズって、日本に比べると巨大。
たっぷりの水で飲みこまないと、オエッっとなります。涙目決定。

サプリを買ったからって安心せずに、毎日しっかり飲み続けたいと思いマース!


サプリを買った店は、英国内チェーン展開中のHolland and Barrettです!
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/01/29(Sun)

ジム難民である

先日の風邪により、おかげさまで正月太りどころか、
ロンドン太りも解消されつつある今日このごろ。うれしい。
これを継続し続ければ、帰国時に「太った」だの、
「たくましい」だの言われることはなくなるだろう。ふふ。


タイトルにジム難民と書いたのは、ダイエットというよりも、
あたたかいお湯を、ふんだんに使えるシャワーが目的なのだ。


我が家は、大家さんがマメに掃除や補修をしているので、
ぱっと見はキレイ。でも、築年数が100年以上は経過しているので、
家の老朽化は、どうしたって深刻である。
たとえば、私の部屋の机の上に、まれに散らばる謎の粉。
これ、天井のヒビから舞い落ちたものですから。
なんとなくだが、体に悪いような気がしてならない。

家同様、ボイラーも老朽化が進んでいる。
そのため、ボイラーがフル稼働する冬は、何らかのトラブルに見舞われるのだ。
昨年は、セントラルヒーティングが沈黙したため、
部屋にいながら、「わあ~、息が白いよ」な日々。



・・・・そして、今年はシャワーが危篤状態である。


お湯が出るのは、わずか5分。
それ以降は、血液も凍るような冷水のみが放出される。
滝にうたれる修行僧さながら、ブルブル震えながら身を清めることになるのだ。
これは、非常につらい。実につらい。
病が長引いたのも、冷水シャワーが原因だと、ひそかに思っている。

我ながら根性のあるほうだと自負しているものの、
俗世にまみれた身に、冷水シャワーは2分が限度である。
それゆえ、最近のシャワーは5分以内です。カラスの行水とはこのこと。



ってことで、探しているんです、ジムを。

当然、英国にもジムはある。
我が家から徒歩15分圏内には、日本で言うオアシスのような
全国チェーンのジムが3店舗もある。


ただ・・・ 高い、狭い、汚い。


「汚い」ということに関しては、英国3年超の生活で慣れたものである。
こんなのは、大して問題ではない。どうでもよい。
貧乏人としては、予算とそれに見合う活用が、できるか否かが重要なのだ。


「今の時期は、みんなジムに通いたがるからねえ」


とは、在英10年超の同僚の言葉。
なるほど。日本も英国も同じだ。

クリスマスだの、ニューイヤーだので
ぷっくり超えた体を鍛えたいってのかい?
新年だから、新しいことにチャレンジしたいってのかい?


はい、その通りです。


そのようなを返答してくるような人々で、我が家のそばのジムはごった返しているのだ。
金を払っても、マシンを使えない、スタジオでは人に遠慮して思うように動けない、
挙句の果てに、シャワーを長時間浴びることができない。金の無駄である。
(↑他人なんて気にしなければ良いのだが、わたしは気になる。日本人だもの)


途方に暮れながら、市が運営するジムを調べてみると・・・


1年間で50ポンド!!!!! 
ジムは月額54ポンドくらいするというのに!!


安い。不安を覚えるほど、むちゃくちゃな安さである。
サイトを見る限りでは、施設自体は美しい。
十分な数のマシンが揃い、さらにはプールもついている。


「私は、市が運営するジムに通うことにした!」


うれしさのあまり、同僚に宣言すると、彼女は途端に顔をしかめた。


「やめたほうがいい」


普段、あまり強いことを言わない彼女が、珍しく、きっぱり言い放ったのである。
彼女がすすめない理由は・・・・


そこに通っていたフランス人の友人が、

「あんなにドロドロとしたプールの水、初めて見たよ」

心底うんざりした表情で、愚痴をこぼしていたから、とのことである。



・・・ドロドロとした水? プールでドロドロ?
息継ぎをした拍子に、そのドロドロ水を飲んだら、どのような症状に至るのか。
腹痛? 嘔吐? それとも下痢? 想像だにできない。

数少ない英人に話を聞いてみると、

「僕は大丈夫だけど、日本人は絶対無理だと思う。色んな物が浮いてるから



いろんなものって何!? ねえ、何が浮いてるのー!?





ってことで、ジム難民生活は、まだまだ続きそうです。
・・・こうしてるうちに、冬が終わり、春が来て、夏になるんだろうな。
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/21(Wed)

あと4日で出発!

サマータイムが終了してから、月日の流れが早すぎます。怖い。

今年のロンドンの冬は、毎日温暖で、天気もわりと良くて、
かーなーり快適! 昨年までは、どんより暗く、
みじめさに苛まされていましたからね~(泣)。
これも温暖化の影響なのかな?

さて、ロンドン出発まで、残り4日間になりました!
こっち時間では25日13時、日本時間では25日22時ね。
同僚が私より2日早い23日の出発なので、
二人とも、心ここにあらず、仕事にならずな状況です。


一時帰国は楽しみですが、荷造りが面倒すぎる。
いつもの2泊3日程度の小旅行なら、小さなバッグで事足りるけど、
長期の旅行となれば、そうもいかない。
しかも今回は、本帰国前最後の一時帰国になるので、
これからのシーズンには着そうにない服、大切な物などは持ち帰っておきたい。

で、パッキングしてみたら28キロだった。
預け荷物は23キロまで。5キロも多い。

詰め直してみたら、今度は30キロになっていた。


・・・なぜ、2キロも増えるんだろう?


どれも必要な物ばかりなので、置いていくわけにはいかない・・・
そこで、今回利用するVirgin Atlanticのサイトをチェックしてみると・・・



・預け荷物1個追加だと32ポンド
・23キロ~32キロの超過の場合は30ポンド

とのこと。

超過にするか、預けを増やすか迷いましたが、
そもそも23キロ以上の荷物なんて重過ぎる。
電車やバスの乗り降りを考えるだけでウンザリである。
というわけで、預け荷物を追加することに。

航空会社にもよると思いますが、オンライン上であらかじめ
預け荷物の申請をしておけば、料金が割引になることが多いです。
ちなみにVirginの場合、当日だと40ポンドになっちゃいます。
(超過の事前申請はできません)


私は今回、明らかに超過になるので追加料金を支払いましたが、
2キロ程度なら、工夫により料金を支払わなくて済む場合もあります。

1)工夫しなくても見逃してくれる
以前までは2~3キロ程度なら、見逃してくれましたが、
最近は重量に対しての取締りが厳しくなったため、期待は薄い

2)カウンターが閉まるちょっと前にチェックイン
ほかの乗客の積荷重量が確定しているので、
余裕があれば3~5キロオーバーでも見逃してくれる
でも、行き先がリゾートなど荷物が多そうな場所だと厳しい
しかもギリギリにチェックインだと、セキュリティが混雑していたら
かなり焦るうえに、免税店での品物を購入する時間もない(いらないけど)

3)コートに物を詰め込む
大きなポケットがあるコートがベスト。本、充電器など、
重さのあるものを、ポケットが変形するくらいに詰め込む。
チェックインが終了したら、詰め込んだものを手荷物に移し変えましょう

4)重い手荷物を涼しそうな顔で持つ
手荷物は6~10キロ制限です。巨大なバックパックなど、
「見た目的に重そうな手荷物」は重さチェックを受けることになりますが、
肩がけのカバン、小ぶりなリュックであれば、
ちらっと見せるだけでOKが出る場合もあります(海外の空港にありがちかな?)。
ただし、スペースに余裕があるように見せる、
どんなに重く、肩がもげそうになっても、涼しい顔でいることがポイントです


・・・・超過がバレた場合は、当然、料金が取られます。
ちなみに、モスクワで7キロ超過で100ユーロを支払った知り合いがいます。
ドキドキするよりは、前もって追加料金を支払ったほうがいいですよね!

さて、あと4日。
楽しみ、楽しみ!
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2011/11/10(Thu)

大好き!BBC!!

日本にいたとき同様、こっちでもテレビっ子であります。
常に金欠だから、基本的には家にいることが多いしね。

私の部屋のテレビは、なんとBBC1しか映らないので、
家にいるときは常にBBC1を観ることになります。
前の家はデジタルに入っていたので、
BBCはもちろん、itvやskyなども見放題だったのに!
なーんて最初のうちは悲観してたんですけどね。

でも、BBC1だけで十分のように思います。
朝のニュース、当たることのない天気予報、
イギリス人の適当っぷりが目立つ料理番組、コメディ、
ドラマ、そしてドキュメンタリー。
渡英当初はどれも面白くなかったのに、今じゃワクワクしてしまうから不思議。

何となく観てしまうのは、イギリスの「渡る世間」的ドラマ『EastEnders』。
ロンドン東部を舞台とした作品で、なーんと1985年より放映されています。
19時30分や20時などのゴールデンタイムなのに、
殺しあり、不倫ありの何だか殺伐とした番組ですが、
あれこそがまさに等身大のロンドンなのかな?という気もします。
ただ、ストーリーの展開がものすごく早い。
それなのに週4回もやるから、1週間くらい見逃すと、
登場人物がケガしてたり、どっかの国に行っちゃったりと、
話にまったくついていけなくなります。

もうひとつは、病院を舞台にした『HOLBY CITY』。
話は面白いと思うけど、手術シーンがすごくリアル。リアルすぎる。
そのシーンのときだけは、思わず目をそらしてしまいます。
俳優さんたちの嘔吐シーンも迫真すぎて、本当に吐いてるのではと思っちゃいます。

コメディはどれも面白いけど、毎週欠かさず観たいのは・・・

イギリスロンドン貧乏生活「ミランダ」

ミランダです! 写真の女性、ミランダが繰り広げるドタバタコメディ。
転んだり、下着姿で街中をかけずり回ったりと忙しない。
カメラ目線になったり、素っ頓狂な声を挙げるたびに、
おかしくて、おかしくて、ゲラゲラ笑い転げてしまう。一人で(淋)。

そのほか、BBCのアナウンサーやコメンテーターをパロった番組もあります。
テレビを観る度に感じていた「この人、ちょっとリアクションが激しいなあ」とか、
「やたらとうるさいなあ」は、イギリス人も感じる所のようで、
番組ではそれを大げさに表現しています。これまた一人で大笑い。

イギリスロンドン貧乏生活「the young apprentice」

挑戦もの?っていうのかな? 『The apprentice』も好き。
最後の一人に残るため、12人の候補者たちが
写真中央のLord Sugarの出すお題に取り組みます。
たとえば、花を売るためにはどうすればいいか?
乳幼児を持つ母親が喜ぶ物は? その販売方法は? 
など、利益を挙げるための企画立案から実行、結果など、
ビジネスの一連の流れをコンテストするのです。

一人ずつ候補者をクビにしていくのですが、その時の言葉が・・・

イギリスロンドン貧乏生活「the young apprentice1」

候補者を指して、「You are fired」 ・・・カッコいい!!!!!!
Lord Sugarは英国のミリオネアです。彼の言葉には、イチイチ重みがある。

イギリスロンドン貧乏生活「frozen planet」

そして、BBCと言えば、やっぱりドキュメンタリーでしょう!
特に動物、自然系のドキュメンタリーは素晴らしいの一言。
動物たちの愛らしい姿はもちろん、生死についても考えさせられます。
今は南極、北極大陸を舞台にした『Frozen Planet』シリーズです。

日本ではドキュメンタリーを映画化して放映してるみたいですね。
このシリーズのナレーターさんの声が好きなので、
できれば字幕で放映してほしいところですが、
子どもたちが楽しみながら、地球のこと、生命のことを知るには、
吹き替えがピッタリですね。もちろん大人が観ても感動すること間違いなし!

日本でもBBCのiPlayerを観ることができたらいいのだけど、
これはイギリス国内限定のようですね。ガッカリ。
何とかして、日本で観ることができないかなあ~?
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2011/11/07(Mon)

キッチンの強い味方を手に入れた!

今月は(というか毎月だけど)外食するのが厳しいほど金欠、
そして、オクトーバーフェストで強打した腰が痛むため、
もっぱら自炊&引きこもり生活中です(泣)

料理を作るのは嫌いじゃないので、自炊自体は問題ではないのですが、
味噌汁を含めた汁もの好きとしては、
寒さが厳しくなるこの時期に、是非とも購入しておきたいものがあります。
先日は、それを購入しに、我が家からバスで30分のところにある、
24時間営業のテスコに行ってきました。

イギリスロンドン貧乏生活「テスコ」

イギリスの秋、冬な空模様。まっしろです。

「イギリスで24時間営業か!やるじゃん」なーんて思っていましたが、
土曜日は24時まで、日曜日は10時~16時までの営業。
コンビニ王国で育った私としては、どうにもこうにも納得いかない。
まあ、営業時間を調べずに日曜夜に行って
悔しい思いをしたからだけなんですけどね(自己責任)。

そして、24時間営業とは言えないテスコで購入したのはコチラ↓

イギリスロンドン貧乏生活「ブレンダー」

ハンドブレンダーでーす!
ミキサーだと大きいし、幅を取る。でも、ハンドブレンダーなら、
少量を手早くジュース化できますからねえ~。一人にはピッタリ。

ちなみにメーカーは英国KENWOOD。
「日本では音楽のみなのに、海外では家電も作ってるんだ~」
なんて思っていましたが、日本の音楽メーカーとは別のKENWOODだそうです。

イギリスロンドン貧乏生活「ケンウッド」

上が英国のKENWOOD、下がおなじみ日本のKENWOODのロゴですね~。
こうして見てみると「ああ、違うよね」と思いますが、
お店で見たら「日本のKENWOODだ!」って勘違いしちゃうよね~。
もちろん、勘違いして購入しました。

さて、ハンドブレンダーのデビュー作は、パースニップスープだ!

イギリスロンドン貧乏生活「パースニップ」

白いニンジンのような感じですが、ハーブのような強い香りを持っています。
今まではベーコンと炒めたり、キンピラにして食べていました(ごぼうは高くて買えないから)。
レストランなどではローストして出しています。甘くて美味しい。
ニンジンのようにβカロテンが豊富にあるわけではないのですが、
ガン予防に欠かせない食品のようです(アメリカ調べ←ホントかな・・・)。

早速、玉ねぎと煮込んだ後、ハンドブレンダーを使用!
瞬く間にペースト状になりました。1分もかからない。
英国KENWOODすごいよ! 格安だったのに、すごいよ!
それにしても、前にカボチャスープを作ったときは、木べらでひたすら練ったり、
細かく砕いていました。すごく大変だった・・・

さて、スープ。
見た目的には、美味しそうなクリーム色。
ほんのり甘い香りが食欲をさそいます。

・・・が。

甘すぎる(泣)。
ガマンして口に運ぶも5口目でKO。
お腹がもったりして、気持ち悪さすら感じます。


敗因は牛乳、スープの素が明らかに足りなすぎたこと。
レシピ本も見なければ、味見もしないので、こういう失敗はよくあります。
失敗は成功のもとと言いますが、せっかくの夜ごはんが台無し。
近いうちに再チャレンジしよう~(たぶんね)
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/11/05(Sat)

イギリスで体調不良になったときは?

初渡英は今から3年前の10月1日。
風邪にかかることはあっても、大病を患うことも、
大きなケガをすることもなく、おおむね元気に暮らしています。

私が入社して2カ月後くらいに退職した女性は、
ひどい花粉症で、常に目を真っ赤にし、鼻をずるずる言わせていた覚えがあります。
「ああ、花粉症かあ。つらかろうねえ」と他人事だったのですが・・・
入社して2週間後くらいに、彼女と同じような症状に陥りました。

12月中旬くらいになると落ち着くので、「風邪だ」と思うようにしていますが、
サマータイム終了後の恒例イベントのごとく、
毎年11月になると彼女同様、花粉症のような症状になります(泣)

彼女と比べたら、私なんて大したことないのですが、
鼻がムズムズ&くしゃみが出るというアレルギー的な症状は、
これまでかかったことがないので、若干びびってしまうのです。
だって、日本では春先になると大きなマスクをかけ、
常に涙目、くしゃみの人が多いですからね・・・
「ああはなりたくないなあ」と思っていただけに、
毎年、ひどくなる状況に心穏やかではいられません。

ただ、今年は昨年とは違い、明らかな風邪からスタートしています。
喉がへらへらするうえに、腹をえぐるような咳が出る。
時おり悪寒すら感じる。風邪は嫌だけど、花粉症ではないという
裏づけになり、心ではワクワク。

薬を切らしていたので、足取りも軽く、
イギリスの薬局の中でも最大チェーンの「Boots」に行き、
体調不良のときのお供「パラセタモール」を購入。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのクスリ]

一箱45ペンスです。日本円だと約60円かな?

イギリスの病院(GP)に行くと、大した治療もせず、
「体調悪いの? だったら、これ飲んどいて!」と言いながら、
「パラセタモール」を処方してくださいます。
風邪だろうが、腹痛だろうが関係なし。

病院に来た人すべてに、「パラセタモール」を渡せばいい

というマニュアルがあるんじゃないかって思う。
予約に1週間くらいかかるのに、こんな適当にあしらわれてしまっては、
病院に行く気もなくなる。それ以前に病気になって1週間もすれば、
大抵の病気は回復してますよねー!(怒) タダとは言え、納得いかない。

そんなわけで、私は風邪や腹痛に悩まされたときは、
薬局に行って60円もしない「パラセタモール」のご厄介になっております。
一錠であれば、薬が苦手な私でも副作用知らず。

イギリスロンドン貧乏生活「イギリスのクスリ2」

これが効かなかった場合、「レムシップ」を飲みます。
熱いお湯にレムシップを溶かして飲みます。
平均3.50ポンドくらいかな。日本円で450円くらい。
レモン味でとても美味しいけど、冷めたら苦い。いかにも薬。
ぐいっと飲み干した後で、すぐに寝てしまえば、翌朝スッキリです。


そんな感じで、風邪だ~! 体調不良だ~! と言い聞かせ、
パラセタモール&レムシップの合わせ技で対抗したのですが・・・
本日、鼻がムズムズ&くしゃみ連発。
ひーひー言ってる私に対して「花粉症じゃない?」と容赦ない同僚の言葉。
いやいやいやいや、これは、風邪ですから!


★★

市販で売られている薬はさまざまありますが、
日本人にはちょっと強いかな?というものにはご注意を!
薬に弱い私の調べでは・・・

パラセタモール→レムシップ→イブプロフェンです

イブプロフェンは相当きつい感じがしますが、
同僚の知り合いによると、「バファリンのほうがキツイ!」とのこと。
バファリンは優しさでできているのに!

ちなみに、本当に重病の場合は、
GPの医者から紹介状をもらうことで、専門医にかかることができます。
それなりにちゃんとしてるみたいです。当然ですが、私はもらったことがない。
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/10/29(Sat)

銀行なんて信用しない!

かなり前の話になりますが、
イギリスの銀行って本当にアテにならないな~と思ったことがありました。

その日の私は、スーパーで食料品を購入するためATMに寄りました。
過去、貯金以上のお金を引き出したことが原因で、
衝撃の100ポンド以上の罰金をくらったことがあります。
なので、お金を下ろす際は残高を確認しています。

こちらは他銀行だろうが、深夜だろうが、休日だろうが、
英国内であれば、いつどこで引き出しても手数料はゼロ。うれしい。
財布にお金があると、うっかり使ってしまうので、
手数料ゼロをいいことに20ポンド、30ポンドなどの小額を下ろすことにしています。

で、その日。
残高を確認すると「0」の表示。「0」・・・何とも無情な響きです。
使った覚えがあるのなら納得できるものの、
常にインターネットバンキングで入出金を確認しているため、
「0」であるはずがない。そもそも、「0」きっちりに使うなんて無理。

身に覚えがないとすれば、これは・・ 不正使用か!?

そう思ったら、怒りで体中の血液が沸騰し、カッと熱くなりました。
すぐさま家に帰り、カスタマーサポートへ連絡。
なまりの強すぎるインド人の英語に四苦八苦しながらも、
こちらの怒りをぶつけると、へらへらとした口調で
「君が使ったんでしょ?忘れてるだけじゃない?
明日の朝、近くの支店に行って確認してみてよ」とのこと。くそ!
その日の夜は怒りと「もしかしたら、彼の言うように知らない間に使ってたかも(←弱い)」
という不安が入り交ざり、なかなか寝付けませんでした。

さて、翌朝。
雨がしとしと降る中、自宅から徒歩10分の銀行に直行。
「私が一番ね。だってオープンの10分前だもの」と思っていたら、
並ぶの大好きイギリス人が傘も差さずに待機しておりました。2人もね。
10分前行動の典型的日本人の私よりも先を行く人がいるなんて!ビックリだわ。

営業開始時間から5分遅れて、銀行はオープン。
「かなり前から並んでいたと思われるイギリス人2人は、
きっと何らかの問題を抱えているんだろなあ~、長時間待つのはイヤだなあ~」
なんて思っていたら、ほんの3分程度で終了。もっとのんびり来ればいいのに・・・

さて、私の番です。頭の中で何度もロープレしていた言葉、
「私の銀行口座からお金が不正使用されていました。
お金をカエシテクダサイ」を棒読みになりながら伝えてみました。
目をパチクリさせてるインド系のお兄さん。
「え? 君が使ったんじゃなくて? 本当に不正使用だったの?」
昨日のカスタマーサポートのようなせりふを言ってくれる。
ここでちょいとキレた私。

「こんな大金、もしも使ってたら覚えてるに決まってるでしょう!
私は普段から金がないんだ! 第三者が使ったに違いない!」
鼻息荒く猛抗議。ロープレなんてしなくても、怒りのパワーがあれば、
不思議と英語はスラスラ出てくるもんですね。

困った表情のお兄さんは、「引き落とした相手のアカウントが
今日か明日にはネットバンキングに表示されるはずだから、
それに覚えがなければ、また来てね。不正使用だったら、必ず全額返金するから」
と、やさしくアドバイス。なんとなく大人げなかったかなと反省し、
「本当に返金してくれるんだよね」と、しつこく確認した後、退散しました。

その日の夜、ネットバンキングを開き、何度も何度も更新をしていると、
不正使用のような履歴が、いつの間にか無かったことになっていました。
たとえば、不正使用が100ポンドだとしたら、
更新をするうちに、その100ポンドが口座に復活していたのです。
なくなったはずの金額が戻ってきたこと、
支店に行く手間が省けたことは純粋にうれしいけど・・・

不正使用をした人を突き止めなくていいの?
申告する前に銀行側はお金を返金したってこと?担当者判断でいいの?
なんていう疑問が残ったまま。私はいいけど、銀行がこんなんでいいのー?


・・・この話を同僚にしたところ、
同僚もカードから不正使用されたことがあるようです。
その際も銀行に行き、不正使用の旨を伝えると、すんなり返金されたとのことです。
何でもイギリスではカードの不正使用が多いらしく、
銀行側では預金者からの申し出があれば、特別な申請なしに返金するようです。
被害に遭った側としてはありがたいけど、それ以前に不正使用対策を
国を挙げて行えばいいんじゃないの?と思ってしまいます。

うーん・・・
いまだに不信感を持っているけど、空き巣が多いだけに、
たんす貯金をする気にはなれない! 銀行も信用ならん!
一体、どーすりゃいいのやら~
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/06/12(Sun)

世界と日本の時差ってどのくらい?

こんばんは。

何カ月ぶりか分からないほど久々に、週末すべてを自室で過ごしました。
今後しばらく出ずっぱりになることを考えると、
天気が悪いことをこれ幸いとして、食糧を買い込みダラダラ。
極めて非生産的ですが、休日って本来そのためにあるものだし!と言い聞かせております。


3月末のサマータイム以降、イギリスは基本どんより、
でも、晴れの日はもう、途方もなく快適な空を見せる。
以前、「ツンデレ」なんて言葉がはやりましたが(いまも?)、
イギリスの天気は、まさに「ツンデレ」。駆け引き、うまいんです。イギリスの空。

イギリス以外のヨーロッパ、特にイタリア、スペイン、ポルトガルなど
南欧に位置する国は、6月中旬~9月上旬くらいが旅行シーズン。
航空券、ホテルもビックリするくらいたかーい!
でも、ピカピカの太陽や街中を満たす活気は、
旅をするには十分すぎる理由なんです。何よりも、ビールがうまい!

そんなわけで旅の計画に余念のない私ですが、
これが仮にヨーロッパ以外の場所、つまり、アメリカ大陸やアジアに
旅行するとなれば、まず考えてしまうのは時差。
時差ボケはあまり経験がないものの、かかってしまうと相当つらい。

そこで、世界の時差が分かるサイト「The World Clock」で、
渡航先や興味のある国の時間をチェックしています。

イギリスロンドン貧乏生活「ワールドクロック」

各国の都市の時間以外に、それぞれの都市名をクリックすれば、
気温、天気予報などの情報も確認することができます。
サマータイム制度を導入している国であれば、その開始、終了日も分かってしまう!
ちなみに、ロンドンは明日をも知れぬ天気なので、
気温と現時点での天気を確認する程度が良いかもしれませんねー

今月末にマドリッドに行くのですが、このサイトによると、
すでに34度なんていう数字が登場しているのですが・・・
昨年のポルトガルで灼熱地獄を経験しているため、若干びびってま~す・・・

時差のある国に旅行に行く場合は、是非参考にしてみてくださいね~

★★ 最近のイギリスとわたくし

冬の間は日照時間が短く、太陽の光をあまり見ることができないため、
サマータイム以降は、ちょっと天気が良ければ積極的に外出し、
光合成に勤しんでおります。それはイギリス人たちも同様のようで、
公園などに行くと、でろ~んと寝ている人たちの姿を多く見かけます。
(同僚曰く「トドのように寝そべってるイギリス人」。・・・その通り!)

一応、暦の上では「夏」でも、我が家はヒーターがついています。
まあ、無理もないかな? 夜ともなれば10度近いですからね。
とは言え、「夏なんだからコートなんて着ない!」と
変な意地を張って、うすいカーディガンのみでがんばっております。

イギリスのサマータイムは10月30日まで。
それまで太陽の光を体内にたくさん取りこまなくては!
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2011/01/15(Sat)

大切な大切なビザ

こんにちは!
オーストリアのザルツブルグにいます!

・・・本来なら、こんなコメントから始まる予定だったのですが、
残念ながら、ロンドンの自宅にいます(泣)。

ビザがなくても、緊急パスポートに押された
「3か月以内にパスポート、ビザを再申請せよ」印があれば、
問題なく再入国ができると思っていましたが、
英国の入出国を管理する機関に問い合わせをしてみたところ、

たぶん大丈夫だと思うけど、100%とは言えない

イギリスではよくある、曖昧な回答をいただいたため、
気の小さい私は、あっさりオーストリア行きを延期してしまいました。
オーストリアへの往復航空券35ポンドのために、
強制帰国のリスクを負うっていうのもね・・・
(家族や友人に不幸が起きた場合は、リスクを顧みず英国を出ますけどね)




移民の私には、もしかしたら命と同じくらい大切なビザ。
一度発行されたビザは、有効期間内であれば、新規申請の必要はありません。
英国内にデータが残っているため、再申請手続きをすれば発行されるのです。

が。
これが問題。

書類に必要事項を書き込み、パスポート、手数料と共に、
ホームオフィスと呼ばれる機関に郵送すれば、
「約4~8週間後には発行」されるとのことですが、
過去3回も郵便物を紛失されたことがある私としては、イマイチ信用できない。

もちろん、ホームオフィスで申請することもできます。
その場合は、即日ビザが発行されるのですが、手数料は、驚異の600ポンド! 
日本に帰国できるし、3回くらい貧乏旅行ができちゃうよ。
ちなみに郵送の場合は、200ポンドです。ぼったくりだ・・・(泣)

そして、一番の問題は、
わたし自身、3月上旬に海外旅行に行くということ。
サイトに記載されている通り、「4~8週間後」に発行されれば良いのですが、
もしも、何らかの事情で遅れてしまった場合、国外に出ることができません。



アイスランドで発見された旧パスポートには、ビザが添付されています。
紛失後、発見に至ったパスポートは、本来なら大使館側で処理されます。
わたしの場合、大切なビザが(1)パスポート内に貼り付けられていて、
(2)有効期間内 だったため、特別に返却許可をいただきました。
(ちなみに英国内でビザを申請した場合、カードとして発行されます)

ただ、パスポートもビザも最重要書類。
アイスランドからイギリスに送る際、紛失したり、
第三者の手にわたり、悪用された場合、取り返しのつかないことになってしまいます。
前述したとおり、わたしは過去、3回も郵便物を紛失されているので・・・・



大切なビザをお迎えにあがるため、
来週22日から2泊3日でアイスランドに行ってきます!



まさか、3週間もたたぬうちにアイスランドに戻ることになるとは・・・
今後の旅行の予定を考え、24日(月)は朝7時のフライト。
実質、1日半の滞在でしかないのですが・・・・

アイスランドに行けるのは嬉しい♪

デス。たとえ、どんな理由であってもね。
そうそう、ビザ再申請の手数料とアイスランドへの渡航費&滞在費は、ほぼ同額。
だったら行くでしょ、アイスランド!
Home | Category : 生活のヒント |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。