• プロフィール

     

    Author: 
    半年だけの滞在のつもりが、4年間もロンドンに住んでいました。ロンドンでの生活、ヨーロッパ旅行を中心にお届けします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/11/26(Thu)

一時帰国します!

急きょ一時帰国が決まったため、
かーなーり慌ただしい日々を送っております。

11月29日に成田に到着します。
日本のみんな、会おうね!!!!
年末年始を日本で過ごせるなんて、夢みたい!!!

取り急ぎ、ご報告でした。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/11(Mon)

【一時帰国】悟ったこと、キレたこと

【6か月は短いようで、長い!】
たった6か月で人間、変わるもんかしらと思っていたけど、
それなりの変化はあったようです。いい意味でも、悪い意味でも。

●先々の予定まで決めたくない
以前はスケジュール帳に白い部分があると(予定がない)、もう、発狂寸前でした。
貧乏ヒマなしっていうか、若干生き急いでいたんだろうなと。

●プライベートが一番大切
以前は仕事が一番大切だったように思います。
何かあると「自分のキャリアは」なーんて考えてたっけなあ。
それはそれで大切なことなんだろうけど、それ以上に大切なことってありますよねー。
残業はもうできません。休日中に仕事のことを考えるなんてとんでもないです。
本帰国になったら、ちゃんと働けるかなあ。
生活する分だけのお給料で十分だからさあ、のんびり働きたいなあ。

●人に素直に頼りますよ
8時~15時という短い日照時間、日照と言っても太陽の存在が薄い冬は、
生まれて初めて「鬱」のような症状になりました。
日本にいたときは何となく強がってたけど、あの冬を経験しちゃったら、
素直になったほうがいいと今更ながら思いましたとさ。

●節約だいすき
昔は節約なんて考えたこともなかったんだけどね。変るもんです。

・・・などなど。
悪いところでは、相当適当になってしまったってことかな。

【若干こりごりです】
ミクシーに書きましたが、実はロンドンに戻るのが一日遅れています。

ご存知かと思いますが、GW明け5月7日。
横須賀線、京浜東北線、東海道線など神奈川から都内に向かう
交通機関すべてがマヒしていましたよね。35万7000人の足に影響が出ましたよね。
まさに私はその中の一人でございます。

横須賀線の線路を使用している成田エキスプレスは、知らぬ間に運休になっていました。
駅員に聞いてみても「分かりかねます」。マジ困るっつーの。
まあ、私は超格安チケットなので、あきらめもつきますが、
そばにいたツアー客らしき人たちは泣いてましたよ。飛行機に間に合わないからね・・。
これって補償されないもんなのかなあ。

ちなみにラッシュの時間帯だったため、仕事に遅れるからなのか
ものすごい勢いでキレまくってるおじさんたちが怖かったです。
挙句の果てに駅員さんに殴りかかってたしねえ。大丈夫かしら、日本。

【人生至上最高の揺れ】
急いでHISに駆け込み、何とか翌日のBAを確保しました。
妹は日系よりもBAを絶賛していたので、期待大なわけですよ。

ただね・・・。
ロンドンまでのフライトは、ありえないくらい揺れました。
ジェットコースターのような感覚が何度も続いちゃうのには参りました。
飛行機は苦手だけど、強烈な揺れはなぜか楽しく思えるんだけど、
それが何時間も続くとなると、さすがにうんざり。
おまけに周囲の人たちがそろいもそろってゲロゲロゲ~ですよ。
ニオイにやられて、こっちまで吐きそうでした。
家に帰っても、体全体がなおも揺れているような感じ。
正直、もう二度と経験したくないなあー。本当にひどかったんだから!

【お国が違えば】
話題の豚インフル。

成田では入国時に徹底して検疫していますよね。
ヒースローは何もありません。空港職員でマスクをしている人は誰もいません。
もちろん町中でもマスクをしている人なんていません。
これじゃあ、感染者が増えるわけですよねー。
毒性が弱いっていうから、それほど心配してないけどさ。

日本はちょーっと神経質すぎるんじゃないでしょうか。
イギリスは無神経すぎるから、日本とイギリスの中間くらいがちょうど好さそうですね。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/11(Mon)

【一時帰国】あっという間の10日間

【ヒースローまでの道のり】
4月末から5月8日にかけて一時帰国しておりました。

自宅からヒースローまで3時間かけて、ローカルバスで行ってみました。
私の定期はバス専用なので、ロンドン市内であれば全てタダ。
ただ、この日のロンドンは超暑かった!
やたらとでかいスーツケースとバックパックが容赦なく体力を奪うわけ。
でも、ロンドンの人たちは親切なのよ~。
バスに乗るときなどに必ず助けてくれるのですよ。素敵。

ヒースローは一日の離着陸がめちゃくちゃ多い空港のようで、
そのため、空港周囲は地価がだいぶ安いようです。
ご存じのとおり、イギリス(ロンドン?)は日本以上の格差社会なんで、
地価が安い所には低所得者がお住まいになっています。
差別するわけじゃないんだけど、治安で言うと、あんまりよろしくないかな・・。
道中、クソガキどものやかましさと明らかに不審な人たちに、
ちょっと神経を使ってしまった。へとへと。

【あこがれの日系!】
何となく高いイメージがあって敬遠していた日系(ANA)に乗っちゃいましたよ。

CAさんはとっても丁寧で、いつも笑顔。
チェックインの時点で日本語が通じることにビックリ。
でもなあ、日系ならではのきめ細やかさが何だかうっとおしい・・・。
これだったら10月に乗ったキャセイのほうが良いかなあ。機内食おいしかったし。
あ、でも、映画プログラムは良かった!!
「スラムドックミリオネア」はおススメですよ。笑えて、泣ける。
そして「容疑者Xの献身」。人目はばからず号泣しちゃったよ。

【こんなところに行きました】
近場ですが・・・

ロンドン貧乏留学「江ノ島」

茅ヶ崎海岸から自宅まで歩いて帰りました。2時間ちょっと。近いね。
遠くに見えるのは、もちろん江ノ島ですねー。

ロンドン貧乏留学「箱根」

箱根でーす。いい天気だったなあ。芦ノ湖が見えますね。

ロンドン貧乏留学「大涌谷」

定番ですが、大涌谷にも行きましたよ。
もちろん黒い卵も食べたー。7年寿命のばしてみました。(昔は3年だった気がするのだけど)

ロンドン貧乏留学「大涌谷2」

こうして見てみると、何だか怖いよね。
イギリス人の友達はびびってました。11月に連れていこうっと。フフフ。

あとは鎌倉と中華街かな?都会にも行ったけど、やっぱり苦手だなあ~。
人がなんであんなにいっぱいいるんだろうか。
神奈川県、とりわけ藤沢はやっぱり最高ですわい。

【食ってばかりでした】
日本到着時は手指が痛いくらい体中がむくんでいたけど、
後半はどうやら体重増加によりむくんでいたようです。しょぼんぬ。

ロンドン貧乏留学「かま家」

これは箱根・仙石原にある有名店「かま家」の前菜でーす。
煮物、漬物ともに素材の味を生かしています。上品な味。これぞ日本!

ロンドン貧乏留学「かま家2」

「かま家」は名前のとおり、釜めし屋さんです。
おばあちゃんがタイマーをセットしてくれるんだけど、
その表示時間を見てびっくり。40分!!ハラヘリで死ぬっつーの。
出来上がった途端、あっという間にがっついちゃったので食後に撮影。
本当においしいです。40分待つ覚悟があるのなら、ぜひ。

ロンドン貧乏留学「力餅」

これも食べかけ。鎌倉の力餅。
おもち部分がよもぎです。今だけなんだって(妹談)。
限定商品だから、午後になると売り切れなんだとか。上品な甘さ・・・。これぞ日本だね。

ロンドン貧乏留学「中華街」

中華街では妹おすすめのエッグタルトを食べてみました。
ロンドンで食べたエッグタルトとは違って、甘さ控え目。ウマい・・。
ごま団子はもっちもちだし、ココナッツタルトも最高。
(妹とシェアしているので、これすべてを食べたわけではない!)

ロンドン貧乏留学「ラーメン」

ロンドンのラーメンはまずくて食えたもんじゃないようです。
なので、はりきって食べてきました。とんこつ+ライス付き。
もちろん完食!ヨユーでーす。

イギリスの食べ物はまずくないけど、
トータルで見てみると、やっぱり日本食ですな。ヘルシーだし。
こっちじゃ高くつく切干大根、ひじきなどはダイソーで購入しました。フフフ
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/04/24(Fri)

【一時帰国】2週間程度の藤沢生活

今日の19時ころにヒースローを出発しまーす。

日本は約7か月ぶり?かな?
久々だけど、久々な感じがしないのは、ネットがあるからだね。
シラスが食べたい、たべたい。


せっかくだからロンドンくらい天気が良いといいのだけど。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/10/05(Sun)

【出発】キャセイパシフィックに乗って

【ゆるゆるキャセイ】
お金があったらブリティッシュなどの直行便で行きたかったんです。
でもね、貧乏人なので今回はキャセイを使用しました。
香港まで約4時間、香港からロンドンまで約14時間、計18時間。
ヘルニアもどきのさとうさんとしては辛いフライトであることは必至なわけで。


さて、「のんびりいこう」で荷物の重量やサイズオーバーに悩んでいると書きましたが、
結局面倒になり「ダメって言われたらダダこねるか、泣き落としするぜ」と開き直ってみました。
チェックインの際、ちょっとドキドキしましたが、なんてことない。
20キロ制限のところ24キロでしたがスルー。
手荷物は明らかにサイズ&重量&数量共にオーバーしていましたが、チェックすらされない。
ゆるい! ゆるすぎる!!!! これならもっとオーバーしときゃ良かった!

【人気の理由】
キャセイはアジア系の航空会社の中でもとりわけ人気だそうです。
私なりに考えてみた結果が以下↓

・ウェブで事前チェックイン&座席指定ができる
・エコノミーでもスペースが広い(日系よりもはるかに)
・ラップトップ用電源が一人にひとつずつついている
・前の座席にテレビがついてる
・映画は最新のものから定番ものまで何十もある
・音楽がクラシックから日本のもの、アメリカなど様々に聴ける
・機内食がわりとおいしい
・着陸10分前でもトイレに行ける
・CAが日系よりもはるかに美しい、美しすぎる!! そして肌が透き通るように白い

日本の音楽についてはマニアックなものはありません。
が、高校時代を思い出させるミスチルのベストが入っていたので聞きまくってしまった…
だって「君がいた夏」、「星になれたら」、「抱きしめたい」だよ!
飛行機からダイブして日本に戻りたくなっちゃうよ。
そういえば、最新の曲は宇多田ヒカルくらいしかないのに、
なぜかジェロのアルバム?がありました。選定者の意図が分からない。

【14時間睡眠】
香港からロンドンまでは約14時間という恐るべき長さなのですが、
その大半は眠っていたように思う。

機内食を食べて、ミスチル聞いて、勉強しようかなと思うと寝てる。その繰り返し。
ここで英単語の一つでも覚えれば良かったんでしょうけど、
隣に座っているアラブ系の人が日本人女性が珍しいのか、
ものすごい至近距離で見てくるので眠るしかなかったんです。
一回、なんとなく熱視線を感じて目をあけると、
すぐ目の前にその人の顔があったので叫び声をあげそうになりました。
もしかしたら一回くらいキスされたのかもしれませんよ?

ってことで、眠りまくったため、ロンドンに到着しても
まったく時差ボケしていません。
アラブ系の彼よ、ありがとう。
でも、心臓に悪いので、もう隣にはなりたくない。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
2008/09/28(Sun)

【思想】つめがあまいこと

【取り返しがつかなくなるかもよ?】
私のことをよく知らない人によると、私は「しっかりしているっぽい」らしい。
おほめ頂き、ありがとうございます。光栄です。
が、それを母、そしてわが妹に言うと、彼女たちは腹を抱えて笑い出す。
「どこをどー見てそんな風に思うんだろうか!」ということらしい、ですよ?
(父はサッカーと酒にしか興味がないので話題に加わらない)

そういえば、中学生のころに入っていた部活の顧問から
「ゆきちゃんはしっかりしているように見えて、抜けてるよね。
勢いで乗り切っちゃうから細かいところまで見えないんだろうね。
それはそれでいいけど、痛い目を見ることもあるかもよ」
と忠告されたことがある。
そのときはよく分からなかったが、今になって考えてみれば、
なるほど彼女の言うことはとっても的をついている。

【たとえばこんなこと】
顧問の忠告を守らなかったために起きた痛いこと。

・中学生のころにバイトにありつけたが(本当はダメですよね、たぶん)、
うっかり本当の生まれ年(昭和51年)を言ってしまい、あっさりクビに。

・高校合格記念に病院でピアスをあけたが
医師の忠告を守らずファーストピアスを2日間で外し、大化膿。

・夢と希望を持って進学した専門学校が無認可だった。

・バイト先が共感しにくい新興宗教だった(時給はものすごく良い)。


寒すぎてここに書けないこともいっぱいありますが、
「もうちょっと調べれば」「もうちょっと考えてみれば」防げたことばかりなんですよ~。
人生を豊かに面白くするためにはネタありきだと思ってるから、
いいんですけどー。でもねー、自分のふがいなさに反省することもありますよ。たまに。

【出発前に】
本日(30日)夕方に日本にサヨナラするのですが、
ここに来てつめの甘さがもろもろ出てきました。

・ダイヤル式南京錠の番号を忘れた
→ロンドンでおしゃれぶって歩こうと思ったカバンに南京錠をかけちゃいました。
使い物にならなくなりました。ううう…… 今回唯一のオシャレ物だったのに!

・手荷物のリュックが明らかに大きい
→タテ幅が規定サイズよりだいぶオーバーしています。
しれっと持って行きますがダメだったらどうしようかなあ~

・預け荷物の重量が明らかにオーバーすぎる
→規定の20キロでおさえたつもりが、今日計測してみたら30キロでした。
あれ~???? おかしいなー

・携帯の説明書を捨てた
→使い方、分かりません


……ああ、先生、すみません。
あなたが懸念していたとおり、さとうさんはつめの甘い人生を送っております。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/28(Sun)

【思想】偉人の条件

【偉人たる所以】
「元気があれば何でもできる」
これはここ数年、私を支えてくれている言葉である。

ひどく当たり前のことのように思えるが、
実はこの言葉は人生のすべて、いや、人類がこの世に生れてから今に至るまで、
いわば人類の歴史を表していると言っても過言ではない。
実に深い深い言葉なのである。

金、学歴、会社名、血筋なんて関係ないのだ。
元気=健康さえあれば夢をかなえることができる、
素敵な男性といっぱい恋ができる、血を吐くまで仕事にのめりこむことができる。
おお!!! 健康とはなんと素晴らしい!

そして、このように後世にまで語り継がれるであろう明言を
言えることこそが偉人の条件ではないか、そう思っている。

【さとうさんは偉人になれるか!?】
彼の名言にはとても及ばないが、ひとつだけ伝えたいことがある。

「挫折こそおいしいネタである」

つらいことや不安なこと、そして立ち直れないくらいの挫折って
喜びよりもいっぱいあって当然。
うっかりしてるとあっという間にネガティブゾーンに取り込まれちゃう。
だったら、それすらも笑いに変えて楽しく過ごせたらいーじゃないってこと。
どう? 偉人になれそうじゃない?


人生を豊かに面白くするのは、このネタありき。
向こうでも死なない程度にネタを作らねば!!!
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/26(Fri)

【日常】チャリ族の日常

【時代はエコです】
ガス代が高騰している現在、「ドライブが趣味」なんて言葉は
もはや金持ちの代名詞になってしまいそうですね。

さとうさんはご存じのとおり、ド貧乏人なので、
アクセルやブレーキは自らの足で賄えてしまうチャリ愛好家です。
都内は地下鉄や鉄道が充実しているから、チャリがなくても大丈夫なんでしょうけど、
我々湘南在住者にとってチャリは必須アイテムの一つであります。
要するに交通機関がそれほど充実してないってことなんですけど。

まあ、エコはやりだし、ダイエットにチャリはいいっていうから、ね?

【どこでも行きます、行けます】
出身高校は小高い丘の上にあったので、
足の筋肉やチャリ技術はずいぶん強化されたように思います。
例えば、どんなに風や雨が強い日でも傘をさしながら、
片手運転で坂を登れてしまったり、車道を縦横無尽に激走する。
今思えば、よくもまあ死ななかったなあというような危険運転でした。
ただ、そのおかげで今でもチャリ技術は衰えておりません。

留学にあたり少しでも安いものを購入したいので、
スーパーのチラシを片っ端からチェックして、
良いものがあればオープンに間に合うよう
藤沢市内はもちろん隣の茅ヶ崎や平塚、戸塚までも走ります。
そして何人たりとも私の前を走ることは許しません。
ママチャリですが、その速さは光を超えます。

【そのとき、空は青かった】
先ほど「今でもチャリ技術は衰えておりません」と書きましたが、スミマセン、嘘です。
足が速かった父親が子どもの運動会で昔と同じような走りをしたつもりでも、
体がまったく追いついていかない、それと同じ状態です。

そんで、いつものごとく激走している最中に周囲が驚くほどの転倒をしました。今日。
1回転2ひねりくらいはあったと思います。
宙を舞ったときに見上げた空は青かったように記憶しています。
永いようで一瞬の浮遊をした後、道路にたたきつけられる(ひとで型)。
かれこれチャリによる空中遊泳は過去3回(1回はつい最近)ほど経験しているので、
どれほどの苦しみかは認識しているつもりでしたが、やっぱり痛い。
もうね、さなぎの背の部分から蝶が出てくるかのように、
さとうさんの背中からは何かが突き破って出てきそうなんです(分かる?)。

……ただ、背中の痛みよりも、心の痛みの方がすさまじい。
あまりの痛さに道路に横たわっていると、手のあたりに生あたたか~い感触が。
ペットブーム、結構です。お犬さま、大好きです。
でもね、便はしっかり持ち帰りましょうよ、飼い主の皆さん。
手だから良かったけど、女の命の髪だったら泣き寝入りよ? あーあ……

※ロンドンでもチャリを購入し(安ければ)、爆走します! 
向こうは歩道を絶対通ることができないようなので、私の敵は車ってわけだ。
なかなか厳しい戦いを強いられそうです。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/20(Sat)

【日常】勝負のときは訪れるか!?

【それはゲリラ豪雨のように】
私には狂った友人が何人かいる。
彼らの口から発せられる言葉は呪詛であり、
彼らの行動はそれを実現させるための舞いであると錯覚してしまう。
一般的に見れば、あまりお近づきになりたくない部類の人種かもしれないが、
私としてはそんな理解不可能な彼らこそ、とても人間らしく思えて仕方ないのだ。

そのうちの一人が先日、突然現れた。
5年ぶりの再会だというのに最悪な始まりだった。
久々にとても良いことがあったためスキップして帰宅する途中に、
後ろからガバッと抱きつき、叫び声をあげられないよう口をふさいできたのだから。

恐怖で硬直していると「だーれだ~」と能天気すぎる声。
……顔を見るまでもなく相手が誰だか分かる。
変質者じゃなかったことに安堵するも、怒りはふつふつと沸いてくる。
この指を噛み切ってやろうかという思いが通じたのか、
彼は私を拘束していた腕をほどき、「ごめんごめん」と
さっぱり反省する様子もない軽い口調で一応の謝罪をする。

190センチはある長身の体に、夜でも明るく輝くゴールドの髪、
あちこちほつれが見られるジーパンに、よく分からない言語が書かれた長そでTシャツ。
5年前とちっとも変らないようだが、よくよく見ると、
肌を意図的に変色させている箇所が5年前よりも増えていた。
むかーし、背中に入れたとき「痛いよ~」って泣き入れてきたくせに。よくやるよ、本当。

【思いがけないプレゼント】
「突然現れて何か用?」
自分よりも頭一つ分ほど高い男性は好きだが、
見上げるほど長身の男性は好きではない。
だから余計に責めたような、きつい口調になってしまう。

「ロンドン行くんだって~? よく決心ちまちたね~」
年齢がひとまわりほど違うとは言え、彼はいまだに私をお子様扱いだ。
最も、世界各国を巡り、英語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語など
あらゆる言語を操れる彼からしたら、私なんて赤ちゃんみたいなものなのだろう。
それにしても先日32歳になった私としては悲しいばかりだ。

「はい、これ。何かの役に立つと思うよ」
さんざんおちょくった後、彼はどこに持っていたのか紙袋を私に手渡した。
一瞬不吉な予感がしたが、贈り物は素直にうれしい。
たとえチロルチョコひとつであっても、購入のときは一瞬でも私のことを考えてくれている。
相手が誰であっても、誰からの心に少しでも自分の存在があるのは嬉しいことだ。
驚きながら、その紙袋を開けようとすると
「恥ずかしいよ~。家に帰ったら見てよ~~」と制止する。
イヤがることはしたくないから、おとなしく従う。

「7月くらいにロンドン行くから。じゃあ、またね~」
鞄に紙袋を入れるのを見届けた後、彼はそう言うと
そばに停車してあったバイクに乗ると、アホのような大きな音を立てて消えてしまった。

【妹は嘲笑い、母は喜ぶ】
家に戻り、母親、妹が見守る中、彼からもらった紙袋を開けてみると……
中から出てきたのは、すさまじい色の下着の数々。
おまけにこれはどのように使用するのだろうかと頭を悩ませてしまうような
不思議な形状のモノがほとんど。

彼なりのたちの悪いジョークなのかもしれないが、
妹にそれが通じることもなく「あんたの友人、狂ってるね」と
私を軽蔑するようなまなざしで見つめ、母に至っては
「うわ~、面白いね~、いいな~」と喜ぶ始末。

一瞬でも彼に感謝した私がバカだった。
お嫁ちゃんに送りつけてやろうとも思ったが、
純真無垢なお嫁ちゃんには刺激が強すぎる。
どうすることもできず、今はとりあえずスーツケースの中に眠っている。
ほしい方がいらっしゃったら、おっしゃってください。
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/09/19(Fri)

【思い出】巨漢だったあのころ

【2カ月で約50キロ増の悲劇】
今でこそ人並み体重のさとうさんですが、
19歳のころはそれこそ90キロ後半にまで増量したことがあります。

高校卒業後、無認可の専門学校に行ってしまい、人生のどん底を味わった後、
急遽、大学進学を志すことにしました。やりたいことを見つけるために、ですね。
ただ、専門学校を中退しているため、受験に関する費用の一切(予備校や参考書)を
両親に頼ることもできず、かといって貯金もなかったので、とにかく自宅で必死にお勉強の毎日。
勉強なんて高校2年以来やったことがないから、ストレスはたまる一方。
それを発散するには「食」しかなかったんです。

朝昼晩それぞれ、どんぶりいっぱいのごはんを3杯。
間食としてプリングルスのロングサイズ1缶+甘いもの、
夜食としてまたまたどんぶりいっぱいのごはん2杯。
勉強しかしていないから、みるみるうちに約50キロも増加してしまいました。
都合のいいことに体重計が壊れてしまっていたので、
「ちょっとぽっちゃりしてるかな」程度で太ってるなんて認識はなかったんです。

【巨漢な自分を認識した日】
気付いてしまったのは、本命の大学の受験日。
やっぱりね、さとうさんも女の子でしたから(今でもだけど)。
ひきこもって勉強してたから、父親以外の男性と出会うのは約6ヵ月ぶりなんで、
受験よりも、そのことに緊張しちゃって。
物置の奥底にしまっていたスカートを引っ張りだしちゃうほど女の子してました。

そして受験当日。
なんとなくスカートがきついなあと思いながらも、
「素敵な男の子がいたらいいなあ」とか「ナンパされたらどうしよう」などと、
ありもしない妄想にドキドキしながら受験会場に到着。
女子比率の高さにガッカリしつつ、指定された座席を探していると、
なんと私の隣はちょっとカッコいい男の子じゃないですか!
すっかり舞い上がりながら、よっこいしょと座席に座った途端。

ブチッ!!

何やら腰回りに不吉な予感がした後、きついなあと思っていたスカートがゆるくなっていく。
……聡明な皆さんは、もうお分かりでしょう。
でっぷり脂肪がついた腰回りの重圧に耐えきれなくなった
スカートのホックは自由を求めて、宙に飛びだってしまったのです。
悪いことに、そのホックは隣の男の子の膝元に着地する始末。

飼い犬が通りがかりの男性にじゃれてしまったことがきっかけで
友人はその人とお付き合いをし、結婚してしまいましたが、
ホックが原因で恋なんて芽生えるはずもなく。
怪訝そうに私とホックを交互に見つめる男の子を
ひたすらシカトすることしかできませんでした。
そして、「私は太ってしまったんだ」と、このとき初めて認識したのです。

ちなみにスカートはホックなしでも、脂肪にぶら下がることで、
その位置をキープし続けていました。
下着を周囲にさらすこともなかったので、これはこれで良かったのさ。脂肪バンザイ!

【いいこともあるんです】
実は巨漢時代が人生で最大にモテてました。
一目惚れで告白されたことが3回もありますから。すごいでしょ?
Home | Category : 日本一時帰国 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。